製菓学校の選び方や適性、将来性をご紹介

パティシエになるにはどうしたらいい?必要な資格や取得方法、試験について。

◆パティシエになるには

ケーキ屋さんやお菓子屋さんと言えば、女の子であれば子どもの頃に高確率で憧れる職業だよね。
そんなパティシエになるための方法は大きく分けで2種類ある。
学校に行くか、行かないか。

なんだその2択はと言われてしまいそうだけれど実際その通りだし、他のいい方をするなら学校に行くか、就職を目指すかに変わるだけだよ。
製菓専門学校に行けばお金はかかるし1~2年という拘束期間もある。でもお菓子作りに関する知識と技術は確実に身に就くし、設備や食材もいいものをふんだんに使うことができる。とてもいい環境でお菓子作りを学ぶことができる。
一方就職はやっぱり実地訓練だけあって身に就くのは実践的技術だ。でもその分初めのうちは厳しいし、慣れてこないとお菓子作りをさせてくれない可能性もある。
どちらがいいかは人による話なのでそこまで強くは言えないけれど、後々のことを考えるならやっぱり専門学校に通っておくことをオススメするよ。

オススメな理由はいくつかあるけれど、大きな点では2つ。
1つは基礎からしっかりと身に就くところ。
就職のメリットとして確かに実践的なものが身に着く点はかなり大きいのだけれど、店舗によってその実践的な内容は異なる。ありていに言えば店によって癖があるものだよね。
その癖を基本として学んでしまうと、もしかしたら他へ行った時に通用しないかもしれない。
もちろんそれは専門学校で学んだところで起きてしまう可能性を孕んでいるんだけれど、可能性は低いと言える。
2つ目は就職先について。
未経験から雇ってもらえるところはそこまで自由に選べるほどなく、未経験で就職しようとするとかなり苦労するはず。
その点専門学校ならば就職先として提携しているところもあればしっかり学んだという実績も得られ、調理師の免許まで取れているので身分証明までゲットできてしまう。
毎日の授業を不真面目に過ごすならば何の意味もないけれど、積極的にお菓子作りを学ぼうという姿勢があれば必ずプラスに働くはずだよ。

◆どんな学校を選ぶべきか

パティシエは、専門的な知識やスキルを要するれっきとした専門技術職。
さまざまな商品作りに対応できる力を身につけるため、パティシエを目指す人の多くが専門学校に通って、菓子作りの基本から勉強しているんだ。
だからこそカリキュラムについては気を配る必要があるよね。
専門学校の中には実習に力を入れていたり、就職サポートを積極的に行う学校持ある。カリキュラムや校風は学校によって大きく異なるから、自分に合ったところを選ぶのが重要だよ。
また調理師は社会人でも取得が比較的簡単にできることから、働いている人向けの夜間コースを設置する学校もかなり多い。学費が高いことが多いから、日中はアルバイトで生活費を稼ぎながら学ぶ人もいるんだよ。
中には海外への留学プログラムを用意している専門学校もあって、自分の学びたいことや進みたい方向性を明確にしておけば選択肢はそれだけ広がりそうだよね。

◆店舗で修行を積む場合は

パティシエになるために必須となる資格はないため、必ずしも学校に通わなければパティシエになれないということはないよ。
専門店やレストランなどでは未経験者を採用している例も多く、パティシエになる技術を現場で覚えていくという方法も十分現実的な話。
この場合のメリットは、実践を通して、現場で必要な知識を早く身につけることができるという点だよね。
未経験者の場合はアルバイトや契約社員からのスタートがほとんどだけれど、長く勤めれば正社員登用の可能性もある。
ただし学校に通っていない分、上にも書いたように勤務先の店舗で学んだことが自らのパティシエとしてのベースとなってしまうのは一長一短なところだ。
店の特徴にもよりますが、体系的に技術や知識を身につけにくい面もあるので、仕事の時間以外に自分なりに学ぶ時間をつくれれば差異的かもしれないね。
先に学校に通うか、それともいきなり現場に入って修業をするか、どちらの道を選んでもパティシエになることは可能だけれど、どちらにも言えることはパティシエは実力主義の世界で表向き程華やかではない、と言う点かもしれない。

◆資格にはどんなものがあるの?

パティシエとして働くために取得しなければいけない資格は一切ない。とはいえ、関連資格はいくつかあるから紹介するよ。
有名なところでは「製菓衛生師」と「菓子製造技能士」。
これらは国家資格で、取得には養成施設で1年以上学んでから試験に合格するか、実務経験を2年積んでから試験に合格するかする必要がある。
それぞれそこまでの難易度ではないけれど、立派な国家試験なのでその対策も学校で相談して一緒に受けられると最適だよね。

上へ