【2021年最新 学習院大学の奨学金について知りたい】説明会日程、問い合わせ窓口について紹介!

学習院大学

学習院大学は、緑豊かなキャンパスや少人数制の教育スタイルなどを特徴とした私立大学です。
ワンキャンパスで実施される授業では生徒と教授の距離が自然と近くなり、個々の生徒が納得のいくまで学習に打ち込むことができます。

そんな魅力を持つ学習院大学ですが、私立大学であるため国立大学よりも学習にかかるコストは高いです。
そのため学習院大学に入学したいけれど、入学金や学費が高くて経済的に厳しいと感じられる方も多いのではないでしょうか。

そこでこちらでは、学習院大学の奨学金について解説します。
経済的に余裕がないときには、こちらを参考に奨学金の利用を検討してみてください。

学習院大学の奨学金について

学習院大学には、学生の支援を目的とした奨学金制度が充実しています。
経済的な困窮に悩んでいる場合には、奨学金を利用して安定した環境を整えることも考えられるでしょう。

学習院大学の奨学金は在学生向けのものはもちろん、受験生向けのものも用意されています。
入学の段階で経済的な問題が発生している場合でも、入学前予約型の奨学金を使うことで不安を取り除いて受験に臨むことができるのです。
そのほか、家計の状況が変わって突然サポートが必要になった場合にも、利用できる奨学金があります。
家計支持者が病気や失業で収入が減ったときなど、予期しない状況にも対応可能です。
当初は奨学金が必要なかった場合にも、サポートを受けられるのが魅力となっています。

学習院大学の学内奨学金

学習院大学は、学内にさまざまな奨学金制度を設けています。
受験生・在学生のためにあらゆる角度から支援を行なっているので、各種奨学金の特徴をチェックしてみるといいでしょう。
学習院大学の学内奨学金には、例えば下記のようなものがあります。

<学習院大学入学前予約型給付奨学金「目白の杜奨学金」>

「目白の杜奨学金」は、学習院大学の入学前に予約できる給付型の奨学金です。
学習院大学への入学を目指す学生で、経済的な支援を必要としている場合に受給資格を得ることができます。
給付金額は100万円となり、入学年度に限って給付が行われるのが特徴です。
全体の学習成績の状況が3.5以上であることのほか、家計の経済状況も選考基準になります。

<学習院桜友会ふるさと給付奨学金>

「学習院桜友会ふるさと給付奨学金」は、学習院大学の卒業生が運営する一般社団法人学習院桜友会の寄付によって成り立っている奨学金制度です。
指定されている地域の高等学校が対象となり、成績と人物ともに優秀な生徒の支援のために給付が行われます。
学習成績の状況4.0以上が条件で、給付金額は年間50万円×4年となります。
こちらの奨学金も、入学前から申請が行われます。

<学習院大学新入学生特別給付奨学金>

「学習院大学新入学生特別給付奨学金」は、学部新入生を対象にした給付型の奨学金です。
高校時の評定平均値が3.8以上の生徒が対象になり、家計困窮度が高い場合に給付されます。
給付金額は入学金相当額の20万円となっています。

<学習院大学学費支援給付奨学金>

「 学習院大学学費支援給付奨学金」は、留学生を除いた学部生の中で最短就業年限での卒業が見込まれる人を対象にした奨学金です。
成績や人物として高い評価があり、それでいて家計の困窮度が高い人が選ばれます。
給付される金額は、在籍学部学科の第2期分授業料の相当額となっています。

<学習院大学教育ローン金利助成奨学金>

「学習院大学教育ローン金利助成奨学金」は、学費の納付のために教育ローンの金利を当該年度に支払っている人を対象にした奨学金です。
在籍料、授業料、施設設備費に相当する借入累計金額の金利分が支給され、上限は5万円となっています。
最短修業年限内において、毎年申請を行うことが可能です。

<学習院父母会奨学金>

在学中に学費をしっ払っていた父母保証人の死亡などによって、家計が大きく変化してしまった場合に申請できる奨学金です。
授業料と施設設備費の相当額が支給され、上限は100万円となっています。

<【指定寄付奨学金】学習院大学ゴールドマン・サックス・スカラーズ・ファンド>

最短修業年限で卒業する見込みがあり、かつ家計困窮度が高くて学業成績が良い学生を対象にした奨学金です。
50万円の給付を受けることができ、給付期間は1年間となっています。(再申請は可能)

<学習院大学奨学金>

「学習院大学奨学金」は、日本学生支援機構奨学金の申請が通らなかった学生に向けて支給される貸与型の奨学金です。
勉学の意欲があることはもちろん、卒業後にきちんと返還できるという責任を持てることが条件になります。
支給金額は、年額、学費第1期分、学費第2期分の3パターンから選択可能です。
参考:奨学金(大学学部・受験生向け) | 学習院大学
学習院大学独自の奨学金 | 学習院大学
奨学金(大学学部・受験生向け) | 学習院大学

学習院大学のそのほかの奨学金

学習院大学では、上記のほか日本学生支援機構奨学金や民間奨学財団・地方公共団体等の奨学金が提供されています。
教育ローンを利用することもできるので、幅広い選択肢から最適な方法を選べるのが魅力です。

学習院大学の学費免除制度

学習院大学に特別学費を免除する仕組みはありませんが、国の「高等教育の修学支援新制度」の対象校になっているので、入学金や授業料の減免を受けることは可能です。
同時に日本学生支援機構奨学金からの給付奨学金を受けることができるので、安定した経済状況を作ることもできます。
参考:高等教育の修学支援新制度:文部科学省

学習院大学の奨学金新規募集説明会の日程は?

学習院大学で奨学金の申請を行う際には、「奨学金新規募集説明会」に出席しなければなりません。
説明会で配布される「奨学金の手引き」を確認し、所定の期間内に申請を行う必要があります。
奨学金新規募集説明会は、毎年4月に開催されるので、事前にスケジュールを確認して出席できるようにしておきましょう。
参考:【4/8(木)開催】令和3年度 奨学金新規募集説明会 | 学習院大学
奨学金(大学学部・在学生向け) | 学習院大学

学習院大学の奨学金の窓口について

学習院大学の奨学金でわからないことがあったら、窓口に問い合わせを行いましょう。
奨学金に関する問い合わせは、学生課(中央教育研究棟1階)で受け付けています。
個人情報を取り扱う関係から電話での問い合わせはできないようになっているので、基本的には窓口に訪れるようにしましょう。
参考:学校法人 学習院 | 学習院の情報 | 学費・奨学金 | 学費について
奨学金Q&A ~これから奨学金を申し込む方~ | 学習院大学

まとめ

学習院大学に通う際には、奨学金の利用も検討されます。
学費を稼ぐことに追われて学業が疎かになれば、せっかくの学習環境を活かせなくなってしまうでしょう。
こちらで学習院大学の奨学金について調べ、利用できるものがないか確認してみてください。