中央動物専門学校の学費について

中央動物専門学校

中央動物専門学校の概要

中央動物専門学校は「Life with animals 動物と人間が支え合う社会で活躍しよう」というキャッチコピーを掲げています。
学校法人中央工学校の教育理念は「厳しい実務教育」、「人間涵養教育」、「楽しい学校生活」、「誇りの持てる学校」となっています。
中央動物専門学校の教育方針は「優しい心」、「倫理観」、「自己責任」という3つを掲げています。
また、職業実践専門課程全科認定校として文部科学大臣より認定文部科学大臣より認定より認定されており、校有動物はなんと約100頭、カットモデル犬2,000頭以上登録という圧倒的な数字を誇ります。

主に実習授業を行う実習棟には動物美容実習室や最新の動物医療機器を取り揃えた各種実習室を備えるなど、講義棟では学生が普段使用するロッカールームや談話室など充実した施設・最新の設備を備えています。

中央動物専門学校では、習得した技術力の証明として、在籍する科に関わらず、トリマーライセンス(初級)・動物看護師ライセンス(初級)をなどの各種資格を取得することができます。

また、認定動物看護師資格が動物看護関連科ならなんと最短の2年、動物共生関連科なら3年で受験可能となっています。

動物関連の幅広い資格取得ができるのも中央動物専門学校の大きな特徴です。

在学中から数多くの企業にインターンシップ体験ができ、実践的な能力を養成することができます。
また、マンツーマンの就職指導を行い、適性や本人の希望をはじめ、就職先の特色などをふまえ、就職指導の専門スタッフ、クラス担任や担当教員の3者が連携し、徹底的な就職指導を行います。

四季折々の表情をもつ美しい環境に恵まれた軽井沢に、研修・宿泊施設を完備しているのも大きな特徴で、「ペットと暮らせる学生寮」もあり、動物たちとの暮らしをより良くする工夫が施されています。

中央動物専門学校はことし創立107年を迎える中央工学校のグループ校でもあり、そうした伝統は就職にも非常に有利になります。

中央動物専門学校の学科・コース

中央動物専門学校の学科・コースにはまず多くの犬種に触れ、即戦力となるトリマーを目指す愛犬美容科・愛犬美容研究科があります。
次に動物看護師を目指す動物看護科と動物愛護研究科、しつけ訓練をはじめ動物看護、美容や福祉などのありとあらゆる知識を学び、ドッグトレーナーなどを目指す動物共生研究科、動物共生総合科があります。

中央動物専門学校の学費内訳

中央動物専門学校の学費は全学科共通で、まず1年度は前期が入学金200,000円、授業料240,000円、実習費155,000円、施設維持費135,000円、学友会費30,000円の計760,000円で、授業料が240,000円、実習費が155,000円、施設維持費が135,000円の計530,000円で、年間納入金額が1,290,000円です。

2年次は前期が授業料が270,000円、実習費が160,000円、施設維持費が135,000円、学友会費30,000円、計595,000円です。
後期は授業料270,000円、実習費が160,000円、施設維持費135,000円、計565,000円で、年間納入金額が1,160,000円、また、愛犬美容科のみ別途で2,450,000円かかります。

3年次は前期が授業料270,000円、実習費160,000円、施設維持費135,000円、学友会費30,000円の計595,000円で、後期は授業料が270,000円、実習費が160,000円、施設維持費が135,000円、計565,000円なので、年間納入金額は1,160,000円です。
また、愛犬美容研究科・動物看護研究科・動物共生研究科は別途で3,610,000円がかかります。

4年次も2,3年次と同じ年間納入金額1,160,000円で、動物共生総合科のみ別途で4,770,000円がかかります。

中央動物専門学校のならではの費用(教材費や実習・海外研修等)

愛犬美容科・愛犬美容研究科が教科書代が71,730円教材・教具が151,530円実習着・靴が32,660円1年次必修資格費用が36,750円で、合計292,670円がかかります。

動物看護研究科は教科書87,120円教材・教具が157,250円、実習着・靴が48,140円、1年次必修資格費用が36,750円で、計329,350円がかかります。

動物共生研究科・動物共生総合科は教科書代が93,590円、教材・教具が159,060円、実習着・靴が59,040円、1年次必修資格費用が36,750円の計348,440円です。

中央動物専門学校で使える奨学金について

中央動物専門学校は『高等教育の修学支援新制度』において正式に認定を受けているので、申請が可能です。
また、独自の奨学金制度として「学校法人中央工学校奨学金制度」があり、在校生本人の成績や家族の収入等を勘案し、認定を受けた学生は一回500,000円以内の一括貸与を受けられます。