HOME職業一覧 > 通訳

通訳になるには

高校生が通訳になる為に資格や学歴は一切問われません。したがって誰でも通訳になることが出来ますし、自分で通訳だと言ってしまえば通訳になれますが、現実はそう甘いものではありません。通訳は他の国の言語を訳すことが出来るほどの高い語学力がなければ到底仕事にすることは出来ません。

外国語に対する適応能力も必要ですし、誰でもいきなり通訳として働けるわけでもありません。したがって自分が通訳として働けるようになるまで成長する為には、基本的に語学学校や通訳を養成する学校に通うか、あるいは海外に留学することのどちらかを選ぶ必要があるでしょう。

語学学校や通訳を養成する学校に進学する場合、この学校に進学したからといって必ずしも通訳になれるわけではないということを覚えておきましょう。こうした学校では通訳として基礎となる語学の勉強を行うものですが、学校を卒業してもまだ通訳として働くのは難しいでしょう。

通訳には堪能な語学が必要ですが、例え外国語を通訳することが出来たとしてもそれだけで生計が立てられるようになるには、卒業後も通訳の勉強がほぼ必須となります。通訳専門学校や民間のスクールなどでは、通訳として活動するにあたって必要な仕事の基礎を学ぶことが出来ます。

また、海外に留学してから学校に進学するか、学校を卒業してから海外に留学するかどうかのどちらかの方法もあります。海外に留学するメリットとして第一に挙げられるのが、本場でのネイティブな外国語を勉強出来ることです。通訳の仕事を行う際には誰でも通訳しやすいように喋ってくれるわけではないので、本場のネイティブな話し方を勉強することで対応出来るようになります。

通訳として活動出来るようになったら、エージェントや派遣会社に登録を行って仕事を斡旋してもらうのが基本です。通訳として登録しているからといって常に仕事があるわけではありませんし、国際状況や海外の情報なども知っておかなければならないので、常日頃からいつ仕事を斡旋されてもいいように勉強する必要があるでしょう。

また、通訳に求められるのは高い語学力はもちろん、高い観察力や礼儀正しさ、頭の回転の良さなどです。特に必須となるのは相手が話す言葉を正確に訳さなければならないことで、もし言葉やニュアンスが少しでも違ってしまうと大きな問題に繋がる恐れがある為、相手がどんな気持ちで話しているのかを読み取らなければなりません。

さらに、重要な会議などで活躍する場合だと専門的な会話までも上手く通訳しなければならないので、いかに話の内容を理解出来るか、それを訳す為の頭の回転の良さも求められるでしょう。

通訳の仕事内容

通訳の主な仕事は、同時通訳と逐次通訳です。同時翻訳とはそばで話す人の言葉を聞いて瞬時に別の言語に訳して話すことです。同時翻訳は基本的な仕事とはいえ、話し手の言葉をその場で聞き取りながら意味などをすぐに理解し、別の言語に訳して伝えなければならないので非常に高いスキルがなければ到底務まりません。

話しながら聞いて通訳するというのは非常に難しく、一人で何時間も出来る仕事ではありません。長時間の通訳を行う場合は別の人と交代しながら行っていくのが特徴です。

対して逐次翻訳の場合、話し手が言葉を区切りながら話し、それを通訳が内容を上手くまとめて訳す方法です。話しながら聞くということに変わりはありませんが、話の内容をまとめてから話すので時間がかかる分、同時翻訳よりも焦ることなく正確に翻訳することが出来ます。

もう一つの仕事は、ウィスパリングです。ウィスパリングとは通訳する人がその場に立ち合って行う同時翻訳であり、聞き手の耳元で翻訳を行うのが特徴です。いずれの翻訳も相手の言葉をしっかりと聞き取り、いかに誤解を与えないように訳せるかが重要です。

通訳の収入

通訳の収入は、いかに経験や実績を重ねているかによって非常に大きく変動しますし、正社員やフリーランスとして働いているかによっても変わります。

正社員として働いている場合、平均年収は400万から1000万ほどです。経験によって大きな差が出てくる為、通訳になりたての新人の場合だと一般的な会社員の収入とそこまで変わりません。

フリーランスの場合だと、収入は時給換算となります。時給はおよそ2000円から4000円ほどで、年収にして平均300万から600万程度となっています。しかし、フリーランスは正社員と違って経験よりスキルや仕事量が重要視される為、仕事量が少なければその分収入も減っていきます。

仕事を確保する為には、自分が得意とするジャンルを確率させる必要があるでしょう。

通訳の評判

一方で通訳の評判は軒並み高い傾向にあります。

常に外国語を聞いて翻訳する仕事なので、国際的な仕事に憧れを持つ人に向いていると言えます。もちろん通訳として活躍するには非常に高い語学力などが必要ですが、何より別の言語に訳すということから国と国の橋渡しのような感覚で仕事が出来るでしょう。

通訳の将来性

通訳の将来性はもはや絶対的なものと言っていいでしょう。

これからも国際化が活発になっていくので、外国語を翻訳する人材が常に求められます。時には会社のビジネスを支える一人の人材として活躍することも可能であり、通訳が今後も重要視されつつあるでしょう。

語学教室の数も増加しているので通訳を目指すチャンスは増えていますが、一方で少ない報酬でありながら仕事量が多い案件が増えていることが危惧されています。これは通訳者のモチベーションに大きなダメージを与えてしまう為、通訳以外に生計を立てられる方法を探すか、更なる国際化に向けた多くの変化に対応する必要があります。

掲載者情報

通訳になるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年1月4日 17:40
◆更新日:2018年1月4日 17:40

Copyright 2017 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!