HOME職業一覧 > モデラー

モデラーになるには

はじめに、どのようにしてモデラーになるかを知るためには、モデラーという仕事について知る必要があります。モデラーの仕事は、大まかに言ってしまうとデザインを立体物に起こしていく仕事です。そのため、車の制作現場であったり、部品の制作現場であったり、さらにはコンピューターの中で3-Dモデリングを行う仕事もあります。

様々な分野でデザイナーが起こしたデザインを、モデラ―が立体物として制作し、経営者や責任者も交えてデザインをブラッシュアップしていきます。やはり作ろうとしているものが平面図から立体物になることで、今まで気づかなかった改良点を知ることができ、有益なのです。

モデラーになろうとする場合は、自分自身がどんな分野でモデリングを行いたいかを知り、その分野に就職する必要があります。そして、先輩モデラーの指導を受けながら、自身のモデリング技術を高めていくことが必要となります。モデラ―となることについて、特に資格は必要ありません。技術力を身に着けることができれば、あなたは立派なモデラートなることができます。

モデラーの仕事内容

モデラ―の仕事内容は、一般的にデザイナーがデザインしたものを立体的にモデリングする仕事となります。そのため、モデラーは様々な分野で必要とされています。例えば車の製造現場では、新しい車種をデザインしたものを使って、実際のサイズの車を作ってみたり、小さなサイズの模型の車を作る場合があります。そうして、またデザインに改良を加えていくのです。モデラーの仕事は世の中に美しいデザインのものを送り込むために必要不可欠な仕事となっています。

またモデラ―の仕事にはデザイナーとのコミュニケーションが欠かせません。それはデザインを細部まで把握してモデリングを行うことが求められるためです。職人的な技術力と、コミュニケーション能力のどちらもが求められるのがモデラ―なのです。

モデラーの収入

モデラ―の収入についても、会社に雇われ働くか、独立して働かによって大きく変わります。会社に雇われて働く場合は、新入社員で月給20万円前後、その後技術を積み、チームをディレクションする立場になると、それが30万円40万円と上がっていきます。モデラーの平均的な収入としては400万円前後が一番多くなっています。

しかし、独立してフリーでモデラーをやっていく場合は、全く話が異なります。例えば、有名なゲーム制作会社が新作ゲームを作る際にモデリング技術の高いモデラーを指名してチームに加えたりする場合があります。そうなると、報酬が年収1000万円に届くことだってあるのです。自分自身の技術次第では、どんどんお金を稼ぐことができるのがモデラーの醍醐味です。

モデラーの評判

モデラーという職業は一般的にそれほど知名度は高くありません。しかしながら、具体的な仕事内容を説明すれば、多くの場合好意的に捉えられるでしょう。非常に専門的な技術が必要となる分野の仕事なので、多くの人が憧れを持つのも事実です。特に、幼い頃からゲームに親しんでいきたいような人にとっては、デザイナーが作った原画を、ゲームの中に実際にモデリングして存在させるモデラーの職業は、非常に魅力的に映るでしょう。そして、モデラ―の仕事に就いては職人的なイメージでとらえられることも多くなります。

モデラーの将来性

モデラーの職業は、様々な分野に存在します。そのため、モデラーの職業全般について一度に需要がなくなるといったことは絶対にありません。また、今後コンピュータグラフィックスなどの分野はどんどん進化していくと考えられます。そのため、デザイナーが必要とされる現場にはほぼ必ずモデラーも必要とされるでしょう。

コンピュータグラフィックスの分野は日夜新しい技術が開発されているので、新しい技術に精通している必要がありますが、それができればモデラーの仕事がなくなることはありません。しかし、人工知能やロボットによる自動化の動向は常に見守っておくことが必要です。やはり自分にしかできない技術を習得することが、モデラ―として生き残るには必要となります。

掲載者情報

モデラーになるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年5月30日 13:00
◆更新日:2018年5月30日 13:00

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!