HOME職業一覧 > 声優(俳優・歌手)

声優(俳優・歌手)になるには

まず、声優の場合は高校を卒業した後に声優プロダクションに所属する為に、声優養成所か専門学校の声優養成コースに進学する必要があります。
養成所や養成コースに入った後は発音や発声、呼吸、声を合わせる技術などの声優の基礎を学びます。
声優プロダクションに所属した後、様々な番組のオーディションに合格して初めて声優デビューすることが可能です。
声優になる場合は特に年齢制限がないところもあるので、実質的には誰でも声優を目指すことが出来ます。
また、声優プロダクションに所属するには声優プロダクションが開催しているオーディションに合格しなければならず、オーディションに合格するまで様々なプロダクションのオーディションを受ける日々が続くでしょう。

俳優の場合も、資格や免許などは一切必要ないので高校生でも役者になることが出来ます。
俳優になる為の方法は劇団に所属する、芸能事務所に所属する、他の職種から転身するなど様々です。一部の声優養成所でも俳優や歌手への道が用意されています。
一般的には劇団に入団する為にオーディションを受けて合格し、劇団員として活動しながら役者としての演技や演技が始まる本番までの雑務をこなすなど、様々な仕事を行います。
芸能事務所に所属する場合だと事務所に所属する為のオーディションに合格しなければなりません。
オーディションに合格すれば事務所の研究生となり、映画やドラマのオーディションに挑む為に様々なレッスンを行います。
他の職種からの転身の場合だとモデルから俳優、歌手から俳優、または歌手と俳優を両立するなど様々なパターンがあります。
最初から俳優を目指して活動するわけではなく、モデルや歌手を目指して結果的に俳優業を両立することも出来るでしょう。

歌手の場合、プロの歌手になる為の確実な道は存在しません。
歌手を養成する学校はありますが、それでもプロになれるとは限りませんし、学校に通っていないプロの歌手も存在します。
歌手になる為には自分の存在をアピールすることが何よりも重要です。
自分の歌を録音したデモテープをレコード会社などに送ったり、ライブ活動や新人オーディションなど誰かの目に留まってくれるように地道な活動を続ける必要性があるでしょう。
高い歌唱力や、人を惹きつける為にはどうすればいいのかなどを考えなければなりません。
そういう意味では専門学校や養成所は事務所とのコネクションがあり、オーディションなども独自のものを行っていたりとデビューの機会が多いです。
もちろん学べることも多いですが、そうした先を見据えて利用するくらいの気持ちで入学先を探すというのも一つの手です。

声優(俳優・歌手)の仕事内容

声優の仕事内容は基本的にアニメや映画の吹き替えが中心ですが、ゲームやラジオドラマ、ニュース番組やドキュメンタリーのナレーションなど声だけで様々な仕事があります。
もちろんいきなりそれらの仕事が出来るわけではありませんが、実力や経験を積むことでどんどん起用される声優になるのも夢ではありません。

俳優の仕事内容は基本的にオーディションから始まります。
様々な場所で仕事をしている声優ですが、どんなに有名な俳優であっても公平を期す為にオーディションを受けなければなりません。
役者は本番までに台本の読み合わせを行い、共演者と一緒に役作りを行ってきます。
一般的には自分で努力しなければならないことが山ほどありますが、ドラマや映画の場合は監督に求められたことを忠実にこなすか、それ以上の演技をする必要性があります。大事なのは自分自身の演技によって観ている人の心を掴むかどうかなので、演技に終わりはないと言えるでしょう。

歌手の場合、当然ながら歌を歌うことが仕事です。
ただし、誰もが歌を歌うだけで生活出来るとは限りません。
小さなライブやコンサートに出たり、歌唱力を磨いたりダンスレッスンを行ったりと成功する為には様々な努力が必要です。
歌手として自分をどんどん売り出し、人脈を増やすことが何よりも大切なことになります。

声優(俳優・歌手)の収入

声優の場合だと、収入はほぼ完全に歩合制となっています。
所属プロダクションによっては月給が支払われることもありますが、ほとんどの場合は仕事の数に応じて収入が増えると思って構わないでしょう。
つまり、仕事がなければ収入もないので非常に不安定な職業です。
例え有名な声優でも仕事が少ない時期があるので、他の仕事と兼用するなどいつになっても油断は出来ません。
例えアニメのレギュラーの声優になったとしても収入は約1万5千から4万5千と低く、声を出すだけで暮らしていくには一流の声優にでもならないと厳しいでしょう。

俳優の場合、広く活躍している人であれば高額なギャラを得ることが出来ます。
その相場は一時間ドラマなら1本100万から500万と非常に高く、本数が多くなるほどより多くの年収を稼ぐことが出来ます。
しかし、それは主役や脇役などで起用されることが多い人に限った話です。
起用されなければ収入が得られないので、様々なオーディションを受け続ける下積み時代はアルバイトなどで生計を立てなければなりません。
例え俳優として人気になったとしても高額なギャラがもらえるとは限らず、俳優歴が長くても起用されなければまとまった収入は得られません。

歌手の場合、俳優と同様に人気の有無を中心に収入が大きく変わります。
一つの曲が大ヒットすれば一気に数千万円以上と大幅な収入を得ることが出来ますが、ヒットしたのは一時期だけでそれ以降は全く収入が得られないこともあります。
ただ、レコード会社や音楽プロダクションと契約を結ぶことで最初に契約金が支払われ、それ以降は事務所から月に10万から20万ほど支払われます。
また、楽曲の売り上げに応じた印税による収入も入ってきます。
楽曲が売れるほど印税が多く入ってきますが、逆に売れなければ印税も少ないです。
とにかく浮き沈みが激しい職業なので、日々売れる為に努力するしかないでしょう。

声優(俳優・歌手)の評判

いずれの職業も評判は良い傾向にありますが、声を出せばいい、歌を歌えばいい、演技をすればいいと簡単な職業に捉えられる側面もあります。
実際にそんなことはなく、下積みがあってこその職業なのでブレイクするまで時間がかかるところが評判の悪さに繋がるでしょう。
一度成功しただけで後は仕事がなくなる一方であったり、いつまでも仕事がなくて挫折しがりになったりと先が見えないこともあります。
いかに努力して人に起用してもらえるかがそれぞれのカギとなるでしょう。

声優(俳優・歌手)の将来性

一言でいえば声優で将来性を見出すなら根気よく続けられるかどうか、俳優としてきちんと上手な芝居が出来るかどうか、歌手として諦めずに根気良く下積み時代を乗り越えていけるかどうかです。
いずれの職業も昔より視聴率の低迷や必要とされる場所の減少、それぞれの職業を目指す人が増えていることから競争率が激しいと言えますが、いずれも地道な活動があってこそ将来性を見出せる職業です。
必要とされる存在になる為にも、日々の鍛錬や努力が必要になるでしょう。

掲載者情報

声優(俳優・歌手)になるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2017年10月30日 18:30
◆更新日:2017年11月07日 12:50

Copyright 2017 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!