HOME職業一覧 > ウエディングプランナー

ウエディングプランナーになるには

高校生がウエディングプランナーとして働くにあたり、必要となる資格や学歴は特に求められません。しかし、まったく知識がないまま働くことはできるのでしょうか。ここではウエディングプランナーになる方法をいくつか記載したいと思います。

まずは、ウエディングプランナーになる為の知識や技術が学べる専門学校へ進学することです。必ずしも専門学校などに通わなければ就職出来ないわけでもありませんが、専門学校で民間資格を取得することができます。専門学校で取得する資格としてアシスタント・ブライダル・コーディネーター検定(通称:ABC検定)が挙げられます。この資格はブライダル業界で働く基礎知識を備えているかを判断するものです。資格を取得して、少しでも就職に有利な状況を作りましょう。

ウエディングプランナーを目指す人が増えているため、少しでも有利になる為に資格の取得を目指したり、専門学校に通うなど、様々な知識や技術などを事前に学んでおくに越したことはないでしょう。いきなりホテルやウエディング会社に就職するより、ブライダル系学科がある専門学校や大学などに進学した方が、就職にずっと有利に働きます。

ブライダル学科がある大学では基本的な知識に加えて一般教養を学ぶことが出来ますし、専門学校は一般教養より専門分野の比重が大きく、早く世の中に出ることができます。どちらに進学しても、就職まで面倒を見てもらえるのも、大きなメリットです。

しかし、先ほど説明したように大学や専門学校を卒業していなくてもウエディングプランナーになることは可能です。正社員としてでなくアルバイトとして働くことも出来る為、まずは現場での雰囲気を感じながら様々な知識を学ぶ為に高校生の時にアルバイトとして働くのもおすすめです。

また、就職に有利になる為にはブライダルプランナー検定という資格の取得を目指すのもおすすめです。ただし、資格を取得していても専門学校を卒業していても、いきなりウエディングプランナーとして仕事を任せられるわけではありません。就職したら、まずは経験を積むことから始まるのが基本です。

ウエディングプランナーの仕事内容

ウエディングプランナーの主な仕事は、大きく分けて2つです。

結婚式場はたくさんあるため、結婚式を挙げるカップルもたくさんの式場を見て回ります。当然比較対象は「競合の式場」です。そたのめ、最初の仕事は営業・企画です。結婚式を開く為には会場や予算、日取り、衣装、招待状など、様々なことを期限までに決めておかなければなりません。そんなお客の為にウエディングプランナーは、意見や要望を出来る限り取り入れられるような最善の案を提案して全面的にサポートします。

提案や営業の場合、結婚式を挙げたいお客に丁寧なヒアリングを行うことから始まります。お客はこれまでにもいくつかの会場を見て回っていることがある為、ヒアリングを行いながら自社でなら素晴らしい結婚式が挙げられるということをアピールします。その為にもお客の結婚式の理想や予算などを聞き取る必要があります。

無事に自社の会場で結婚式を挙げることが決まった場合、次に日程や予算、結婚式の詳細などを決めていきます。いかに予算内で理想とする結婚式が挙げられるかどうかが重要になるわけですが、数ヶ月前から始まる準備の間に何回も打ち合わせを行うのが基本です。日が進むにつれてお客の要望が変わる可能性が大いにある為、ウエディングプランナーはその変化に対応する必要があります。

事前準備の場合、無事に自社の会場で結婚式を挙げることが決まった場合、次に日程や予算、結婚式の詳細などを決めていきます。いかに予算内で理想とする結婚式が挙げられるかどうかが重要になるわけですが、数ヶ月前から始まる準備の間に何回も打ち合わせを行うのが基本です。日が進むにつれてお客の要望が変わる可能性が大いにある為、ウエディングプランナーはその変化に対応する必要があります。

次に仕事となるのが、結婚式当日です。結婚式が万事上手く進められるかどうかの最終チェックを行う非常に重要な仕事を行います。時間通りに結婚式が進行出来るかどうか、手配したものが全て滞りなく届いているかどうかなど、当日中も常に忙しなく動き回ります。

いよいよ結婚式が始まった時でもウエディングプランナーの仕事は続きます。まず、結婚式の最中でも何らかのトラブルが起こる可能性があるので、その時の為に滞りなく結婚式が進行出来ているかチェックしながら待機します。

無事に結婚式が終わった後はスタッフに後片付けを指示し、次に結婚式を挙げる予定があるお客の元へ打ち合わせを行います。このように結婚式を挙げる前から終わりまで非常に多くの仕事があり、加えて多大なプレッシャーを感じる仕事となっています。

ウエディングプランナーの収入

ウエディングプランナーの収入は、平均年収にして250万から450万、初任給は18万前後と、一般的な職業と比較しても大きな違いは無いかもしれません。

しかし、ウエディングプランナーは勤続年数が長くなるごとに収入が増加していく職業であり、月35万、年収も600万以上になるなど働き甲斐のある職業だと言えます。

ウエディングプランナーの評判

ウエディングプランナーの評判、人気ともに高い職業です。

多くのプレッシャーがのしかかる仕事ですが、カップルが夫婦になる結婚式の全面的なサポートが出来ることにやりがいを感じる人が多くいます。特に無事に結婚式が終えられた時の感動は他では味わえないでしょう。

人生の節目にあたる結婚に関わることで、華やかでもあり、他の職業とは違ったやりがいを得られるのも、ウエディングプランナーならではかもしれません。

ウエディングプランナーの将来性

一方でウエディングプランナーの将来性は、少し工夫が必要になってきます。

以前のように大きな結婚式を挙げるよりも予算を可能な限り抑えた小さな結婚式を挙げる人が増えている為、よりウエディングプランナーの知識や技術、話術が試されます。いかにお客の予算プランに応じてベストな案を提供することが出来るかが、将来性を左右するでしょう。

また、演出にはこだわりたい、式場ではなくレストランなどで挙式したいという人も増えており、そういった事情に対応出来るリーダーシップなども求められます。

掲載者情報

ウエディングプランナーになるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年1月16日 12:35
◆更新日:2019年12月02日 12:35

Copyright 2017 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!