放送芸術学院専門学校の特徴

放送芸術学院専門学校では、スペシャリストの時代に即し、産業界に直結した専門学校として知識、技術、ビジネスマインドを持った業界が求める即戦力の人材を育成します。
思いやりの気持ち、コミュニケーションの大切さを学び、自立した社会人としての人間力を身につけます。
日本人としてのアイデンティティを明確に持ち、価値観や文化の違いを尊重して、より広い視野で物を見ることができるよう、真の国際的な感性を養います。
本校の最大の特徴は、プロの指導のもと実際の現場で学べる産学連携プロジェクトです。
企業の依頼を受け、オンエアされる番組を制作したりステージに出演することで、在学中からプロの現場を経験できます。

本校では、年間を通じて多くの作品を制作、ステージ経験を積める実践的なカリキュラムを編成しています。
業界から必要とされている知識や求められている技術を業界のプロから直接学ぶことができます。
本校では、業界が求めているエンターテイメントの仕事を網羅、多彩な学科・コースを用意しています。
転科や進路変更など、入学後に様々な分野を勉強し体験しながら進路を決めることもできます。

本校の授業は、今まさに業界の最前線で活躍する230名ものプロの講師を中心に行われ、プロだからこそ語ることができる心構えや知識・技術、最前線の情報などを手に入れることができます。
有名芸能プロダクションの方々を招き、オーディション形式でデビューをめざす「学内合同オーディション」を開催しており、認められた学生はプロダクション所属やデビューが決まります。
卒業年次に約1カ月間、実際に企業の中で働く「業界研修プログラム」で、適性や仕事を理解できるだけでなく、プロの仕事に対する姿勢や会社の雰囲気も感じ取ることができます。
アメリカでの海外研修では、世界トップレベルのクリエイターやパフォーマーたちの心構えや考え方を肌で感じ、テクニックや表現法を直接学ぶとともに、業界が求める『国際性』を身につけます。

就職カウンセラーの指導が受けられるキャリアセンター、デビューをサポートしてくれるデビュー事務局、専任の教務・担任で、あなたの進路をバックアップしてくれます。
メディアクリエイト科では、映像技術の基礎知識はもちろん、豊富な撮影実習で実践力を磨きます。プロの機材に慣れ親しみ、専門的なカリキュラムを実践することで、業界で通用する即戦力を養成します。
タレント科ではタレントとして成功するための知識を学び、現場での経験を積むことで、タレント業界で成功するための後押しをします。また、講師にプロを迎えることで、直接アドバイスをもらえます。
スーパーメディアクリエイター科では、3年間で「テクニック」・「表現力」・「企画力」を基礎から徹底的に習得し、。最新の技術と知識を身に付けて即戦力のクリエーターを育成します。

放送芸術学院専門学校のイメージ画像

施設・設備

キャンパスライフ

放送芸術学院専門学校
 アクセスマップ

〒530-0042 大阪府大阪市北区天満橋1-5-9
JR環状線「桜ノ宮駅」西口出口より徒歩9分
JR東西線「大阪天満宮駅」1番出口より徒歩9分
地下鉄谷町線・堺筋線「南森町駅」3番出口より徒歩10分

掲載者情報

放送芸術学院専門学校の特徴、学科、学費、資格、評判を徹底解剖!
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年05月29日 23:30
◆更新日:2018年05月29日 23:30

Copyright 2018
 - 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

Λ B!