中央動物専門学校専門学校の特徴

中央動物専門学校では「優しい心」「倫理観」「自己責任」を教育方針とし、専門技術をもって動物業界に貢献し、共生社会をリードする社会性豊かな人材を育てています。
充実した施設・設備を整えた学習環境と一人ひとりの意欲を引き出すきめ細やかな指導により、即戦力となる専門性の高い技術や知識を身につけることができます。
動物が好きでバイタリティーにあふれる若者に専門知識と技術指導、的確なサポートを行い、動物に関わる様々な職業分野で活躍する人材を育成し、動物と人間のよりよい共生社会の実現に貢献しています。
中央動物専門学校では明確な目標を設定することで生徒の「動物が好き」という気持ちを「プロフェッショナル」意識へ変えて、成長著しい動物関連業界に優秀な人材を送り出してきました。
卒業学年に進級する際に個々の学生から卒業後の進路や希望をヒアリングし、本校独自の就職指導システムにより細やかな就職指導で適切かつ厳格にアドバイスしていきます。
広々とした空間と充実した最新の施設・設備を有し、たくさんの動物たちに囲まれたすばらしい学習環境の下で、充実したキャンパスライフを送ることができます。
最新の実務・知識などが身につく実践的で質の高い職業教育に組織的に取り組んでおり、全科すべての専門課程が職業実践専門課程として認定されています。

キャンパスライフをともにする校有動物が100頭以上、指定地域の家庭犬・猫にモデルとして登録していただきプロになる上で必要なケアが1年を通じて経験することができます。
中央動物専門学校では、年間を通じて、軽井沢での合宿研修、国内研修、海外研修、ドッグショー見学など、豊かなキャンパスライフを送るための充実した行事を数多く用意しています。
愛犬美容科ではたくさんの犬種に触れて、即戦力となるトリマーを目指せます。また、愛犬美容研究科への学内進学ができます。
愛犬美容研究科では、プードルのショークリップを中心に学び、上級ライセンスを取得。より現場に近い実習を行い、独立開業できる技術力を習得します。
動物看護科では、人間と共に生きる命を守る医療現場で信頼される動物看護師を育成。また、動物看護研究科への学内進学ができます。
動物看護研究科では、動物看護の専門性を必要とする臨床実習を中心にカリキュラムを編成。人間と共に生きる命を守る動物病院で信頼される動物看護師を目指せます。
動物共生研究科では、動物共生環境コーディネーターのためのトータルなカリキュラムが特色です。また、動物共生総合科への学内進学ができます。)
動物共生総合科では、4専攻で専門性をより深め、動物と人間の共生社会をマルチにプロデュースできるアドバイザーのスペシャリストを育てます。

中央動物専門学校専門学校の学費

昼間課程

◆初年度合計 :1,549,293円
◆入学金   :200,000円
◆前期授業料 :240,000円
◆後期授業料 :240,000円
◆前期実習費 :145,000円
◆後期実習費 :145,000円
◆前期施設維持費  :130,000円
◆後期施設維持費  :130,000円
◆学友会費 :30,000円
◆教材費 :289,293円
◆合計:1,549,293円

※3年次以降も同額

2年次

◆前期授業料 :270,000円
◆後期授業料 :270,000円
◆前期実習費 :150,000円
◆後期実習費 :150,000円
◆前期施設維持費  :130,000円
◆後期施設維持費  :130,000円
◆学友会費 :30,000円
◆合計:1,130,000円


※教材費(教科書、教材、教具、実習着・靴、1年次必修資格費用)は入学前2月〜3月に納入していただきます

中央動物専門学校専門学校のイメージ画像

施設・設備

キャンパスライフ

中央動物専門学校専門学校
 アクセスマップ

〒114-0013 東京都北区東田端一丁目8番11号
JR山手線・京浜東北線「田端駅」北口より徒歩4分
日暮里・舎人ライナー「赤土小学校前駅」
より徒歩10分

掲載者情報

中央動物専門学校専門学校の特徴、学科、学費、資格、評判を徹底解剖!
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年05月09日 18:00
◆更新日:2018年05月09日 18:00

Copyright 2018
 - 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

Λ B!