名古屋デザイナー学院の特徴

名古屋デザイナー学院では、一人ひとりが持つ個性を重視し、それぞれに合った方法で能力を伸ばします。 自分のペースで、自分の目指す方向へと着実に進んでいけるようバックアップします。 「AO2.5教育制度」を採用することで、初心者でも安心してスタートラインに立てます。 また、早い段階でデザインの世界で活躍する意識を持つことで、さらに高い目標を実現することができます。

学科・分野を越えて、豊富な選択授業から自分だけのカリキュラムをオーダーメイドすることができるので、進路の可能性が大きく広がります。 本校での授業は、実習が中心。アイデアを練り、創作するトレーニングを重ねて、デザイン力を高めていきます。 本校はデザインの総合校として、幅広いデザイン分野を網羅しています。将来の目標に合わせて、学科やコースを変更することもできます。 現役で活躍するプロが、あなたの先生として直接指導。現場で今、求められている能力が身につくよう、実践的な指導を行っています。

本校では、学校の枠を越えて、社会とつながるチャンスを提供しています。デザイン業界とリンクした取り組みや地域のイベントなどに参加協力し、豊かな人間性とクリエイターとしての資質を養成します。 学内に就職活動の拠点となるセンターを設置し、幅広いデザイン業界の求人情報はもちろん、一般職の求人情報まで公開。個別相談や履歴書添削などにも、親身に対応します。 マンガ学科では、人の心を動かすエンターテイメント性に富んだ発想力を身に付けるとともに、絵のスキルアップはもちろん、作家になるために必要な知識を学んでいきます。 アニメーション学科では、現役で活躍するプロたちが授業を担当し、実際のアニメーション現場と同等の制作が行うことで、実際の業界と変わらない役割やスケジュール計画などの感覚を養っていきます。 ゲーム・CG学科では、世間で注目を集めるVRなど業界標準を取り入れたゲーム、3DCGを制作する学科です。学びたい分野をひとりで作りきる作品制作を展開し、高い制作スキルを身に付けます。

ビジュアルデザイン学科では、実際に世の中で求められるシゴトのデザイン制作を主にした授業を展開で、グラフィックやイラスト、WEBなどの幅広い表情を学び、人に伝えるためのビジュアル表現を養います。 ファッションデザイン学科では、現代のファッションデザインのみならず、伝統工芸をはじめ幅広いジャンルのファッションを学び、基礎から高度なスキルまでファッションに関する技を身に付けていきます。 メイク学科では、ビューティ&エンターテイメントをテーマとした、アートやデザインに特化したカリキュラムが特徴。メイクアップ検定や色彩検定、化粧品検定などの取得必須の試験もあります。 インテリアデザイン学科では、どの学校にもない恵まれた環境において、今はまだどこにもないオリジナルの発想を持ったインテリアデザイナーを育成していきます。 プロダクトデザイン学科では、専門機器を揃え、制作活動専用の工房も備えています。在学中に自分自身で企画・デザインしたモノを商品化し、名古屋や東京にて販売も行っていきます。 研究学科では、多彩なカリキュラムと長年培ってきたノウハウを基に、より高度な目標へ向かう学生をサポート。さらなるスキルアップを目指し、自分だけのカリキュラムでじっくり学ぶことができます。

名古屋デザイナー学院
 の学費

在学中の総額: 円

1年次

◆入学金   :150,000円
◆授業料   :840,000円
◆施設維持費 :210,000円
◆交友会費  :10,000円
◆学生補償保険料:4,000円
◆入学前合計: 1,214,000円

名古屋デザイナー学院のイメージ画像

施設・設備

キャンパスライフ

名古屋デザイナー学院
 アクセスマップ

〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄5-1-3
栄駅(地下鉄東山線)13番出口より徒歩4分
地下鉄矢場町駅(地下鉄名城線)1番出口より徒歩2分

掲載者情報

名古屋デザイナー学院の特徴、学科、学費、資格、評判を徹底解剖!
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年05月30日 13:30
◆更新日:2018年05月30日 13:30

Copyright 2018
 - 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

Λ B!