大阪動植海の特徴

大阪動植物海洋専門学校は、動植物・海洋生物・ペットなどあらゆる生物について学ぶことのできる総合的な動植物専門学校であり、各方面のエキスパートの育成を目指しています。
実習に多くの時間を割いていることと、一人当たりの担当動物も多いのが特徴であり、即戦力として使える本物の技術を身につけていきます。
先生・学生同士との距離が近いというのが特徴であり強み。学生一人ひとりに対して細かく目を配ることを学校教育の基本理念としており、 授業中・実習中でも個々に合わせた指導を行っています。
可能な限り就職希望先に行けるよう全力で、インターンシップをサポートします。インターンシップから就職という流れが多い動物業界で、「行きたいところに行ける」を可能にする環境があります。
本校では、様々な講師を招いての選択制の授業が行われています。専門外だけど興味がある、学んでみたい、と思う授業があれば自由に選択し受けることができます。

コースごとに、現場出身の担任がしっかり就職をサポートします。自分の進路について迷いがあれば一緒に考え解決していきます。また、何が向いていて何をしなければならないか、的確なアドバイスをします。
マナー講座やキャリア教育など、専門講師によりしっかりとした力を養っていきます。専門的な能力のみならず、社会人として必要な社会力の向上にも力を入れています。
海に住む様々な生物や海洋環境まで、実践的に幅広く学ぶ水生生物コースでは、飼育員をはじめ、水族館で活躍する様々な職業を目指します。
水産増殖コースでは、基礎から実践へと段階的なステップアップで「現場での生きる力」を培う水産現場で直接生かせるスキルを養います。
お客様視点で対応できる観賞魚飼育販売のプロフェッショナルを目指すアクアライフコースでは、アクアリストなど、やりがいのある仕事を目標に専門的に深く学びます。

動物園から牧場、トレーナーまで幅広い就職先に向けた知識・技術を身につけることができる動物飼育コースは動物が大好きなあなたの思いをカタチにする手伝いをします。
動物看護コースでは、「少人数制」だからできる実習率の高いカリキュラムを実施し、高度化、多様化するニーズに応える動物看護のプロを目指します。
トリマーコースでは、本校ならではのモデル犬システムによる多彩なトリミング実習を行い、ペットの身近な総合アドバイザーになる人材を育成します。
植物のプロフェッショナルを目指すポタジェガーデニングコースは、ペットのフード供給を目的に、花と野菜が共存したポタジェガーデンの構築を総合的に学ぶコースです。
就職や目指す分野を一年間集中的に学ぶ総合研究科では、学生一人ひとりが自分だけの独自のカリキュラムで社会に役立つライセンスを取得することをめざします。

大阪動植海
 総合研究科の学費

在学中の総額:1,000,000円

1年次

◆入学金   :150,000円
◆授業料   :450,000円
◆実習費   :250,000円
◆施設設備費 :150,000円
◆1年次合計:1,000,000円

大阪動植海
 その他の学科の学費

在学中の総額:2,150,000円

1年次

◆入学金   :150,000円
◆授業料   :600,000円
◆実習費   :250,000円
◆施設設備費 :150,000円
◆1年次合計:1,150,000円

2年次

◆授業料   :600,000円
◆実習費   :250,000円
◆施設設備費 :150,000円
◆2年次合計:1,000,000円

大阪動植海のイメージ画像

施設・設備

キャンパスライフ

大阪動植海
 アクセスマップ

〒551-0002 大阪府大阪市大正区三軒家東1-7-3
JR大阪環状線「大正」駅から徒歩2分
阪神なんば線「ドーム前」駅から徒歩6分

掲載者情報

大阪動植海の特徴、学科、学費、資格、評判を徹底解剖!
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年05月29日 22:30
◆更新日:2018年05月29日 22:30

Copyright 2018
 - 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

Λ B!