大阪総合デザイン専門学校の特徴

本校の教員・講師は、全員が実力あるクリエーターです。学生たちは先生の指導のもと、一人のクリエーターとして自分の考えやアイデア、技術をどんどんと発展させています。
デザイナーに求められる知識・技術はもちろん、就職後に社会人として、プロとして仕事をこなせる力“就業力”を身につけることで、卒業後すぐに社会人として活躍する人材を育成します。
キャリア・デベロップメント・アドバイザーを中心に、長年培ってきた経験をもつスタッフが、早期からの徹底したキャリア教育・指導を行うと同時に、学生一人ひとりにカウンセリングを実施しします。
企業活動や商品と人々を結ぶデザイン力を習得するアドバタイジングデザイン専攻では、広告デザインを中心に実践制作し、そのノウハウを学んでいきます。
Webサイトの美しさや分かりやすさだけでなく、操作性、機能性を習得するWebデザイン専攻では、企業サイト、ショップサイト、公共性の高いサイトなどの企画から制作運営まで担うデザイナーを目指します。
雑誌、書籍などの編集型デザインの専門的な技術を身につけるエディトリアルデザイン専攻では、情報の本質をとらえ、実践的な課題に取り組み、デザイン・企画・編集能力を身につけます。
製品を包む容器や包装紙などのパッケージデザインの技術を身につけるパッケージデザイン専攻では、商品の送り手の情熱と誇りを表現し、商品から店舗デザイン、プロモーションの領域にまで影響を与えます。
インテリアデザイン専攻では、空間を構成する技術と表現する力、幅広い知識を身につけることで幅広い業種で活躍できる人材を育成します。

圧倒的なプロデビュー実績を誇る漫画専攻では、マンツーマン指導を基本にした日本で唯一の漫画家養成カリキュラムで技術と知識を身につけ、漫画家デビューを目指します。
コミックアート学科では、コンベンション出展や展覧会の実施、企業との共同事業などを通して、『個性』と『突き抜ける力』を育みながら、プロの技術とスキルを身につけます。
多彩なスタイルや表現方法を学べるイラスト レーション専攻では、人とのつながりを大切しながら、個性を育みスキル向上することで、独自の世界を自由に表現できるイラストレーターを目指します。
フィギュア制作工程のすべてを学べるフィギュア専攻では、フィギュアの世界でプロになるために必要な、基礎力、エンターテインメント表現力、デジタル能力、自己プロモーション力の4つの力を身に付けます。

大阪総合デザイン専門学校の学費

昼間課程

◆初年度合計:1,285,000円
◆入学金:170,000円
◆前期授業料:390,000円
◆後期授業料:390,000円
◆前期施設維持費:110,000円
◆後期施設維持費:110,000円
◆生徒諸費:55,000円
◆行事費:60,000円
◆合計:2,340,000円

2年次

◆前期授業料:390,000円
◆後期授業料:390,000円
◆前期施設維持費:110,000円
◆後期施設維持費:110,000円
◆生徒諸費:55,000円
◆行事費:60,000円
◆同窓会費:10,000円
◆合計:1,055,000円

※その他、別途教材費あり(学科によって異なります)

大阪総合デザイン専門学校のイメージ画像

施設・設備

キャンパスライフ

大阪総合デザイン専門学校
 アクセスマップ

〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田2丁目8番35号
●JR・大阪駅中央北口より北へ 徒歩4分
●阪急・梅田駅茶屋町口より 徒歩3分
●阪神・梅田駅より北へ 徒歩5分
●地下鉄・御堂筋線梅田駅(5)号出口より北へ 徒歩3分

掲載者情報

大阪総合デザイン専門学校の特徴、学科、学費、資格、評判を徹底解剖!
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年05月11日 17:20
◆更新日:2018年05月11日 17:20

Copyright 2018
 - 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

Λ B!