日本動物専門学校の特徴

日本動物専門学校では、クラスを6~8人のグループに分け、学生同士がお互いに教えあう「アクティブラーニング」を開校以来実施しています。 疑問点疑問点や分からないところを仲間同士で解決しながら学ぶことで、成績が伸び悩んでいる学生はもちろん、中位・上位の学生もまんべんなく成績が向上します。 社会に出てから必要とされる社会性や協調性、表現力、コミュニケーション能力、問題解決能力を育成することで、髙い資格取得率と、企業就職率を達成してきました。

グルーミング実習では、充実した設備と清潔で明るい環境で、グルーマーもペットも落ち着いてグルーミングに取り組めます。 アジリティ広場や看護実習室でペットの訓練や健康維持に欠かせない実習を行うことができます。 日本動物専門学校では、専任の先生が常時あなたの相談に向き合います。毎年大企業から最先端企業まで、ほぼ全員が正社員で就職しています。 日本動物専門学校では、球技大会や学園祭、スノーボード&スキーツアー、卒業旅行といったイベントが盛りだくさん。一緒に学ぶ友達と親睦をさらに深め、楽しい思い出を作ることができます。

本学では、専門分野を深く学びながら、ペットに関するさまざまな知識や技術を身につけられるカリキュラム編成でペット業界に求められる人材を育成します。 入学直後から多くの実習を行うペットグルーミングコースでは、ペットからも飼い主からも信頼を得るために基礎知識から幅広く学んでいきます。 ドッグトレーナーコースでは、トレーニング以外にもトリミングや獣医学など幅広く学べる環境で、犬の持つ能力を最大限に引き出すトレーナーの育成をめざします。

動物看護コースでは、チーム医療を実現するために必要な知識・技術、命の大切さを学ぶとともに、動物病院等で現場研修を行うことにより、飼い主様が安心してあずけられる動物看護師をめざします。 ペットショップビジネスコースでは、ペット業界で必要な知識や技術を身につけるとともに、実際に就職してから必要なビジネスの知識や資格についてもバランス良く学んでいきます。 ペットケア&セラピーコースは、ドッグマッサージ・アロマセラピー・ペットセラピーからドッグトレーニング・グルーミングまで、ペットに関する様々なことを総合的に学んでいくコースです。 警察犬訓練士や麻薬探知犬訓練士になるためには公務員試験を突破しなければいけません。そういった希望者には「公務員受験対策クラス」を選択することができます。

日本動物専門学校
 昼間課程の学費

在学中の総額:2,360,000円

1年次

◆入学金   :200,000円
◆前期授業料 :370,000円
◆後期授業料 :370,000円
◆前期演習費 :90,000円
◆後期演習費 :90,000円
◆前期維持費 :80,000円
◆後期維持費 :80,000円
◆入学前合計:1,280,000円

2年次

◆前期授業料 :370,000円
◆後期授業料 :370,000円
◆前期演習費 :90,000円
◆後期演習費 :90,000円
◆前期維持費 :80,000円
◆後期維持費 :80,000円
◆2年次合計 :1,080,000円

日本動物専門学校のイメージ画像

施設・設備

キャンパスライフ

日本動物専門学校
 アクセスマップ

〒166-8567 東京都杉並区高円寺北3-4-21
新宿より7分、渋谷より11分、池袋より13分
JR「高円寺」駅南口徒歩3分

掲載者情報

日本動物専門学校の特徴、学科、学費、資格、評判を徹底解剖!
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年05月29日 15:30
◆更新日:2018年05月29日 15:30

Copyright 2018
 - 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

Λ B!