新宿調理師専門学校の特徴

新宿調理師専門学校では、全生徒が日本料理・西洋料理・中国料理・製菓のすべてのジャンルについて学ぶことができ、幅広い知識・技術を習得し、現場で活躍できる人材へと成長していくことができます。
日本料理は鮨や鰻、西洋料理はワインやカクテルなどの授業もおこなうため、広い視野を持つことができ応用力も身に付けることが可能です。
少人数制なので学生一人ひとりに対してじっくりと丁寧に指導してくれるため「技術を覚えるのに時間がかかる」「1人だけ遅れそう」など不安がある人でも安心です。
2年制の「調理師専修科」では、1年目には各ジャンルの基礎技術を中心に学び、2年目にはそれぞれ専門的な料理をマスターします。
ワインやカクテル、製菓、麺類、コーヒー、フードコーディネートなど多彩な知識・技術を学ぶ機会もあり広い視野が身に付きます。

卒業と同時に試験免除で取得する調理師免許だけでなく、フードアナリストや食育インストラクター、食品技術管理専門士、調理師専門学校助手資格などの資格も取得可能です。
1年制の「調理師本科(昼間部)」では、各ジャンルの料理の調理実習をすべておこないます。
栄養学や食品学、調理理論、食文化概論なども学ぶため、調理を本質から理解でき、調理師免許やフードアナリスト、食文インストラクターの資格が取得可能です。
そして、2年制の「調理師本科(夜間部)」は、仕事や別の学校との料理が可能なコースで、週3日授業で知識・技術を身に付けます。
長年築き上げてきた実績やネットワーク、さらに幅広いジャンルの勉強ができる学校だからこそ、和洋中の飲食店やブランジェ、パティシエ、フードコーディネーター、ソムリエ、ブライダルアドバイザー、食品会社など、大企業から個人経営店までさまざま求人が集まり、希望分野への就職が可能です。

クラス担任制で、学生のことを1番わかっている担任と就職実習担当者が二人三脚で就職指導・アドバイスをおこなうため安心ですし、困ったことがあれば何でも相談できます。
クラス担任制で、学生のことを1番わかっている担任と就職実習担当者が二人三脚で就職指導・アドバイスをおこなうため安心ですし、困ったことがあれば何でも相談できます。
授業だけでなく、体育祭や社会活動、グルメピック・校内選手権、調理祭、雪国研修などもあり、同じ目標を持った仲間たちと一緒にさまざまなキャンパスライフを過ごし、たくさんの思い出を作れる学校になっています。

新宿調理師専門学校
 調理師専修科の学費

昼間課程 合計:2,679,000円

1年次

◆入学金   :150,000円
◆授業料   :690,000円
◆実験実習費 :360,000円
◆施設費   :120,000円
◆諸費用   :148,000円
◆初年度合計:1,468,000円

2年次

◆授業料   :690,000円
◆実験実習費 :360,000円
◆施設費   :120,000円
◆諸費用   : 41,000円
◆2年次合計:1,211,000円

新宿調理師専門学校
 調理師本科(昼間部1年制)の学費

昼間課程 合計:1,468,000円

1年次

◆入学金   :150,000円
◆授業料   :690,000円
◆実験実習費 :360,000円
◆施設費   :120,000円
◆諸費用   :148,000円
◆初年度合計:1,468,000円

新宿調理師専門学校
 調理師本科(夜間部2年制)の学費

夜間課程 合計:1,028,000円

1年次

◆入学金   :100,000円
◆授業料   :160,000円
◆実験実習費 :180,000円
◆施設費   : 50,000円
◆諸費用   :148,000円
◆初年度合計:638,000円

2年次

◆授業料   :160,000円
◆実験実習費 :180,000円
◆施設費   : 50,000円
◆2年次合計 : 390,000円

新宿調理師専門学校のイメージ画像

キャンパスライフ

新宿調理師専門学校
 アクセスマップ

〒160-0023 東京都新宿区西新宿6丁目5-3
西武新宿線「西武新宿駅」より徒歩8分
東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」より徒歩3分
都営大江戸線「都庁前駅」より徒歩5分

掲載者情報

新宿調理師専門学校の特徴、学科、学費、資格、評判を徹底解剖!
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年05月31日 12:00
◆更新日:2018年05月31日 12:00

Copyright 2018
 - 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

Λ B!