専門学校東京アナウンス学院の特徴

専門学校東京アナウンス学院は、エンターテインメント業界で活躍できるキャストを育成する専門学校です。卒業生にはタレントの土田晃之、柳原可奈子、声優のゆきのさつき、寺島拓篤など有名人を排出しています。
基礎から学べるパフォーマンス系授業が豊富にそろっており、プロダクション担当者を審査員に招いた学内オーディションなど、デビュー支援も充実しています。放送声優科は日本初の本格的声優教育機関として誕生。
40年以上の歴史ある指導ノウハウで実力派声優を育成しています。声優プロダクションによる特別講座や模擬オーディション、大手劇団の演出家や俳優によるワークショップ、活躍中の声優による特別講座など、通常
の授業以外に実施しています。現場からの新鮮な情報を得ることができ、デビューにつながる絶好の機会になっています。ヴォーカルやダンス、ナレーション、ラジオドラマ、殺陣、紙芝居など多彩なレッスンから自分の
目指す方向性に合わせて学べるようになっています。芸能バラエティ科はお笑い・バラエティ・歌手の3コースを設け、基礎を学びながら発表の場でパフォーマンスを磨きます。学外ライブに参加し、実践を繰り返すことで

表現のクオリティを上げて底力を身につけていきます。漫才・バラエティ番組演習・レコーディングワーク・ヴォーカルレッスンのほか、プロの作曲家から提供された楽曲に学生たちが作詞、出演、編集まで手がけてミュージック
ビデオの制作をしており、学生にとって大きなデビューチャンスになっています。演技科は映画・テレビ・舞台など幅広いジャンルで活躍できる俳優になるための環境が整っています。発生・滑舌・感情表現といった演技者の基本を
学びつつ、プロの俳優や映画監督・舞台演出家から映像演技・舞台演技を学びます。多岐にわたるカリキュラムから地震に合うものを選択でき、さまざまなオーディションにチャレンジし在学デビューを目指しています。
アナウンス科はアナウンサー・リポーター・ラジオパーソナリティーなど、話して伝えるスペシャリストを育てています。プロダクションに所属し各局で活躍する方も多く、そうしたフリーアナウンサーの育成に力を注いでいます。
発生・滑舌・読解力・表現力を身につけるきめ細かい指導を行なっています。ダンスパフォーマンス科はヒップホップ・ハウス・ポップ・ロック・ジャスが必修となっており、第一線で活躍中の一流ダンサーが直接指導しています。

クラス担任制でダンス業界の今を伝えながら、きめ細かい指導とデビュー支援を行なっています。

専門学校東京アナウンス学院
 昼間課程の学費

在学中の総額:2,553,610円

1年次

◆入学金  :200,000円
◆授業料  :740,000円
◆実習費  :200,000円
◆設備維持費:230,000円
◆生徒諸費 :13,610円
◆初年度合計:1,383,610円

2年次

◆授業料  :740,000円
◆実習費  :200,000円
◆設備維持費:230,000円
◆2年次合計:1,170,000円

専門学校東京アナウンス学院のイメージ画像

施設・設備

キャンパスライフ

専門学校東京アナウンス学院
 アクセスマップ

〒164-0013 東京都中野区弥生町1-38-3
都営地下鉄大江戸線「西新宿五丁目駅」下車徒歩8分
新宿駅西口より京王バス17番のりば(永福町行、佼成会聖堂前行、佼成病院行)「本町四丁目」バス停下車徒歩1分

掲載者情報

専門学校東京アナウンス学院の特徴、学科、学費、資格、評判を徹底解剖!
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年05月26日 23:00
◆更新日:2018年05月26日 23:00

Copyright 2018
 - 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

Λ B!