代々木アニメーション学院の特徴

代々木アニメーション学院は、創立40年、加速する業界の変化を敏感にキャッチし、学科・カリキュラム・設備などを対応させることで業界の先頭を走り続けてきました。日本では年間200本のアニメが制作されており、
のべ12万人の卒業生がほぼすべての作品に関わっています。エンタメ学部ではアニメ中心に活躍する声優や歌手・舞台役者を育成します。長く活躍できる声優になるために、声で全てを表現する音声表現力や歌唱表現力、
演技力を養っていきます。声優アイドルや2.5次元俳優になるためには演技、歌、ダンスなど全身で表現する技術などを養います。アニメ・ゲーム学部では、プロとして即戦力で使える技術を習得したり、アニメ監督や美術監督、
音響監督などへの道を切り開いていきます。クリエイター学部では、それぞれの持つ才能をひきだし、世界で活躍できる人材を育てます。早くからアニメ業界に関わる勉強がしたいという方にためには、専門の勉強と高校の勉強
を並行して行うことのできる高等部があります。卒業時には、代々木アニメーション学院の修了証と高校卒業資格が同時に取得できます。代アニの総合プロデューサーは秋元康氏。コアニメおよびエンターテインメント業界の発展

に取り組むために、小室哲哉氏、つんく氏、指原莉乃氏の4名がプロデューサーに就任しています。代アニは上場企業に所属する専門教育機関なので、盤石な経営基盤の下、安心して学ぶことができます。学校の他にも
劇場やライブホールを運営しています。在学生にもプロのミュージカルやライブステージへの出演機械があります。他にも各業界との制作協力を通じて、プロの現場を経験することができます。学生だからという妥協ができない
環境で経験を積むことで、ひとりひとりをプロへと導いていきます。全国にある8校舎で同水準の教育を行っているので、地方にいても同じように学ぶことができます。夢をかたちにするサポート体制も整っており、完全担任制に
よる責任指導、卒業後も就職・デビューのサポートをしています。業界との山岳共同で年間500もの就職・デビューチャンスを提供、また随時大手出版社による個別審査会なども行っており、チャンスを広げています。
劇場やライブホール関連施設でのアルバイトを学生から募集し、在学中からプロにより近い環境での経験を積めるようにしています。

代々木アニメーション学院
 エンタメ学部の学費

在学中の総額:2,580,000円

1年次

◆入学金  :200,000円
◆授業料  :680,000円
◆実習費  :210,000円
◆施設維持費:300,000円
◆初年度合計:1,390,000円

2年次

◆授業料  :680,000円
◆実習費  :210,000円
◆施設維持費:300,000円
◆2年次合計:1,190,000円

代々木アニメーション学院
 高等部の学費

在学中の総額:3,920,000円

1年次

◆入学金   :200,000円
◆授業料   :680,000円
◆実習費   :210,000円
◆施設維持費 :300,000円
◆高等部指導費:50,000円
◆初年度合計:1,440,000円

2年次

◆授業料  :680,000円
◆実習費  :210,000円
◆施設維持費:300,000円
◆生徒諸費 :50,000円
◆2年次合計:1,240,000円

代々木アニメーション学院
 アニメ・ゲーム学部/クリエイター学部の学費

在学中の総額:2,640,000円

1年次

◆入学金   :200,000円
◆授業料   :680,000円
◆実習費   :210,000円
◆施設維持費 :330,000円
◆初年度合計:1,420,000円

2年次

◆授業料  :680,000円
◆実習費  :210,000円
◆施設維持費:330,000円
◆2年次合計:1,220,000円

代々木アニメーション学院のイメージ画像

施設・設備

キャンパスライフ

代々木アニメーション学院
 アクセスマップ

〒161-0061 東京都千代田区神田三崎町1-3-9
中央総武線「水道橋駅」徒歩1分
都営三田線「水道橋駅」徒歩3分
「神保町駅」徒歩5分・「九段下駅」徒歩10分・「後楽園駅」徒歩12分

掲載者情報

代々木アニメーション学院の特徴、学科、学費、資格、評判を徹底解剖!
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年05月27日 23:00
◆更新日:2018年05月27日 23:00

Copyright 2018
 - 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

Λ B!