横浜システム工学院専門学校の特徴

横浜システム工学院専門学校は第三者機関に評価された職業実践教育で学べます。
”手に職”の現代において、必ず即戦力となる力が身につく授業が受けられ、大学生よりも2年早く希望する企業へ就職することができます。
情報サービス分野で活躍できる人材教育に特化し、外部コンテスト参加、産学コラボ、インターンシップなどの実践的な体験ができます。
自身と自主性を育てる教育を行っており、一定の質保証がされた専門学校として非常に優秀です。
アクティブラーニングの手法や産業界と連携した実践的な学びを通して、楽しみながら専門力を身につけることができます。

高校までの受験勉強的なスタイルではなく、ディスカッションやプレゼンテーションなど、学生の能動的な学習を重視しているので、今後必要となっていく、知識や技術を修得できます。
ここでしか出来ない共同開発や校外授業などさまざまな経験ができます。
連携企業と協力しながら、さまざまな課題に挑戦することで、より実践的に学んでゆきます。
クラス全体を1つのプロジェクトとして、設計書をもとにプログラミングからテストまでを行う実践的授業や、コミュニケーションロボットPepperを使った共同開発などの他にも、企業見学や校外授業などさまざまな経験を積むことができます。
体験しながら学んだことを確実に身につける実技先行で、”体得型”の教育を行っています。

横浜システム工学院専門学校の強みは、いろんな技術的な体験ができて、資格も取れて、専任スタッフとキャリアアドバイザーが就職を真剣にバックアップしてくれるとこです。
入学と同時に就職に向けた準備が始まります。1年次から自己分析や業界研究、言葉遣いなどを含めたビジネスマナー、応募書類の書き方などを学びます。
また、企業の経営者や人事担当者を招いての業界セミナーなども開催しています。なので就活で慌てずに落ち着いて取り組めます。
今後期待されるAIについても学べるので、就職の幅は広く、新しいことにチャレンジし続けられます。
また奨学サポートとして、スペシャリストを目指す女子学生に対しての給付もあります。

自宅から通学が困難な方は賃貸補助として学費が24万円免除されます。
経済的に学費の納入が厳しい方は延納制度もあります。
なのでお金に困らずに学ぶことができます。

横浜システム工学院専門学校
 商業実務専門の学費

昼間課程 合計:1,526,000円

1年次

◆入学金   :120,000円
◆授業料   :650,000円
◆教材費   : 30,000円
◆生徒諸費  : 12,000円
◆卒業諸費  : 11,000円
◆初年度合計:823,000円

2年次

◆授業料   :650,000円
◆教材費   : 30,000円
◆生徒諸費  : 12,000円
◆卒業諸費  : 11,000円
◆2年次合計:703,000円

横浜システム工学院専門学校
 工業専門の学費

昼間課程 合計:1,606,000円

1年次

◆入学金   :180,000円
◆授業料   :660,000円
◆教材費   : 30,000円
◆生徒諸費  : 12,000円
◆卒業諸費  : 11,000円
◆初年度合計:893,000円

2年次

◆授業料   :660,000円
◆教材費   : 30,000円
◆生徒諸費  : 12,000円
◆卒業諸費  : 11,000円
◆2年次合計:713,0000円

横浜システム工学院専門学校
 アクセスマップ

〒〒241-0826 神奈川県横浜市旭区東希望が丘128-4
最寄り駅 : 相鉄線・希望ヶ丘駅

掲載者情報

横浜システム工学院専門学校の特徴、学科、学費、資格、評判を徹底解剖!
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年05月31日 12:00
◆更新日:2018年05月31日 12:00

Copyright 2018
 - 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

Λ B!