辻調理師専門学校の学費について

辻調理師専門学校

辻調理師専門学校の概要

辻調理師専門学校は「つくる力」と「考える力」を育む調理師専門学校です。
学生の中には一人暮らしを始める方も多く、悩みを抱える方も多く居ます。
そこで辻調理師専門学校は専任スタッフや担任制を採用し、毎日の授業におけるケアも徹底しています。
就職指導やキャリアカウンセリング制度も充実しており、自分に合った職場に進めるよう、早い段階からサポートを行っています。
また、スクールコンシェルジェでは、スマートフォンやPCなどで時間割や出欠状況、履修状況を確認できます。
また、「教わったことをそのまま真似する」だけでなく、「講習」と「実習」をリンクさせた授業システムを確立することにより、より実践的な力を養成し、即戦力となれる人材の養成に努めています。

辻調理師専門学校の学科・コース

辻調理師専門学校の学科にはまず「高度調理技術マネジメント学科(3年制)」があります。
「つくる力」と「考える力」の両方を学ぶことができ、食品技術管理専門士などの資格を取得できます。
「食」が持つ可能性を最大限に発揮し、世界的に活躍する人材の養成を目指しています。

「調理技術マネジメント学科(2年制)」は2年間で料理に関する専門性を高め、各自が望む夢を実現することを最大の目標にしています。
1年次に基本技術を習得し、2年次に「西洋料理、日本料理、中国料理」の中から目指すジャンルを絞るという方針で、幅広いジャンルに興味があり、入学時には決められないという方にもぴったりの学科です。

「調理師本科(1年制)」は基礎を徹底的に学べるコースで、フランス、イタリア、日本、中国、製菓というあらゆるジャンルを1年という短期間で学び、全てのジャンルの基礎的な技能を身につける学科です。
将来の夢、進路などの「料理を学ぶ目的」によってクラスを選ぶことができるのも大きなポイントです。

「日本料理クリエイティブ経営学科(2年制)」は1年次に日本料理の技術と知識を習得し、基礎を固めます。
そして2年次に日本料理の世界において近年、重要視されている「グローバルな視点」「想像的思考」「経営能力」を養成し、日本料理を更に発展させ、世界中に「日本料理の可能性」を発信できる人材の育成を目指します。

「日本料理本科(1年制)」はとにかく日本料理に特化した1年間を過ごすカリキュラムとなっています。
基礎の基礎から徹底的に学び、1年間で日本料理点の即戦力として活躍できる人材の育成を目指します。
在校生も「包丁を手にしない日は無い」と話すほど濃密で、日本料理のことだけを考える1年間になります。

辻調理師専門学校の学費内訳

辻調理師専門学校の学費は、まず高度調理技術マネジメント学科が1年次に入学金 250,000円、教育充実金が100,000円、授業料1,026,000円、実習費540,000円と、合わせて1,916,000円となり、2年次が教育充実金50,000円、授業料が1,040,000円、実習費が560,000円となり、合わせて1,650,000円。
3年次は教育充実金が2年次と同じ50,000円、授業料が1,034,000円、実習費が440,000円で、合わせて1,524,000円で、3年間で5,090,000円となっています。

調理技術マネジメント学科と日本料理クリエイティブ経営学科は同じ内訳で、1年次が入学金 250,000円、教育充実金が100,000円、授業料が1,026,000円、実習費が540,000円で合計1,916,000円。
2年次が教育充実金50,000円、授業料1,200,000円、実習費が624,000円と、合わせて1,874,000円で、2年間の学費は合わせて3,790,000円となっています。

調理師本科(調理クラス・キャリアクラス)と日本料理本科は入学金250,000円、教育充実金が100,000円、授業料が1,090,000円、実習費が730,000円で、合計2,170,000円です。

辻調理師専門学校のならではの費用(教材費や実習・海外研修等)

高度調理技術マネジメント学科、調理技術マネジメント学科と日本料理クリエイティブ経営学科は教科書代や白衣、包丁セットや授業用のパソコンなどの諸経費が合わせて3年間で270,000円ほどかかります。

調理師本科(調理クラス・キャリアクラス)と日本料理本科はそれぞれ調理師本科が155,500円、日本料理本科は110,000円程度諸経費がかかります。

辻調理師専門学校で使える奨学金について

辻調理師専門学校では、貸与型のみ日本学生支援機構の奨学金が利用できます。
また、料理検定・菓子検定で優秀な成績を修め、将来有益な人材となる見込みのある方への修学を支援する制度として、「料理検定・菓子検定資格特待生奨学金」があり、入学前の申請で100万円が給付されます。
また、AO入試で入学が決定している学生で、成績優秀でありながら、経済的に修学困難な事情がある方を対象とした奨学金制度に「学費支援奨学金制度」と「授業料減免奨学金制度」があり、それぞれ30万円の給付、50万円程度の学費の減免制度があります。
また、フランス校入学に向け、留学前の努力を評価する奨学金制度として、「フランス校留学奨学金制度」などもあり、こちらは30万円が給付されます。