HOME職業一覧 > アクチュアリー

アクチュアリーになるには

高校生がアクチュアリーになるには他の職業と比べると少し特殊となっていて、公益社団法人日本アクチュアリー会が実施しているアクチュアリー資格試験に合格する必要があります。試験に合格しただけではアクチュアリーになることが出来ない点には注意が必要であり、試験に合格した後に日本アクチュアリー会の正会員として登録すれば、晴れてアクチュアリーとして働くことが出来るようになります。

しかし、ここで問題となるのはアクチュアリー試験の難易度です。アクチュアリー試験の難易度は非常に高く、生半可な知識では到底合格することは出来ない高難度の試験を突破しなければなりません。

試験範囲も広く、1次試験と2次試験が行われていますが1次試験に合格しなければ2次士試験を受けることが出来ません。1次試験は数学、生保数理、損保数理、年金数理、会計・経済・投資理論の5科目が出題されますが、全ての科目に合格しなければならないなど1次試験を突破するだけでも非常に時間がかかります。

もし1次試験を突破することが出来れば2次試験が受けられますが、その内容は生保、損保、年金のいずれかを選び、その中で専門的な知識が試される2科目が出題されます。これら全ての科目は筆記試験となっていますが、膨大な量の基礎知識から専門知識まで学ばなければならない為、アクチュアリーになるまで何年も要することも珍しくありません。

アクチュアリーになる為の試験を高校生のうちに受験するのは不可能なので、大学に進学してから試験を受けることになります。ただし、4年制大学で休学期間を除いて2年以上在学しており、単位を62以上取得していることが条件です。在学中も気が抜けない職業ですが、学部や学科の制限はありません。

なお、1次試験では全ての科目に合格する必要があると説明しましたが、これは一度に全ての科目に合格する必要はありません。1科目ずつ試験を受けて確実に合格することを目指していれば、いずれ全ての科目に合格してアクチュアリー会の準会員になることが可能です。

元々非常に難しい試験なので、焦らずしっかりと専門知識を学んでアクチュアリーを目指すのが基本となるでしょう。

アクチュアリーの仕事内容

保険数理人とも呼ばれるアクチュアリーの主な仕事は、不確定要素が強い一人一人の将来の動向を予測し、保険や年金の適性な支払い金や掛け金を決定することです。

基本的に一人一人の将来の動向を予測するにあたり、病気や事故に遭う確率や寿命に関する確率なども予測しなければならないので容易に予測出来るものではありません。しかし、アクチュアリーは確率論や統計学に関する専門的な知識を持っている為、数多くの不確定要素からデータを算出し、お客に適性な数字を見せることが出来ます。

簡単に言えばお客一人一人に適した将来に応じた金額を算出するのが仕事ですが、その背景には死亡率や自殺率、政治、国の景気など数多くのデータを分析して将来的に起こり得ることを予測する大変な作業が行われています。

お客にとって適正な保険金額は非常に重要なものですし、自分が将来起こり得る事柄に合った保険商品が提供されれば、とても魅力的に感じるものです。つまり、アクチュアリーは保険会社の健全な経営を支えると共に、様々なお客にとって魅力となる保険商品を開発する職業なのです。

アクチュアリーの収入

アクチュアリーが得られる収入は他の職業と比べても高い傾向にあります。

基本的には勤務先や役職、勤続年数によって変わりますが、年収1000万を超えることも夢ではありません。アクチュアリーは国内よりも海外で高く評価されている職業なので、外資系の企業であれば年収2000万から3000万もの収入を得ることも十分に可能です。

難しい試験を突破しただけあって即戦力になれる職業ではありますが、アクチュアリーになった後でも努力が必要なことに変わりはありません。待遇面でも恵まれているとはいえ、アクチュアリーは実力が物を言う職業なので、専門知識を磨くのはもちろん他のスタッフとのコミュニケーション能力や、場合によっては語学力も必要です。

身に付けたスキルの分だけ多く収入が得られるでしょう。

アクチュアリーの評判

アクチュアリーを目指す人はまだまだ少ないので評判も良くないかと思われるかもしれませんがそんなことはなく、むしろ良い傾向にあります。

アクチュアリーは専門性の高さや需要が非常に高く、収入面や待遇面などでも優遇されていることからかなり働きやすい職業です。活躍の場も広い為、努力次第で収入も多く得られるでしょう。

アクチュアリーの将来性

アクチュアリーの将来性は今後も高くなるでしょう。

アクチュアリーは需要が高いだけでなく、有資格者の数も未だ少ない状況なので資格が取得出来ればほぼ確実に就職先を見つけることが可能です。基本的に保険や年金に関わっていく職業ではありますが、外部コンサルタントや海外での独立開業など様々な将来性があります。

今後とも様々な側面から活躍出来る職業として将来性を発揮してくれるでしょう。

掲載者情報

アクチュアリーになるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年1月4日 15:40
◆更新日:2018年1月4日 15:40

Copyright 2017 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

Λ B!