HOME職業一覧 > 航空管制官

航空管制官になるには

航空管制官になるには、まずそもそも何をすればいいのでしょうか?試験や免許は?なるために絶対にかかる期間は?学校は?条件はあるの?などなど、まずはこれらの疑問について解説していきます。
航空管制官は国家公務員であり、なるためには航空管制官採用試験を受ける事が不可欠です。
試験に合格して採用されると国土交通省の職員となり、その後は航空保安大学校へ入学し、1年間の基礎研修を受けます。採用試験では、業務でも必要となる語学力や記憶力が試され、倍率は30倍近くになる事もあります。
年齢制限だけで学歴は問われませんが、長期間の訓練を重ねる必須があるため、根気と強い精神力が求められます。

航空管制官の仕事内容

この航空管制官という仕事はどんな仕事か、想像したことはありますか?何か知っていることはありますか?
航空管制官は、空港の航空管制塔などからレーダーや無線電話を利用し、フライト中のパイロットに反対に飛行ルート等の指示や情報を出す業務です。
航空機は自由自在に飛んでいるように見えますが、他の航空機との衝突や悪天候のスポットを避けられるよう、航空管制官がいつも飛行状況を見定めし、誘導しているのです。
一人の管制官がいくつもの航空機に次々と指示を出していくため、業務中はいつも緊張感を持っていなければなりません。

航空管制官の収入

航空管制官として生きていくと、大体1ヶ月あたりのお給料はどのくらいで、年間あたりどのくらいの年収になるのでしょうか?そしてボーナスや昇給も、今のうちから気になる!という人もいるかもしれませんね。ここでは航空管制官の年収や収入、いくらくらいお金を得られるのかについて解説していきます。

航空管制官は、国家公務員の中でも専門性の高い業務中身であるため、「行政職」の俸給表に基づく月給が支払われます。
年齢が上がると収入は大きく上乗せしていき、30歳前後の平均年収は450万円を超え、50代になると850万円以上の収入を得る事ができます。
さらに、各種手当なども満喫しており、安定性は高いと言えるでしょう。
けれども、人の命を左右する肝心な業務であるため、集中力と責務感が不可欠であり、ストレスも大いに大きな業務です。

航空管制官の評判

あなたのイメージとして、航空管制官はどんな印象を持っていますか?そして、周りの人は航空管制官という仕事に対してどんなイメージを持っていると思いますか?また、実際のところ航空管制官の評判はどのような感じなのでしょうか?ここでは航空管制官の評判について解説していきます。あなたが持つ航空管制官のイメージと同じか、それとも違うのか、そんな部分にも目を向けてみてくださいね。
航空管制官とパイロットの通信はすべて英語で行われるため、嫌でも定期的英語を使わなければなりません。
そもそも英語があまり優れているでない人は、航空管制官になってからも本気で勉学をしているそうです。やはりそれ以外のスキルがついても、英語を使って意思疎通が図れないと絶妙に業務が進みません。学生のうちに可能な限り英語力を磨いておく事は、きっと航空管制官になってから役に立つでしょう。

航空管制官の将来性

将来性はどうなのでしょうか?ここでは航空管制官の将来性について解説していきます。

最近、航空業界は格安航空企業の登場など色々な移り変わりが起こっていますが、どのような状況においても、航空管制官は需要のある業務です。
高度な仕組みを扱う事は一朝一夕に可能なものではないため、整然と訓練を重ねた航空管制官は、安定して働いていく事が可能なでしょう。
女の航空管制官も増加しており、定年まで働き続ける人も多々あるようです。
なるまでの道のりは険しいものですが、放棄しない心の内で学習を続ける事が重要です。

掲載者情報

航空管制官になるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年5月27日 17:45
◆更新日:2018年5月27日 17:45

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!