人気学校ランキング建築・工学 1~10位

1位:青山製図専門学校

(諸費用は除く)
建築工学科:3,211,800円
建築設計デザイン科:2,221,200円
建築インテリア工学科:3,338,880円
商空間デザイン科:2,305,920円
建築インテリアデザイン科:2,305,920円
建築科(夜間):980,000円
インテリア工学科(夜間):980,000円
建築設計研究科:1,110,600円

各年度 学費
建築工学科 1年次:1,230,600円
2年次:990,600円
3年次:990,600円
■諸費用
1年次:256,989円
2年次:236,760円
3年次:471,55円
建築
設計デザイン科
1年次:1,230,600円
2年次:990,600円
■諸費用
(建築デザインコース)
1年次:256,929円
2年次:268,360円
(環境デザインコース)
1年次:256,929円
2年次:271,600円
建築
インテリア工学科
1年次:1,272,960円
2年次:1,032,960円
3年次:1,032,960円
■諸費用
1年次:265,670円
2年次:286,085円
3年次:69,255円
商空間
デザイン科
2,305,920円
1年次:1,272,960円
2年次:1,032,960円
■諸費用
1年次:307,335円
2年次:317,685円
建築インテリア
デザイン科
1年次:1,272,960円
2年次:1,032,960円
■諸費用
1年次:262,670円
2年次:346,980円
建築科
(夜間)
1年次:550,000円
2年次:550,000円
■諸費用
1年次:63,210円
2年次:48,365円
インテリア工学科
(夜間)
1年次:980,000円
2年次:980,000円
■諸費用
1年次:275,720円
2年次:93,245円
建築設計研究科 1年次:1,110,600円
■諸費用
1年次:54,140円

2位:浅野工学専門学校

建築工学科(4年制)高度専門士[大学院入学資格付与]:3,890,000円
建築デザイン科(2年制):1,960,000円

各年度 学費
建築工学科(4年制)高度専門士[大学院入学資格付与] 初年度納入金:1,160,000円
建築デザイン科(2年制) 初年度納入金:1,080,000円

3位:日本電子専門学校

◆コンピュータグラフィックス科
◆CG映像制作科
◆ゲーム制作科
◆ゲーム企画科
◆アニメーション科
2,542,000円

◆コンピュータグラフィックス研究科
◆ゲーム制作研究科
◆アニメーション研究科
3,814,000円

◆Webデザイン科
◆グラフィックデザイン科
2,452,000円

◆ケータイ・アプリケーション科
◆ネットワークセキュリティ科
2,452,000円

◆情報ビジネスライセンス科
◆情報処理科
◆情報システム開発科
2,438,000円

◆高度情報処理科
3,690,000円

◆高度電気工学科
3,406,000円

◆電気工学科
◆電子応用工学科
2,282,000円

◆電気工事技術科
2,316,000円

【夜間部】
◆電気工事士科
706,000円

◆ゲーム制作科
◆ネットワークセキュリティ科
◆情報処理科
◆電気工学科
1,312,000円

各年度 学費
高度電気工学科 初年度納入金:1,256,000円
電気工学科 初年度納入金:1,236,000円
電気工事技術科 初年度納入金:1,256,000円
電子応用工学科 初年度納入金:1,236,000円

4位:創造社デザイン専門学校

【昼間部】
専門課程 産業デザイン学科: -
産学接続デュアルコース 産業デザイン学科: -
【夜間部】
専門課程 産業デザイン学科: -
産学接続デュアルコース 産業デザイン学科: -

各年度 学費
【昼間部】
専門課程
産業デザイン学科
初年度:1,080,000円
【昼間部】
産学接続デュアルコース
産業デザイン学科
初年度:1,200,000円
【夜間部】
専門課程
産業デザイン学科
初年度:720,000円
【夜間部】
産学接続デュアルコース
産業デザイン学科
初年度:840,000円

5位:中央工学校 OSAKA

【工業専門課程(昼間)】
建築学科(4年制):4,298,000円
建築工学科(3年制):3,278,000円
建築設計科(2年制):2,258,000円
木造建築科(2年制):2,258,000円
建築設備設計科(2年制):2,258,000円
建築室内設計科(2年制):2,258,000円
インテリアデザイン科(3年制):3,278,000円
インテリア科(2年制):2,258,000円
エンターテインメント設営科(2年制):2,258,000円
都市環境学科(4年制):4,298,000円
土木建設科(2年制):2,258,000円
造園デザイン科(2年制):2,258,000円
測量科(1年制):1,238,000円
地理空間情報科(1年制):1,238,000円
3D-CAD科(2年制):2,258,000円
【工業専門課程(夜間)】
建築科(2年制):873,000円
土木科(2年制):873,000円
測量科(2年制):873,000円
各年度 学費
工業専門課程
(昼間)
1学年:1,238,000円
2学年:1,020,000円
3学年:1,020,000円
4学年:1,020,000円
工業専門課程
(夜間)
1学年:513,000円
2学年:360,000円

6位:総合学園ヒューマンアカデミー

◆コミュニケーションコース
合計:―円
◆ファブリケーションコース
合計:―円

コミュニケーションコース

修業年限:2年制
定員数:―
初年度納入金:―

ファブリケーションコース

修業年限:2年制
定員数:―

7位:神戸電子専門学校

建築インテリアデザイン学科:2,360,000円

※教材等、その他諸費用に関して
・入学後、教科書教材費が必要です。
1年次:40,000円~165,000円、2年次:7,500円~91,000円、3年次:13,200円~14,500円、4年次:5,450円(2013年度実績、学科により金額が異なります。)
・行事、イベントによっては参加費などの徴収を行なう場合があります。
・入学後、授業でノートPCを使用します。
・後援会費(年額6,000円)※後援会は保護者によって運営されるものです。
各年度 学費
建築インテリアデザイン学科 初年度:1,280,000円
2年次:1,080,000円

8位:大阪電子専門学校

◆電子工学科
合計:1,860,000円
◆情報エンジニア科
合計:1,860,000円
◆電気設備科
合計:2,170,000円

電子工学科

修業年限:2年制
定員数:80名
初年度納入金:1,230,000円

情報エンジニア科

修業年限:2年制
定員数:80名
初年度納入金:1,230,000円

電気設備科

修業年限:2年制
定員数:40名
初年度納入金:1,390,000円

9位:東京デザイン専門学校

インテリアデザイン科:2,260,000円
ディスプレイデザイン科:2,260,000円

各年度 学費
インテリア
デザイン科
1年次:1,220,000円
2年次:1,040,000円
ディスプレイ
デザイン科
1年次:1,220,000円
2年次:1,040,000円

10位:バンタンデザイン研究所

【2年制】
◆デザイン学科(東京)
合計:3,140,000円
◆デザイン学科(大阪)
合計:2,860,000円
◆フォトグラフィ学科(東京)
合計:3,140,000円
◆フォトグラフィ学科(大阪)
合計:2,860,000円
◆WSデザイン学科(東京)
合計:2,740,000円
◆WSフォトグラフィ学科(東京)
合計:2,740,000円
◆WSフォトグラフィ学科(大阪)
合計:2,700,000円

【1年制】
◆グラフィックデザイン(東京/大阪)
合計:3,200,000円
◆フォトグラフィコース(東京/大阪)
合計:3,200,000円
◆インテリアデザインコース(東京/大阪)
合計:3,200,000円
◆ボタニカル&フラワーデザインコース(大阪)
合計:2,300,000円

美容だけではなくファッションやデザインも学べるバンタンデザイン研究所。
美容師を目指すにしてもエステやメイク等の美容全般を狙うにしても、ランキングで欠かせないのがこの学校。
選択肢が多いから、もし進路に迷っていても相談しながら最適解へ進んでいける。


各年度 学費
東京

デザイン学科

修業年限:2年
定員数:20名
初年度納入金:1,620,000円

フォトグラフィ学科

修業年限:2年
定員数:15名
初年度納入金:1,620,000円

WSデザイン学科

修業年限:2年
定員数:20名
初年度納入金:1,420,000円

WSフォト学科

修業年限:2年
定員数:20名
初年度納入金:1,420,000円

グラフィックデザインコース

修業年限:1年
定員数:15名
初年度納入金:1,650,000円

WSフォトグラフィコース15名

修業年限:1年
定員数:15名
初年度納入金:1,650,000円

インテリアデザインコース

修業年限:1年
定員数:15名
初年度納入金:1,650,000円
大阪

デザイン学科

修業年限:2年
定員数:20名
初年度納入金:1,480,000円

フォトグラフィ学科

修業年限:2年
定員数:20名
初年度納入金:1,480,000円

WSグラフィック&イラスト学科

修業年限:2年
定員数:20名
初年度納入金:1,400,000円

グラフィックデザインコース

修業年限:1年
定員数:15名
初年度納入金:1,650,000円

WSフォトグラフィコース15名

修業年限:1年
定員数:15名
初年度納入金:1,650,000円

インテリアデザインコース

修業年限:1年
定員数:15名
初年度納入金:1,650,000円

ボタニカル&フラワーデザインコース

修業年限:1年
定員数:15名
初年度納入金:1,200,000円

建築・工学系の仕事について

◆建築系の仕事の種類(一部)

●CADデザイナー・CADオペレーター・CAD技術者
CADデザイナーの仕事は、クライアントからの依頼でお店やイベントブースなどの建築物や空間のデザインを提案し形にしていくことです。
実際のできあがりのイメージのグラフィックをコンピュータでつくり、それを元にしてプレゼンを行います。
そのグラフィックを作るために必要なのが「CAD(キャド)」なのです。キャドは、コンピュータ上で設計を行うシステムやソフトウェアを指すものです。
建築会社や工務店以外にも、様々な製品のメーカーのデザイン会社など活躍できる幅は広くあります。実務経験を積めば、フリーとして在宅で働くことも可能な仕事です。

●建築士
建築士の仕事は、建築法に基づき、戸建てのビルや集合住宅、ビルなどの建築物を設計する仕事です。様々な建物の設計図を描き、その設計図を元に建築現場で指揮・監督します。
建築士は、お客様からの依頼を受けたのち、予算や建物のイメージをヒアリングすることから始めます。
お客様の建物の使用目的などにより、建物のデザインは大幅にかわります。そしてヒアリングを終えてイメージを固めたあとは、そのイメージを図面に起こしていきます。分かりにくい場合、ミニチュアの模型を作ることもあります。
建築士の仕事はデザインのみにとどまらず、細かい内装や材料の材質、色なども細かく作りこんでいきます。
実際の工事に入ったら、工事現場の監督の仕事をすることもあります。設計どおりに進んでいるかなどを必要に応じて現場に足を運びながら細かく指示・修正します。
個人の設計事務所では殆どの流れを一人で行うこともありますが、大手設計事務所では、「構造設計」「設備設計」「意匠設計」と設計を分担し、担当を決めて作業をすすめることもあります。

●土木系研究・技術者
鉄道やトンネル、ダム、橋、上下水道などの建設の計画、調査、積算し工事現場の指揮を執るのが仕事です。
台風や地震などの自然災害が多い日本において、社会・経済活動を支える基盤を作る役割です。分野によっては専門性が求められますが、土木工事の全体的は流れとしては、計画・調査・設計・積算・施工といった形になります。
土木系研究者は施工系技術の研究を行い、土木系技術者は現場のリーダーとして指揮を執ります。
大規模で長期的な工事を行う仕事のため、強い責任感や計画性、持続的な集中力が求められます。

●測量士
土木工事や建築工事などの基礎となる測量調査を行う仕事です。工事予定地の地形調査や、工事中の建築物が計画通りに造られているかどうかを確認するために測量を行います。
また、地盤の変動の調査や地図の制作も測量士の仕事なので、その役割は多岐に渡ります。
測量結果によって開発計画を作成したり、建設条件を変更することもあるので、ミスの許されない、正確性が求められる仕事です。
仕事によってはグループで測量を行うこともあるので、正確性以外にも、協調性が求められることもあります。

●クレーン運転士
建設現場や火災現場などで用いられるクレーン車の運転をします。主にクレーン車は、吊り上げる荷物の重量が5トン以上の際に用いられます。
それ以外の用途として、消防士による火災現場での高所の消化や人命救助にもクレーンは利用されます。
クレーン運転士には、安全な作業のために注意力と繊細さが求められます。
クレーン運転士になるには、公益財団法人安全衛生技術試験協会が定める国家資格「クレーン・デリック運転士免許」「移動式クレーン運転士免許」のいずれかを取得する必要があります。
取得免許によっては扱えるクレーンや現場が異なります。

●インテリアコーディネーター
住宅、店舗、オフィス、公共施設などのインテリアについて、知識とセンスを活かし、適切にアドバイスをする仕事です。お客様が「どのような暮らしがしたいか」をヒアリングしてイメージプランを提供します。
インテリアコーディネーターはインテリアの深い知識を活用して照明器具の種類や壁紙の材質、キッチン設備などに関してお客様にピッタリのインテリアを提案します。依頼主にとってベストなものを探すお手伝いをするために、たくさんの知識を身につける必要があるのです。
資格がなければなれないというわけではありませんが、インテリアコーディネーター資格を取得することで、仕事のはばも何かと広がります。
資格試験は二次試験までありますので、決して合格率の高いものではありません。

◆機械・電気の仕事の種類(一部)

●電気工事士
ビル、工場、商店、一般住宅などの電気設備の安全を守るために工事の内容によって、一定の資格のある人でなければ、電気工事を行ってはならないことが、法令で決められています。
資格や免状が無くてもできる仕事もありますが、ほとんどは手元作業と呼ばれる先輩の補助作業に限られます。その他、荷物運びや現場の掃除などの単純作業のみになります。
電気工事士法では、第二種電気工事士の資格を取得すると、一般用電気工作物の電気工事の作業に従事することができます。このように、ある資格を持っていなくてはできない仕事を「業務独占」といいます。電気工事士の資格は、世の中に数ある業務独占資格のうちの一つです。

●インダストリアルデザイナー
インダストリアルデザイナーとは、大量生産を前提とした工業製品のデザインを手がけるデザイナーのことです。
携帯電話や車などの日常生活で利用する製品から、ショベルカーや風力発電機などの大型産業製品まで、様々なデザインを手がけるインダストリアルデザイナーが存在します。
見た目の美しさも重要ですが、それと同時に機能性に富んだデザインを追及する仕事です。
個人で働くというより、チームで製品を手がけることが多いため、コミュニケーション能力も求められます。有名デザイナーになれば、フリーランスでの活躍もあります。製品デザインに関して大幅な決定権が与えられます。
専門学校や大学の工業デザイン科で学び、メーカーやデザイン事務所に就職するのがインダストリアルデザイナーになる一般的な方法です。

◆建築士になるには

様々な職種があるこの分野ですが、ここでは建築士のなり方について解説していきます。
建築士になるには、国家試験に合格し、建築士の国家資格を取得する必要があります。高校・大学・専門学校などの土木科を卒業した場合、二級建築士や木造建築しの資格試験を受けるために数年間の実務経験を必要としますが、大学・短大・専門学校などの建築学科を卒業すれば、実務経験なしで資格試験を受験することが可能です。
さらに一級建築士を目指す場合、多くの人は、建築設計事務所や建設会社などに勤めながら実務経験を積んで資格試験に臨みます。
建築士の試験は大変難しいことで知られており、建築士をめざす人の多くが最初に受けることになる「二級建築士」も決して合格率は高くありません。全体としての合格率は23.1%となり、およそ5人に1人の合格ということになります(平成24年実績)。
合格率の低さから、独学で目指す人は少数派です。独学で建築士を目指す人が少ない理由として、設計製図の試験があります。
製図の仕方はやはり、プロとして活躍する建築士の目で見てもらいアドバイスしてもらうことがとても重要になってきます。
学校に通わない場合はプロの設計士との関係を作るなどして試験に取り組むのが近道です。確実に合格を目指したいのなら、やはり建築関係の学校に通うのが無難といえます。

◆専門学校選びの注意点

建築系の学校の種類としては、上記で紹介した通り、大学、短大、専門学校など様々ありますが、今回は専門学校の選び方をご紹介します。
ポイントとしては、「実習の時間数が多いか」「講師陣のレベルは高いか」「業界とのパイプが太く就職率は高いか」「資格取得のためのサポートは手厚いか」などがあります。
建築士の専門学校に通うにあたり、メリットとしては、カリキュラムに沿って勉強を進めるので、働きながらでも学べるというこうとです。働きながら資格取得を目指すなら、専門学校には夜間部があるのでおすすめです。
そして、就職が安心なのも専門学校の大きなメリットです。建築業界は大学などに比べ、その業種に特化しているので、就職や資格取得に対して非常におもきを置いています。最短で建築士資格を取得したいなら、専門学校がオススメです。

掲載者情報

建築・工学専門学校ベスト10
専門学校・スクール学費ランキング
【最新!2019年度版】
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2013年4月01日 18:30
◆更新日:2018年9月27日 15:35

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

Λ B!