HOME職業一覧 > 考古学者

考古学者になるには

考古学者になるには、まず何をすれば考古学者になれるのでしょうか?試験や必要な免許はあるのか?どれくらいの期間でなれるのか?どんな学校にいけば良いか?などの疑問について解説していきます。

人類がどういう文化を築いてきたかや活動と変化などを研究し解明していくのが考古学者ですが、考古学者になる為には高校卒業した後に大学へ入学し、その次に大学院を経て学者になるのが一般的です。大学の文学部や歴史学科に入ると良いでしょう。他にも博物館に勤める方法もあります。博物館で働くのであれば博物方に定められた学芸員という資格を取得し必要があります。考古学者は外に出て遺跡を発掘するということが多いので体力が必要になります。

考古学者の仕事内容

この考古学者という仕事はどんな仕事か、想像したことはありますか?何か知っていることはありますか?何となくやってみたい、かっこよさそうと仕事内容を知りたいと思っている人もいるのではないでしょうか。

考古学者としての仕事内容は遺跡を発掘したり、遺構を調べることです。また調べたものに対しての研究を行い論文にしたり報告をします。人類の築いてきた文化の後を追うということが主な仕事内容といえます。他にも大学の教員になり考古学の講義をすることや博物館で学芸員となり働いたり、教育委員会で文化財の専門家として働くことや教育委員会で文化財の専門家として働くこともあります。

考古学者の収入

考古学者の皆さんは1ヶ月あたりどのくらいのお給料をもらっているのでしょうか?年収はどれくらいになるのでしょうか?そしてボーナスや昇給も今のうちから気になる!という人もいるかもしれませんね。ここでは考古学者の年収や収入について解説していきます。

考古学者という企業はありませんので考古学者として働くのであれば大学院を出て大学教授として働く方法があります大学に勤めるとなればその地位によって給料はあがっていきます。毎月の給料や賞与の額は勤める大学によって違ってきますが平均年収としては1,000万円を超えます。ですが助手や非常勤となると月に15万円程度の収入になります。私立博物館か国立博物館かによって違いますが、学芸員として働く場合の年収は300~400万円程です。国立であれば研究の成果や実務実績により収入が増えることがあります。他にも時給800~900円くらいの遺跡発掘のアルバイトというものもあります。

考古学者の評判

考古学者についてあなたはどんなイメージを持っていますか?まわりの人のは考古学者についてどのようなイメージを持っているのでしょうか?ここでは考古学者の評判について解説していきます。あなたが持つ考古学者のイメージと同じか、それとも違うのでしょうか…。

お墓を掘り起こして罰当たりだ!などという声もあるようですが、考古学者がいるから日本の遺跡は建設工事によって壊されることがないのです。そして考古学者が研究をして遺跡としての価値を見出し認知されることで今日も遺跡は守られ続けているのであります。人類の歩んできた道を発掘してくれる考古学者がいたからこそ私達は昔の人々の暮らしを学ぶことができるのです。私達の知りえもしない過去の事を遺跡をもとに判明することができる考古学者の仕事は素晴らしい職業だといえるのではないでしょうか。

考古学者の将来性

考古学者という仕事はいったいいつ頃からある職業なのでしょうか?そしてあなたの中ではこの職業はいつごろからある職業というイメージですか?考古学者という職業の将来性はどうなのでしょうか?ここでは考古学者の将来性について解説していきます。

日本に考古学が始まったのは1877年頃になるようです。その前からも地球はあり私達の知らないことはまだまだたくさんあります。世界中に人類は存在していますので考古学者としては世界中で活躍する場があるといえます。

掲載者情報

考古学者になるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年5月27日 18:10
◆更新日:2018年5月27日 18:10

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!