HOME職業一覧 > バリスタ

バリスタになるには

高校生がバリスタになるのに特別な条件は一切ありません。年齢、性別、学歴などにも左右されないので、知識や技術、接客態度を学ぶことで高校生でもバリスタになることが出来るでしょう。高校生がバリスタになる為には、専門学校やスクールに通うこと、様々な店舗でスキルアップを行うこと、海外で修行することの3種類があります。

専門学校やスクールはバリスタに関する知識や技術、経験が全くないという人にお勧めです。そこでは様々なコーヒーに関する知識はもちろん、バリスタとして何が重要なのかを学びます。学校を卒業した後にいきなり自分の店舗をオープンしてももちろん構いませんが、知識や技術、経験などが伴っていないうちは非常にリスクが高いので止めた方が賢明でしょう。

ただ、学校の中には自分で店舗をオープンさせる時の為に経営に関する知識を学ぶ場合もあるので、将来的に自分の店をオープンさせたい人にとってはお勧めです。専門学校なら2年間で様々な知識を学ぶことになりますが、通う日数に融通が利く学校もあるので働きながらバリスタを目指すことが出来るのが特徴です。

しかし、学校に通わなくても自分を雇ってくれる店を見つけて現場で働くバリスタの元で修行することも可能です。そこでは洗練された知識や技術、経験を持つバリスタの元で働ける為、そこでバリスタに必要なことが学べるでしょう。

店を探す際にはバリスタが直々に経営しているカフェに就職したり、カフェのバリスタ見習いとして働いたりと様々な観点からチェックする必要性があります。場合によっては単にマニュアル通りにしか仕事をさせてくれない店もあるので、いかにコーヒーに力を入れているかがポイントになるでしょう。

実際にバリスタの元で修行が出来ることのもう一つのメリットは、将来的に自分の店をオープンさせる時の為に経営戦略を間近で学べることです。一つの店舗だけでなく、個人店やチェーン店などで働くことで自分が店舗を経営する時のシミュレーションが出来ます。

最後は、本場の海外で修行する方法です。海外で学ぶ本場のバリスタの実力はもちろん、学校では学びきれないことまで学べるのが大きな特徴です。海外で学んだことを日本で活かすことが出来れば、一流のバリスタになるのも夢ではないでしょう。

ただ、海外に行くにあたり、相当な根気がなければ続けることは出来ません。何も知識がない状態で海外に行くより、ある程度の知識を学んでからの方が困らずに済むでしょう。

バリスタの仕事内容

バリスタの仕事は、コーヒーを初めとするドリンクの知識を熟知した上で、お客に最高の一時を味わってもらえるようなコーヒーを提供することです。もちろんコーヒーを提供するだけでなく、最高の一時をより確実にする為のサービスを提供する質の高い接客が求められます。

バリスタの仕事は働く場所によっても変わるもので、バールやカフェ、レストラン、自分でオープンした店で働くのが主な仕事場です。バールとはイタリア語で給仕する人のことを指す言葉であり、様々な種類のコーヒーから酒類まで多くのドリンクを提供します。

カフェやレストランも同じようにバリスタが活躍しているところも多く、バールと同様に高いクオリティのコーヒーをいかに素早く提供出来るか、お客にとって最高の一時となるように質の高い接客技術が欠かせません。

自分で店をオープンさせる場合だと、他の個人店と同じように店の経営を初めとする全ての作業を行うことになります。自分がウリにするのはどんなものか、クオリティを落とさないようにマシンのメンテナンスを行ったり、営業時間は何時からなど全て経営者が行う為、単純に経営のセンスがなければ長続きしないでしょう。

バリスタの収入

バリスタの収入は基本的に自分の実力によって変動します。

自分の店をオープンした場合、店の売り上げがそのまま収入となります。しかし、売上が少なければその分店の経営に大きく響きますし、いつまでも閑古鳥が鳴くようであれば赤字続きになってしまう恐れもあるので油断出来ません。もしも人気が出て日夜繁盛するようになれば年収が数百万から数千万になることも珍しくないでしょう。

店舗で勤務する場合だと、月給は18万から23万程度が基本となります。そのままの月給であれば年収が300万以下になるので生活が大変になりやすいですが、バリスタとしての実力があればあるほど収入が上がっていくのが特徴です。バリスタの入賞経験などがある一流のバリスタなどは、年収500万以上になることもあるほどです。

バリスタの評判

バリスタの評判は良い傾向にあると言えます。元々クオリティの高いコーヒーを淹れてくれるバリスタに憧れる人も多く、収入面よりも他の人に負けないくらいコーヒーが好きという気持ちだけでバリスタになった人もいるほどです。

逆に本当にコーヒーが好きであったり、最高の一時を提供したいという気持ちがなければ長く続けにくい職業でもあるので、自分は本当にコーヒーが好きなのかを考えてみましょう。

バリスタの将来性

そもそもコーヒーのブームというのは大々的に取り上げられているわけではありませんが、それでも根強く続いていることやバリスタの認知度が高まっていることから将来性に関しては高いと言えます。

様々なカフェやレストランなどでバリスタが活躍出来る場が増えている他、求人数も軒並み増えている傾向にあるのでバリスタを目指しやすい環境が整ってきています。

ただし、いずれは自分の店を出したいと思っても似たような店は他にも多くある為、他の店にはない特色を打ち出していかなければ成功する可能性は低いでしょう。コーヒーを淹れる技術や知識はもちろん必要ですが、経営者として何が必要なのかを日夜模索する必要性があります。

掲載者情報

バリスタになるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2017年12月11日 17:20
◆更新日:2017年12月11日 17:20

Copyright 2017 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

Λ B!