◆目指す職業例
調理師 / パティシエ / 栄養士 / パン職人 / 和菓子職人 / フードコーディネーター / 製菓衛生師 / バーテンダー / ソムリエ / バリスタ / レストラン など

職業別人気専門学校ランキング

この分野でなれる職業ごとに、
人気な専門学校のランキングを作りました。

地域別検索

地域を選択すると、
地域別人気ランキングを見ることができます。

オリジナルランキング

フリー検索ランキングを新規実装!
①エリア ⇒ ②カテゴリ ⇒ ③お好み条件

フリーワード検索

見つからない場合は学校名を
入力して検索!

ランクイン学校詳細

1位:レコールバンタン

様々な業界へスクールを展開しているバンタンですが、中でもレコールはスクールの強みである実習中心のカリキュラムで「食」の最先端を実践的に学ぶことができます。
講師はもちろん現役プロで活躍中の方ばかり、企業とコラボできる産学共同の授業や個人の作品を発表する場であるライブステージというイベントなど、常に実践を意識した教育を心掛けている調理・製菓学校です。

◆パティシエ学部
【パティシエ・パリ留学本科】
合計:3,700,000円
【パティシエ本科】
合計:3,700,000円
【スイーツデザイン専攻】
合計:3,200,000円
【パティシエ技術専攻】
合計:1,750,000円
◆カフェ&バリスタ学部
【カフェプロフェッショナル本科】
合計:3,700,000円
【カフェプロフェッショナル専攻】
合計:3,200,000円
【カフェオーナー専攻】
合計:1,750,000円
【カフェ・バリスタ技術専攻
合計:1,750,000円
◆調理&フードコーディネーター学部
【調理プロフェッショナル本科】
合計:3,200,000円
【フードコーディネーター専攻】
合計:1,550,000円

フードクリエイターという今までにない最先端の学びを提供してくれるレコールバンタン。
今までの3,000人以上業界へ輩出し、その実績が買われてインターン受け入れ先も100社を超えている。
調理・製菓業界を目指すならレコールバンタン。

各年度学費

【パティシエ学部】
パティシエ・パリ留学本科(週5日制)
パティシエ本科(週5日制)

修業年限:2年
定員数:-
初年度納入金:1,950,000円

【パティシエ学部】
スイーツデザイン専攻(週3日制)

修業年限:2年
定員数:-
初年度納入金:1,700,000円

【カフェ&バリスタ学部】
パティシエ技術専攻(週3日制)

修業年限:1年
定員数:-
初年度納入金:1,750,000円

【カフェ&バリスタ学部】
カフェプロフェッショナル本科(週5日制)

修業年限:2年
定員数:-
初年度納入金:1,950,000円

【カフェ&バリスタ学部】
カフェオーナー専攻(週3日制)
カフェ・バリスタ技術専攻(週3日制)

修業年限:1年
定員数:-
初年度納入金:1,750,000円

【調理&フードコーディネーター学部】
調理プロフェッショナル本科(週5日制)

修業年限:2年
定員数:-
初年度納入金:1,700,000円

【調理&フードコーディネーター学部】
フードコーディネーター専攻(週3日制)

修業年限:1年
定員数:-
初年度納入金:1,550,000円

2位:服部栄養専門学校

調理師・パティシエ・栄養士という業界の人気TOP3の職種を網羅している専門学校で、テレビでも有名な服部幸應さんが校長です。
美味しいのは大前提として、健康や安全、そして環境まで考えて職を提供していけるエキスパートを育てています。
「食」の世界で世の中に必要とされる人を目指し、「食育」に努めています。

◆栄養士科
合計:2,638,000円
◆調理ハイテクニカル経営学科
合計:3,020,000円
◆調理師本科
合計:1,620,000円
◆調理師本科 パティシエ・ブランジェクラス
合計:1,620,000円
◆調理師科 夜間部
合計:1,385,000円

各年度 学費

栄養士科

修業年限:2年
定員数:150名
初年度納入金:1,434,000円

調理ハイテクニカル経営学科

修業年限:2年
定員数:160名
初年度納入金:1,620,000円

調理師本科

修業年限:1年
定員数:200名
初年度納入金:1,620,000円

調理師本科 パティシエ・ブランジェクラス

修業年限:1年
定員数:40名
初年度納入金:1,620,000円

調理師科 夜間部

修業年限:1.5年
定員数:30名
初年度納入金:1,385,000円

3位:辻調理師専門学校

大阪で調理・製菓の学校と言えば?という問いに、業界人なら辻の名前を答えない人はいないそうです。
それほどに有名な辻調ですが、実は大阪以外にも東京やフランスにも校舎があります。
各地に校舎があるのは有名で実績がある証拠でもありますが、料理のジャンルごとに専門の先生から学べるその環境を知れば納得です。

◆高度調理技術マネジメント学科
合計:4,960,000円
◆調理技術マネジメント学科
合計:3,710,000円
◆調理師本科 調理クラス・カフェクラス・キャリアクラス
合計:2,140,000円
◆調理師本科 ダブルライセンスクラス
合計:3,960,000円
◆調理師本科 フランス校留学コース
合計:5,398,000円

大阪の天王寺にある日本最大級の調理系学校。
調理師専門学校という名なだけに、調理師を目指すために4つの学科は全て調理師系の学科。
もちろん学びたいジャンルはコースで選べるので、業界を目指すなら辻調!


各年度 学費

高度調理技術マネジメント学科
(2016年度新設 認可申請中)

修業年限:3年
定員数:40名
初年度納入金:1,886,000円

調理技術マネジメント学科

修業年限:2年
定員数:320名
初年度納入金:1,886,000円

調理師本科
調理クラス・カフェクラス・キャリアクラス

修業年限:1年
定員数:-
初年度納入金:2,140,000円

調理師本科
ダブルライセンスクラス

修業年限:1年
定員数:1年
初年度納入金:2,140,000円

調理師本科 ダブルライセンスクラス
辻製菓専門学校進学

修業年限:1年
定員数:1年
初年度納入金:1,820,000円

調理師本科 調理クラス
フランス校留学コース

修業年限:1年
定員数:-
初年度納入金:2,140,000円

調理師本科 調理クラス
フランス校留学コース

修業年限:1年
定員数:-
初年度納入金:3,258,000円

4位:武蔵野調理師専門学校

武蔵野調理では基礎を固めた上に専門性を積み重ねていくスタイルのカリキュラムが特徴的で、より多くの時間を実習に充て、基礎だけで300時間、専門実習は最大660時間も行われるそうです。 それだけの時間をマンツーマン実習で学べるのは都内でも指折りの実習環境と言えるでしょう。
創立50年、卒業生の数は35,000人を超え、調理・製菓業界には欠かせない専門学校です。

◆調理師科 昼間部
合計:1,617,150円
◆調理師科 夜間部
合計:1,205,240円
◆高度調理経営科
合計:3,306,550円
◆ダブルプログラム科
合計:3,061,350円

各年度 学費

調理師科 昼間部

修業年限:1年
定員数:320名
初年度納入金:1,617,150円

調理師科 夜間部

修業年限:1.5年
定員数:80名
初年度納入金:1,205,240円

高度調理経営科

修業年限:2年
定員数:160名
初年度納入金:1,667,600円

ダブルプログラム科

修業年限:2年
定員数:160名
初年度納入金:1,628,600円

5位:辻製菓専門学校

辻調が調理なら、辻製菓はその名の通り製菓分野で非常に人気の学校です。
パティシエはフランス語ですが、その製菓本場とも言えるフランスへの留学も希望すれば可能です。
日本の学校に在学しながらフランス一流店での実地研修(スタージュ)を経験できるのは、日本でもかなり限られます。

◆製菓技術マネジメント学科
合計:3,710,000円
◆製菓衛生師本科 製菓クラス
合計:2,140,000円
◆製菓衛生師本科 ダブルライセンスクラス
合計:3,960,000円
◆製菓衛生師本科 製菓クラス フランス校留学コース
合計:5,398,000円
各年度 学費

製菓技術マネジメント学科

修業年限:2年
定員数:576名
初年度納入金:1,886,000円

製菓衛生師本科 製菓クラス

修業年限:1年
定員数:288名
初年度納入金:2,140,000円

製菓衛生師本科 ダブルライセンスクラス

修業年限:2年
定員数:288名
初年度納入金:3,960,000円

製菓衛生師本科 製菓クラス フランス校留学コース

修業年限:2年
定員数:288名
初年度納入金:5,398,000円

6位:新宿調理師専門学校

卒業時に調理師免許が取得できる新宿調理師専門学校は、その名の通り新宿駅から徒歩8分にあり、県外からのアクセスも非常に良好です。
西新宿まで乗れば徒歩3分なので、通いやすい学校と言えます。
「手から手へ」保護者の手から学校、そして就職先へというスローガンをかかげ、調理長を目指せるレベルの教育を備えています。

◆調理師専修科
合計:2,490,000円
◆調理師本科 昼間部
合計:1,320,000円
◆調理師本科 夜間部
合計:1,130,000円

各年度 学費

調理師専修科

修業年限:2年
定員数:200名
初年度納入金:1,320,000円

調理師本科 昼間部

修業年限:1年
定員数:120名
初年度納入金:1,320,000円

調理師本科 夜間部

修業年限:1年6ヶ月
定員数:40名
初年度納入金:1,130,000円

7位:東京製菓学校

1954年に開校した、老舗製菓専門学校です。
製菓分野に学科を特化し、その中で「洋菓子」「和菓子」「パン」のジャンルに分けた特化型カリキュラムで、ひとつを極めるスタイルです。
一つを極めることこそプロ、そういう考えに共感できるなら、東京製菓専門学校がピッタリです。

◆洋菓子本科
合計:4,183,750円
◆和菓子本科
合計:4,233,270円
◆パン本科
合計:4,001,190円
◆洋菓子専科
合計:2,101,970円
◆和菓子専科
合計:2,091,490円
◆パン専科
合計:2,099,080円

各年度 学費

洋菓子本科

修業年限:2年
定員数:160名
初年度納入金:2,271,270円

和菓子本科

修業年限:2年
定員数:40名
初年度納入金:2,260,790円

パン本科

修業年限:2年
定員数:40名
初年度納入金:2,266,710円

洋菓子専科

修業年限:2年
定員数:120名
初年度納入金:1,176,730円

和菓子専科

修業年限:2年
定員数:40名
初年度納入金:1,166,250円

パン専科

修業年限:2年
定員数:40名
初年度納入金:1,173,840円

8位:日本菓子専門学校

日本菓子専門学校は日本で唯一、菓子業界が設立した学校として有名です。
就職率や資格取得率に目を奪われがちな学校比較ですが、この学校ではまた別の指標として授業出席率を公開しています。
その数値はなんと99%。ほとんどの生徒が欠けることなく授業に出るということは、学生と教師どちらも真面目で熱心であることの証明です。

◆製菓技術学科
合計:3,000,000円
◆製パン技術学科
合計:1,575,000円

各年度 学費

製菓技術学科

修業年限:2年
定員数:220名
初年度納入金:1,620,000円

製パン技術学科

修業年限:1年
定員数:40名
初年度納入金:1,575,000円

9位:二葉栄養専門学校

吉祥寺駅から徒歩3分にあるのが二葉栄養専門学校。
学校名は栄養とありますが、調理系学科も備えており、少人数制である強みを生かして柔軟でマメな実習を展開しています。

◆管理栄養士学科(4年間)
合計:5,110,000円
◆栄養士科(2年間)
合計:2,420,000円
◆調理師科(1年間)
合計:1,320,000円
◆調理グランシェフコース(2年間)
合計:2,480,000円

管理栄養士学科
修業年限4年
定員数40名
初年度納入金1,570,000円
栄養士科
修業年限2年
定員数120名
初年度納入金1,390,000円
調理師科
修業年限1年
定員数76名
初年度納入金1,320,000円
調理グランシェフコース
修業年限2年
定員数調理師科に含む
初年度納入金1,320,000円

10位:香川調理製菓専門学校

香川調理製菓専門学校は、東京都で初めて調理師学校として認可を受けた学校です。
最古ということはそれだけ長い間教育業界と調理業界の間に居続けたということであり、調理業界に進むための教育ノウハウは他校に負けない実力を備えています。

◆調理マイスター科
合計:2,730,800円
◆調理師科
合計:1,483,700円
◆製菓科
合計:1,463,100円
◆テクニックコース
合計:2,762,300円
各年度 学費

調理マイスター科

修業年限:2年
定員数:40名
初年度納入金:1,479,400円

調理師科

修業年限:1年
定員数:80名
初年度納入金:1,483,700円

製菓科

修業年限:1年
定員数:120名
初年度納入金:1,463,100円

テクニックコース

修業年限:2年
定員数:調理師科/製菓科に含む
初年度納入金:1,483,700円


ランキング順位(☆マーク)を選択して
パンフレットをまとめてGETしよう!!

各種ランキング

調理・製菓専門学校の特徴・選び方

専門学校を選ぶ時は、それぞれの学校の特徴をつかむ必要があります。特に初めて専門学校をさがす時は、特徴をつかむためにも資料請求をして、オープンキャンパスなど実際に体験をすることをおすすめします。
調理師や製菓の専門学校は他の専門学校と比べても歴史が長いところが多く、実際に現場で活躍していた調理師が指導をしてくれる学校が多いです。実際の料理の腕はもちろんのことながら、栄養、食材選び、そして食の安全をしっかり教えてくれる学校を選ぶ必要があります。
どれだけ料理の腕が高く、美味しいものを作ることができても安全面で怠ってしまってはすぐに廃業となることもあります。また最近は栄養にかんして知識の高いお客様も多く、しっかりと説明できることによりお客様の信頼を得ることができるのです。
どれだけ美味しそうでも、それだけではお客様の心をつかむことはできません。調理や製菓の専門学校では、料理人として必要なことを全て学ぶ必要があるのです。
また調理師専門学校を卒業すると、調理師免許を取得することができるのでプロの料理人となることができるのです。

◆資料請求

調理といっても色々なジャンルがあるので、まずはどんな内容があるのか資料請求をしてください。また似たカリキュラムであっても施設が違うところや、カリキュラムの内容が違うところなど比較をすることが大切です。色々資料を読んでいるうちに、違うジャンルの料理に興味がいくこともあるでしょう。
また調理だけでなく、レストランの経営など幅広く勉強をできる学校もあるのです。

◆オープンキャンパスや体験入学

実際の調理場はホームページや資料だけではわからないですし、実際に見る必要があるでしょう。また授業の進め方やカリキュラム、また施設、学校の雰囲気も確認をするようにしてください。何校か行っているうちに見えてくるものもあるでしょう。
入学してから雰囲気が違った、イメージと違ったということが内容にしてください。

◆先生

生徒の人数に対して、先生がどのくらいつくのか、他にもサポートをしてくれる人がいるのかどうか。また先生と生徒がどのくらいコミュニケーションをとっているかどうかも判断材料になるでしょう。授業中はもちろんのことながら、先生のとのコミュニケーションによって色々なことも学ぶことになるのです。技術面はもちろんのことながら、調理師になるにあたり苦労したこと、イメージと違ったことなど色々話ができる環境が望ましいです。
いつでもサポートを受けられるような学校だと、安心して勉強をすることができるでしょう。

◆就職できるようなカリキュラム

就職つまり調理師になることができるようなカリキュラムを組んでいる学校を選ぶようにしてください。

◆複数を比較

資料請求も学校見学もそうなのですが、複数校行くようにしてください。一校みてよいと思ってももっと良い学校があるかもしれませんし、他の比較することにより新しいことが見えてくることもあります。
将来やりたい夢のためにいく専門学校なので、学校選びは妥協をしないようにしてください。

◆調理・製菓専門学校の選び方

・エリアで選ぶ
できるだけ通学時間に長時間をかけないようにしましょう。交通費もかかりますし、レッスン後授業料を稼ぐためにバイトをする人もいるでしょう。またできるだけ授業後に復習をした方が、身につくのが速くなります。電車でも勉強はできますが、家で集中した方が効率がよくなります。

・学費で選ぶ
金額面はもちろんのことながら、奨学金または夜間コースを設定するなど少しでも経済的にサポートできるような配慮がなされています。学費は大切なので、しっかりと払うことができる学校を選ぶようにしてください。

・就職率で選ぶ
卒業後に調理師免許を取得できるので、すぐプロの料理人として活躍できるのですが、それ以外にも就職するまでに色々アドバイスをもらえる学校がよいでしょう。就職率を先に確認し、高いところを選びたいです。

・施設で選ぶ
調理はキッチンで行うため施設の充実度は大切になります。また中華やイタリアンなどそれぞれのジャンルにあった施設があるので、体験入学やオープンキャンパスの時にしっかりと見るようにしてください。
また調理以外にも、休憩室や他の生徒とコミュニケーションをとれる場があるとよりよいでしょう。同じ目的をもつ生徒同士で話すとモチベーションがあがり、情報交換もできます。

◆調理・製菓専門学校を一部ご紹介。

・辻調理師専門学校
就職に強く、なんと辻調理師専門学校に集まる求人は3,000件を超えています。また和・洋・中から製菓まで数多いクラスがあり、幅広く勉強をすることができます。1人の学生につき、担任の先生、キャリアカウンセラー、他にも求人を担当するスタッフがつくため就職をするまでサポートをしてくれます。
求人が多く、キャリアカウンセラーという専門家がいることが就職への道を近づけてくれています。またカリキュラムの質が高く、企業側も即戦力で使えることを知っていることも大きな要因です。
また卒業してからもサポートしてくれるため、安心してプロの調理師として働くことができるのです。

この学校の詳細を見る >>

・織田調理師専門学校
就職するための支援が充実しており、就職率が毎年高くなっています。実習室が充実しており、現場さながらの研修ができます。
JR中野駅前というロケーションで通学にも便利となっていることも人気の要因のひとつとなっています。調理師学科以外にも、経営を勉強するコースもあり、実践的なことを勉強することができるのです。

この学校の詳細を見る >>

・レコールバンタン
業界への輩出実績やインターン受け入れ先の数が多く、業界就職に特化しています。 学内選考を経たインターンシップ制度もあり、現場のスピード感や雰囲気などを肌で感じ、仕事に対するやりがいを見出すことで、適性に合った就職先を見つけられるメリットがあります。

この学校の詳細を見る >>

調理・製菓分野で目指せる職業の紹介