HOME職業一覧 > 美容師

美容師になるには

高校生が美容師になる為には美容師免許を取得しなければならず、美容師の免許を取得するには国家試験を受けて合格しなければなりません。なお、美容師の国家試験を受験するには受験資格を得る必要があるので注意しましょう。

受験資格を得るには、昼間か夜間に通う美容専門学校へ進学するか、もしくは通信制の美容専門学校を選んで3年間勉強するか、いずれかの方法を選ぶ必要があります。専門学校に進学して所定の課程を修了させれば、ようやく美容師の国家試験を受けることが出来ます。

専門学校で美容師として働く為に必要な知識を学んでいくのが基本ですが、国家試験に合格して免許を取得出来たとしても、すぐに美容師として活躍出来るわけではありません。美容師になりたての頃は未だカットやカラーリングといった様々な技術が身に付いていない為、働きながら努力して技術を高めていく必要があるでしょう。

幸いにも国家試験に合格した人の就職率は非常に高く、全国にある美容室かヘアメイクアーティストとして事務所に就職するかどちらに就職するのかを決めることになります。もしも美容室に就職した場合、すぐにお客の相手が出来るわけではありません。

お客との1対1で仕事が出来るようになるのは基本的にスタイリストに昇格してからで、スタイリストになる為には社内で行われるテストに合格しなければなりません。スタイリストに昇格するまではアシスタントとして働くこととなり、他のスタイリストのアシスタントとして練習を重ねる日々を送ります。

スタイリストとして通用するようになる為には営業時間外にまで及ぶ過酷ともいえる練習が必要であり、休日に研修を行うなど常に技術を磨くことが求められます。晴れてテストに合格してスタイリストになったとしても、スムーズにお客が確保出来るとは限りません。

スタイリストになってからはいかにお客の希望する提案やスタイルを実現させられるカット技術や、満足していただけるような接客態度も大切になります。

美容師の仕事内容

美容師の主な仕事は、お客の希望に沿ってカットやパーマ、カラー、セットなどを駆使してヘアスタイルを美しく整えることです。その為にはカット技術を初めとする様々な技術が必要であり、いかにイメージを形に出来るかが重要になります。もちろん失敗するようなことがあればお客からの支持がなくなるも同然になりますし、美容室自体の評判にも繋がるので気を抜くことは出来ません。

美容師がお客のヘアスタイルを美しく整えるにあたり、最初に行うのがカウンセリングです。美容師は単にお客の髪を切るのではなく、お客が希望する髪型のイメージ通りにカットしていく必要があります。また、髪をカットする前にどんな髪の生え方をしているのか、普段はどんなお手入れをしているのかを聞くことにより、お客にあった技術でイメージ通りのヘアスタイルを実現させます。

お客の要望に沿ってカラーやパーマ、セットなど行っていきますが、中でもシャンプー・ブローやパーマには高い技術が要求されます。シャンプーを行う際にはお客が気持ち良く思えるほどの技術が必要であり、新人時代により練習が必要になるのがシャンプーとまで言われているほどです。

ヘアスタイルを美しく整えたら、最後に自分で髪をセットする方法も分かりやすく説明することになります。また、全ての仕事においてお客とのコミュニケーションや接客は欠かせないものであり、美容師としての評判を左右することになるでしょう。

美容師の収入

美容師は基本的に得られる収入が低く、勤務先によって収入や待遇が大きく違ってきます。就職先によっては条件が悪いところで働くことになる可能性があるので、就職先の選び方に注意する必要があるでしょう。ただし、経験や技術を積み重ねて実力を高めることによって収入が上がっていくのも特徴です。

最初のアシスタントの場合、一等地の美容室だと10万程度、地方の美容室だと17万程度と大きな差があります。スタイリストに昇格してやっと月給が20万程度になりますが、就職先によってはボーナスが出ることもあります。

スタイリストとして技術を積み重ね、お客からの支持を多く得れば得るほど収入が上がると言っても過言ではなく、より多くの人気が出れば年収が800万ほどになるのも夢ではありません。

美容師の評判

美容師の評判は多くの職業の中でも特に人気が高く、競争が激しくなる一方となっています。非常に多くの人が美容師を目指して自分ならではのスタイルや技術を身に付ける為に日々努力しており、美容師としてのカリスマ性の高さが人気の一因となっているでしょう。

もちろんカリスマ性だけではやっていけませんが、それに伴う技術の高さなどから多くの支持を集めていると言えるでしょう。

美容師の将来性

美容師の需要はこれからも高まる一方ではありますが、将来性を高めるには工夫が必要だと言えます。美容師の仕事のほとんどは機械で再現することが出来ない為、美容師の需要がなくなることはまずありません。

美容師は全国にあるので就職先に困ることもなく、就職先によっては独自のサービスを提供していることもあるので自分に合った美容室を見つけることも出来るでしょう。ただし、従来通りの美容室のやり方では不安な点も多くあります。

不景気になっていることで客足が遠のき、様々な美容室がコスト削減の為にしのぎを削っているような状態でもあります。しかし、これからグローバル化が進むことから、日本人だけでなく外国人を相手にしたカット技術や接客などを含めると将来性は一気に高まります。

外国人のニーズに合ったサービスを提供することにより、美容師として海外を視野に入れた働き方が出来ると言えるでしょう。

掲載者情報

美容師になるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2017年12月11日 12:10
◆更新日:2017年12月11日 12:10

Copyright 2017 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!