HOME職業一覧 > ブリーダー

ブリーダーになるには

高校生がブリーダーになる為に必要な資格などはなく、年齢や学歴などにも左右されないので実質的に未経験の高校生であってもブリーダーとして働くことが出来ます。ただし、一般的なブリーダーだと動物の販売も行うことになるので、保健所に動物取扱業の届け出を行わなければなりません。

実質的に誰でもブリーダーになることが出来るとはいえ、いきなり個人でブリーダーの仕事を行うのはほぼ不可能であり、企業に就職する際には最低でも高校を卒業している必要があります。したがってほとんどの場合は独立する為に企業に就職するか、ブリーダーとして活躍している人の下で様々な知識を学ぶことになります。

いきなり未経験でブリーダーの下で働くよりも、専門学校などでブリーダーに必要な専門知識やノウハウを学んだ方が実際に働く上で有利になるでしょう。また、更なる活躍の為に訓練士や動物看護士といった資格の取得を目指すのも得策です。後々独立を考えているのであれば、訓練学校の卒業や専門知識の認定試験に合格していなければなりません。

どちらにしてもブリーダーは動物を扱うことから、動物のペースに合わせて生活出来るようにならなければなりません。動物の命を預かる責任を持つことはもちろん、毎日の餌やりや散歩、徹底した健康管理など全ては扱う動物を安全かつ快適に過ごせるようにしてあげる為です。

一朝一夕の知識では続けにくい職業である為、事前にどれだけ必要な知識が学べるかにかかっているでしょう。

ブリーダーの仕事内容

ブリーダーの主な仕事は、犬を中心とした動物の繁殖及び販売を行うことです。

ブリーダーは基本的に血統書付きの犬の繁殖を中心に行う為、ブリーダーになるには犬を扱う為の知識があれば十分に働けるでしょう。とはいえ、深い知識が必要なことには変わりなく、犬一匹一匹に最適な交配相手の選別、優秀な犬を販売する為に様々なサポートを行うなど、かなりの気を遣う仕事です。

特に交配相手の選別は遺伝的な疾患を防ぐ為に行うものであり、その為には豊富な専門知識がなければ務まりません。なお、ブリーダーとして企業に就職するのは難しい為、基本的に別のブリーダーの下でアシスタントとして専門知識を体外的に身に付けていくか、独立して開業するかのどちらかになります。

独立して開業する場合、全ての動物の世話からしつけ、交配や繁殖、病気や出産など全ての作業を行わなければなりません。動物の生活に合わせる以上、業務時間は昼夜を問わず、さらに多頭飼いになるので相当な負担を強いられることになります。動物一匹一匹の個性や飼育管理、そしていかに優秀な血統を受け継がせるかにかかっている為、専門知識の習得に余念がないでしょう。

近年ではいいかげんな仕事をするブリーダーも存在してきている為、そういった人達とは違うということを飼い主にアピールすることも必要になります。

ブリーダーの収入

ブリーダーの収入は基本的に企業に就職した場合と独立開業した場合で大きく違います。

企業に就職した場合だと一般職よりも得られる収入が低い傾向にあり、一例として月収が約18万、年収にして220万となっています。年齢が上がるにつれて収入が上がる傾向にありますが、問題なのは倫理的に問題がある企業が存在するということです。

そうした問題がある企業はブリーダーへの収入形態が定まっていないケースがあるばかりか、動物の扱いもぞんざいです。そのような企業へ就職しない為にも、事前のリサーチは必須だと言えるでしょう。

独立開業した場合、全ての動物を扱うことから必要経費は全て自分で負担することになります。ブリーダーは基本的に犬を繁殖させて販売することで収入を得る為、売上によって収入が大きく変わります。出した売上から必要経費を引いた金額が自分の収入となるので基本的に安定した収入が得られるわけではありません。

しかし、独立開業の最大のメリットは自分の生活スタイルに応じて好きなように働ける点です。ここで言われる自由な働き方というのは、企業にはない働き方が出来るという点であり、なおかつ様々なサービスを展開しつつ結婚や出産などの状況にも対応することが可能です。

ただし、以上のようなメリットがあったとしても高額な収入が得られるのはほんの一握りなので、一握りの中に入る為にはブリーダーとしてのスキルを高めるに他ならないでしょう。

ブリーダーの評判

ブリーダーの評判は様々な問題を抱えながらも一定以上の評判があります。

何より常に動物と触れ合える環境下で働けることに最もやりがいを感じられる職業だと言えます。その為に身に付けなければならない専門知識や動物の扱い方などがありますが、それでも四六時中動物の繁殖や販売に徹し、飼い主にとってベストな動物を譲渡することが出来るのはブリーダーならではの仕事です。

ブリーダーの将来性

ブリーダーの将来性は、いかに専門性を高めるかで左右されるでしょう。

昨今から続くペットブームに準じてブリーダーの数も増えていきますが、それでもブリーダーによる無許可での販売がたびたび行われている問題があります。そのようなブリーダーとは違うことを証明する為には、動物取扱業の登録を行うことが何よりも重要です。

一方で問題を抱えているにも関わらず飼い主に動物を売るケースが後を絶たない為、ブリーダーとしての信念を持ち、安心と安全を提供する為に専門性を高めることが重要になります。きちんと動物の飼育や繁殖が出来る環境を完全に整えてから、動物を扱うことが最優先です。

掲載者情報

ブリーダーになるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年5月30日 23:00
◆更新日:2018年5月30日 23:00

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!