HOME職業一覧 > 仏師

仏師になるには

はじめに仏師になるために必要な資格といったものは存在しません。しかし、だれでも名乗った瞬間に仏師なれるほど甘い職業ではありません。一般的には、現在仏師として働いている人のもとに弟子入りし、10年ほど修行する必要があるようです。そして、独り立ちすることが多くなっています。

また仏師としての技術を学ぶための専門学校というものも存在します。しかしながら、専門学校を卒業しただけで独り立ちするのは難しいでしょう。やはり現在仏師として活躍している人のもとに弟子として入り修行を積んでいくといったプロセスが必要となってきます。

仏師の仕事内容

仏師の仕事内容は、一言でいうと仏像の制作と修復です。しかし、仏像の制作といっても、仏像には実は様々なタイプのものが存在します。素材だけをとってみても、木で作られている仏像から金属で作られている仏像、和紙などの紙を利用して作られている仏像といったものが存在します。仏師であってもすべての仏像制作に精通する必要は必ずしも必要でなく、仏像の制作方法について専門家されていることが多いです。そのため、仏師は非常に専門的な技術を要する職人といった職業です。

また、仏像というものは仏教の世界観を私たちに伝えるために存在するものです。また、過去に作られた仏像などが国宝としても認められていることから、仏像は高い芸術性も持っております。そのため、仏師は決められたものを決められたパターンで作っていれば良いという仕事ではなく、いかに美しい仏像を作ることができるかといった芸術的な側面が必要となります。そういった意味で職人でありながら、芸術的な素養も必要となるのが仏師の職業です。

仏師の収入

仏師になるためには10年ほどの内弟子の期間を経る必要があると前述しました。その期間は寝食の面倒みてもらう代わりに、毎月のお小遣いは10万円程度となっています。その後、仏師として独立した場合であっても、安定した収入を得られるようになるにはなかなか困難な道のりが続きます。

著名な仏師であれば、一体の仏像を数百万円で販売することもできます。しかしながらそこに到達することができるのはほんの一握りではないでしょうか。しかし、時が経つにつれて過去の仏像の修復等の仕事にも一定の需要が見込めるため、そういった美術品の修復を行うような会社に就職するといった道も存在します。

そのような場合は年収にして300万円から400万円程度は相場となることが多くなっています。また既存の仏像に関わるのではなく自分自身で新しく仏像を創り出してくといった芸術的な方面で活躍する場合は、年収は人気と実力によって天井知らずとなります。

仏師の評判

仏師という仕事についてはいかにも職人といったイメージを持たれることが多いでしょう。しかし、一面において強い芸術性が求められる仕事でもあるため、職人でありながら芸術家といった認識をもたれる場合も少なくありません。また、私たちが普段接するような職業ではないため、非常に珍しがられると思います。仏像と言う日本の歴史を語る上で欠かせないものを現代において作っている仏師は実に珍しく、ロマンチックな職業です。

仏師の将来性

現在、仏師の仕事1本で食べていける人は一握りとなっています。それだけ、仏師という仕事はたくさんの需要があるものではないということです。しかしながら、芸術家という方面に進むのであれば、可能性は無限に広がっています。従来の仏像の概念を破壊してしまうような斬新な仏像を作ったり、巷の仏像ブームに乗じて仏像を彫る教室を開催したりと活躍の場は考え方次第で無限に広がっています。

昨今は職人であってもインターネットを通して自分自身を世間に広くアピールしていくことが求められます。そういったことがうまくできるのであれば、仏師の仕事は今までとは御一線を画する非常に華やかなものとなっていくでしょう。現代の技術をいかにして取り入れていくことができるかといった側面もこれからの仏師には必要となっていくのかもしれません。

掲載者情報

仏師になるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年5月29日 22:00
◆更新日:2018年5月29日 22:00

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!