HOME職業一覧 > 執事

執事になるには

執事になるにはまずなにをすればいいのでしょうか。
執事になるために、特に必要な資格、学歴などはありません。
そもそもあまり身近ではないこの職業ですが、元々英国が発祥であるため、日本ではその技術を学ぶ養成学校などはありません。
本格的に執事を技術を取得し、目指そうとする場合、留学をして海外で学ぶ必要があるのです。

そして、問題の就職先ですが、日本でもないわけではありません。
一部の富裕層の方々に向けた執事のサービスを提供している会社も存在しています。
日本で執事になるとすればそういった会社に就職する以外に、ほぼ方法はないといっていいでしょう。

海外では執事の文化もあり、日本に比べると執事の需要は高いため、養成学校で技術を磨き、その国で執事として働くことは多いのです。

手段としてはこのような方法になりますが、それ以外にも色々な能力が必要とされてきます。
富裕層の方々のサポートをするわけですから、それなりの知識や技術が必要です。
例えば、生活の一部をとっても高レベルのマナーが必要とされますし、主人のお客様も当然、地位の高い方であるため、それ相応のマナー、一般教養が必要とされます。
また、語学にもたけていなければならず、最低限英語はネイティブ並に扱えないと執事として働くことは難しいでしょう。

さらに、主人と生活を共にすることになりますので、休日なども安定して確保できるものではありません。
そのため、常日頃から健康や体力には気を使わなければなりませんね。

このように主人のためであれば自己犠牲をもいとわない覚悟が必要な職業といえるでしょう。

執事の仕事内容

執事の仕事内容はどのようなものでしょうか。テレビで執事の仕事を題材にしたものが放送されていたため、ある程度イメージできている方もいるかもしれませんが、知られていない部分もたたあります。
具体的に見ていきましょう。

基本となるのはつかえる方の家で料理、掃除、お客様対応等になります。あげ始めればキリがありません。
全てにおいて主人の意向、趣向に沿ってこなさなければならないのです。
また、主人の家族についても主人同様に対応しなければなりません。

料理ひとつとっても、主人の口にあわない料理を出すわけには行きませんし、掃除に関しても隅々まで行き届いていなければなりません。
庭師を呼ぶこともありますが、庭の手入れや家具の整理整頓なども含まれます。
来客にいたっては、失礼があってはいけませんので細心の注意を払います。
主人のお客様なので地位の高い方であることがほとんどです。
執事が対応してイメージが下がるようでは執事として失格です。
お客様も主人同様、思考を読み、それにあわせた失礼のない対応が求められるのです。

このように、執事の仕事は状況に合わせて形を変えるサービスの提供が要求される非常に難易度の高い仕事であるといえるでしょう。

執事の収入

全てにおいて高いレベルが要求される執事ですが収入はどれほどになるのでしょうか。

当然つかえる家によって変わってきますが、求められる能力が高いだけに収入もそれなりです。
日本での例が少なく、アメリカでの年収になりますが、平均して350万円~900万円程と比較的高額です。
執事の発祥である英国では執事という職の位が高く、場合によっては2500万円ほどの収入を得る場合もあります。

執事の評判

執事という職業の評判はどのようなものでしょうか。
やはり身近ではない為、あまり具体的なイメージを持っていない方が多いでしょう。

海外では一般人では勤まらない仕事、常に気を使い続ける仕事であるといったイメージが多く、上記のように位の高い職という認識が強いです。
誇れる仕事であることは間違いないですね。

執事の将来性

執事には歴史もあるため、日本国内に限らなければ常に一定の需要がある職業といっていいでしょう。
また、比較的高収入でもあるため、安心して続けることが出来ますよ。
そして自分の能力を常に磨き続ける為、そういった事が好きな人には向いている仕事といえます。

掲載者情報

執事になるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年5月27日 13:15
◆更新日:2018年5月27日 13:15

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!