HOME職業一覧 > キャビンアテンダント

キャビンアテンダントになるには

高校生がキャビンアテンダントになる為には、様々な航空会社の採用試験に合格しなければなりません。基本的にキャビンアテンダントになるルートは、大学や短大、専門学校に進学して卒業するか、キャビンアテンダントになる為の知識や技術などが学べるエアラインスクールと呼ばれる専門学校や短大に進学して卒業することの2通りです。

ほとんどの場合、特に大手の航空会社にいたっては最低でも専門学校を卒業していないと採用試験を受けることが出来ません。しかし、中には高卒でも採用試験が受けられる航空会社もあるので、高卒でキャビンアテンダントを目指す場合は検討してみても良いでしょう。

しかし、人気の航空会社であるほど採用試験の倍率は非常に高いです。採用試験を受ける際には応募資格を満たさなければならないケースがほとんどであり、学歴や年齢、身体条件や居住条件、TOEICのスコアなど様々です。その応募資格を満たした上で非常に激しい競争率の中を勝ち抜かなければならない為、キャビンアテンダントとして就職するだけでも非常に大変です。

無事に航空会社に就職したら、契約社員として3年間働いたあとに正社員へとステップアップしていくのが基本です。キャビンアテンダントとして飛行機に搭乗する為には、厳しい接客やサービス、そして登場するお客の安全管理などの教育と訓練を積みます。

キャビンアテンダントとして働く為には全てのお客への丁寧で細かな気配りが出来ること、そして何があってもマニュアル通りかそれ以上に対応出来る冷静さ、何便も搭乗して役割をこなせる体力が求められます。

キャビンアテンダントの仕事内容

キャビンアテンダントの主な仕事は発着から離陸までの間に様々な業務を行うことです。基本的に私たちが思い浮かべるのは機内サービスですが、実際のキャビンアテンダントは乗客の安全を徹底して守ると共に、いかに満足出来るフライトを提供出来るかどうかが重要な仕事です。

主に行っているのは一般的に行われている機内サービスと保安管理です。機内サービスは、乗客が快適で安全なフライトが出来るように気を配り、求められたら食事やドリンクを提供していきます。それ以外にも新聞や毛布、雑誌などを要求に応じて提供したり、その他の様々な要求にも出来る限り対応します。

次に行う保安管理は乗客の安全を守る為に行われるものであり、非常事態の時の説明や離着陸の注意事項、機内で何らかのトラブルが起きた時の迅速な対応を行います。発着する前には機長などと一緒に機体に何か異常がないか徹底した安全確認を行い、離陸するまでに可能な限りベストな状態にします。

キャビンアテンダントはパイロットとのコミュニケーションを行うこともあり、あらゆる非常事態が起きても冷静に行動しなければなりません。空の上では何が起こるか分かりませんし、天候が悪化して機内に混乱が生じたり、ハイジャックが起きたり、急病人への救急措置を行ったりとキャビンアテンダントの役割は非常に広いと言えます。

キャビンアテンダントの収入

かつで高収入が得られる職業として人気を博していたキャビンアテンダントですが、現在ではそこまで収入が高くない傾向にあります。特に収入が少ないのは訓練期間中とキャビンアテンダントになって1年目の時です。

1年目の収入は時給にして平均1100円から1200円程度であり、訓練期間中は平均900円から1000円程度と低く、時給制となっているのが特徴です。本来であれば乗務時間辺り700円態度が支給される乗務付加手当というのが付きますが、それは飛行機に搭乗している間しか判定されないので、地上での勤務では手当が支給されません。

なお、航空会社によって違いがありますが、各種手当や福利厚生は充実している傾向にあります。通勤手当やボーナス、各種社会保険や育休制度などが基本的にしっかりしているので、安心して働けるでしょう。

キャビンアテンダントの評判

収入が削減されがちなキャビンアテンダントですが、それでも評判は非常に高いです。

何より厳しい教育と訓練を乗り越えて選ばれたものだけが飛行機に搭乗して働くということから、非常に華やかな職業に憧れる人も多くいます。乗客の安全を守り、無事に快適なフライトを楽しんでもらえるように対応することにやりがいを感じる人もいるでしょう。

キャビンアテンダントの将来性

キャビンアテンダントの将来性は一定以上を保つと言えます。

昨今の不況の影響からか、キャビンアテンダントでも客社員から正社員へとステップアップしなければならず、その間にも激しい競争率を勝ち抜かなければならないので、正直根気がなければ働けない職業でしょう。これから待遇が改善される見込みがありますが、不規則な生活や体力が必要なハードな仕事が続くことを念頭に置かなければならないことに変わりはありません。

いかにやる気と根気を持ち、サービス業を超えた人命を預かる職業として前向きな気持ちで働けるかが将来性を切り開いていくでしょう。

掲載者情報

キャビンアテンダントになるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年05月27日 12:00
◆更新日:2018年05月27日 12:00

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!