人気学校ランキング観光系 1~10位

1位:日本外国語専門学校

国際ブライダル科:2,460,000円
国際ホテル科:2,460,000円

言わずと知れた超大手校。
元々その名の通り外語系の学校にも関わらず、語学はもちろん観光系の分野にも強い。
少しでもこの業界に興味があるなら絶対目に入るほどの有名度と実績がウリ。
もちろんブライダルランキング、ホテルランキングに名を連ねているのでホテル科もブライダル科も完備。
特にホテルでは外語を扱うことも多いので、しっかり学べる環境にある日外専は文句なしの上位校。


各年度 学費
国際ブライダル科 1年次:1,290,000円
2年次:1,170,000円
国際ホテル科 1年次:1,290,000円
2年次:1,170,000円

2位:専門学校 神田外語学院

英語基礎養成科:1,290,000円
英語コミュニケーション専科:1,290,000円
英語専攻科:2,510,000円
グローバルコミュニケーション科:2,910,000円
各年度 学費
英語基礎養成科 初年度:1,290,000円
英語
コミュニケーション専科
初年度:1,290,000円
英語専攻科 初年度:1,290,000円
2年次:1,220,000円
グローバル
コミュニケーション科
初年度:1,490,000円
2年次:1,420,000円

3位:東京観光専門学校

ブライダルビジネス学科:2,959,960円
ホテル学科:2,868,149円
各年度 学費
ブライダルビジネス学科 1年次:1,505,243円
2年次:1,454,717円
ホテル学科 1年次:1,447,149円
2年次:1,421,000円

4位:ECC国際外語専門学校

エアラインコース(2年制)
エアライン専科(1年制)
海外インターンシップコース(3年制)

<初年度>
入学金:100,000円
授業料:940,000円
施設設備費:175,000円
合計:1,215,000円

<2年次>
授業料:940,000円
施設設備費:175,000円
合計:1,115,000円
各年度 学費
エアラインコース(2年制)
エアライン専科(1年制)
海外インターンシップコース(3年制)
初年度納入金:1,215,000円

5位:名古屋観光専門学校

◆ブライダルビジネス学科
合計:2,252,000円
◆ホテル学科
合計:2,252,000円
◆旅行学科
合計:2,252,000円
◆航空ビジネス学科
合計:2,252,000円
◆鉄道交通学科
合計:2,252,000円

ブライダルビジネス学科

修業年限:2年
定員数:80名
初年度納入金:1,124,000円

ホテル学科

修業年限:2年
定員数:80名
初年度納入金:1,124,000円

旅行学科

修業年限:2年
定員数:40名
初年度納入金:1,124,000円

航空ビジネス学科

修業年限:2年
定員数:40名
初年度納入金:1,124,000円

鉄道交通学科

修業年限:2年
定員数:40名
初年度納入金:1,124,000円

6位:国際トラベル・ホテル・ブライダル専門学校

【昼間部】
ウェディングプランナーコース(2年):2,532,000円
ビューティスタイリストコース(2年):2,532,000円
【夜間部】
ウェディングプランナーコース(2年):1,256,000円
ビューティスタイリストコース(2年):1,256,000円

※その他教科書代等が必要です。
各年度 学費
昼間部 1年次:1,290,000円
2年次:1,242,000円
夜間部 1年次:646,000円
2年次:610,000円

7位:ホスピタリティ ツーリズム専門学校大阪

昼間部:2,880,000~4,460,000円
夜間部:1,502,000~3,082,000円
各年度 学費
昼間部 1年目:1,494,000円
2年目:1,386,000円

◆長期留学制度
1年目:1,494,000円
2年目:1,580,000円
3年目:1,386,000円
夜間部 1年目:795,000円
2年目:707,000円

◆長期留学制度
1年目:795,000円
2年目:1,580,000円
3年目:707,000円

8位:国際観光専門学校

◆観光ビジネス科
合計:-円

観光ビジネス科

修業年限:2年
定員数:80名
初年度納入金:940,000円

9位:国際マルチビジネス専門学校

◆国際観光学科
合計:1,750,000円
◆国際ホテル学科
合計:1,750,000円
◆ブライダルビジネス学科
合計:1,750,000円
◆販売ビジネス学科
合計:1,750,000円
◆総合英語学科
合計:1,750,000円

国際観光学科

修業年限:1・2年
定員数:男女40名
初年度納入金:898,000円

国際ホテル学科

修業年限:1・2年
定員数:男女40名
初年度納入金:898,000円

ブライダルビジネス学科

修業年限:1・2年
定員数:女子のみ60名
初年度納入金:898,000円

販売ビジネス学科

修業年限:1・2年
定員数:男女20名
初年度納入金:852,000円

総合英語学科

修業年限:1・2年
定員数:男女20名
初年度納入金:898,000円

10位:国際デュアルビジネス専門学校

医療・医薬学科(2年制):1,587,540円
各年度 学費
医療・医薬学科(2年制)初年度:863,540円
2年次:724,000円

観光専門学校の特徴・選び方

特徴

資料請求
まずは資料請求をして、どんな内容か見てみましょう。必ず1校ではなく何校もみるようにしてください。相場がわかりますし、また違いもわかるでしょう。ある程度の内容を頭にいれた状態で、次はオープンキャンパスや体験入学へ行きます。

オープンキャンパスや体験入学
オープンキャンパスでは、実際の学校の施設、駅からのアクセス、学校の雰囲気などをよく見るようにしてください。また体験入学も大切です、いくら頭に内容を入れていても、実際に受講してみると大きく違ったということもあります。

入学後に違和感がないようにするためにも、目で見て実際に体験をすることが大切になります。

就職できるようなカリキュラムと先生
どこまで専門的な内容がカリキュラムに入っているのか、また一般教養を勉強したい場合は一般教養も勉強できる学校を選ぶことが必要となってきます。

カリキュラムの次に気にしたいのは、講師の充実度です。講師の良し悪しで学校生活は大きく変わるといっても過言ではないでしょう。そして専門学校ならではといっていい、専門家が揃ったところを選ぶのがよいでしょう。必要な知識以外にも、これから観光業界で仕事をするにあたって、色々なことを教えてくれるでしょう。

この講師の経験談を多く聞いていると、今後色々なことに直面した時にいきてくるのです。また実際に仕事に就いた時に思っていたものと違ったと思うことは少なくなるでしょう。

在学中に資格をとることができるかも大切です。仕事によっては、在学中もしくは卒業と同時に資格がとれるものがあります。学校によっては、資格をとるための講習やもし試験を提供しているところもあるので、専門学校の勉強をしておけば、将来なりたい仕事につながるという環境ができあがっています。

知識や資格をとっただけでは専門学校へ行った目的の全てを達成したわけではありません。就職先を見つける必要があるのです。そのため希望の就職先に就けるための、就職サポートが大切になってきます。キャリアカウンセラーがいる学校もあるので、オープンキャンパスなどに行ったときは必ず確認をするようにしてください。

複数を比較
将来を決める大切なことなので、行きたい専門学校があったとしても必ず他の専門学校と比較をするようにしてください。資料を比較、オープンキャンパスには何校も行く、実際行っている人の話を聞くなど判断材料をそろえて、最終的に判断をするようにしてください。

選び方

エリアで選ぶ
毎日通うことになるので、通えるかどうかを確認するようにしてください。また地方から出てきている方にとっては、住む場所を頭に入れておくと良いでしょう。学生に優しい街もあります。違う都市にでてくるだけで疲れもあるかも思いますが、通学で疲れすぎないようにしてください。

学費で選ぶ
奨学金などを準備している学校もあります。授業料もそれぞれ違うので、確認をしてください。

就職率で選ぶ
専門学校は将来したい仕事をするために行く場所です。就職率は大切になるので、よく確認するようにしてください。就職率が高いということは、キャリアカウンセラーなど就職のための準備がしっかりできているということがいえます。

施設で選ぶ
学校の施設も大切になります。観光の専門学校にはより現実的な施設が多くあります。たとえばキャビンアテンダントを目指すのであれば、実際に機内にいるような教室がありますし、旅行社が使うような端末を用意している専門学校もあります。

入学試験の方法で選ぶ
大学とは違いますが、専門学校へ入るためにも試験が必要になります。全ての専門学校が同じではないのですが、一般的に多いのはAO入試というものです。たとえば東京都内ではエントリー開始が6月1日から、出願期間が8月1日からとなっています。あくまで東京での例なので、地域によって異なってくるので確認をするようにしてください。

学校によっては書類選考だけで行うところもあるので、地方に住んでいる方にはメリットとなるでしょう。高校からの推薦は不要であることが多いです。

高校からの推薦が必要となるのは推薦入試というものです。高校の校長先生に推薦状を書いてもらう入試の方法のほかに、自分で推薦文を書く自己推薦という方法もあります。AO入試と違い、10月1日から出願開始となる場合が多いです。

内申書や面接の内容が合否に大きくかかわるので、学力試験が心配な方でも安心して受験をすることができます。求められることが大学とはまた異なってくるのが、専門学校なのです。

他にも一般入試もあります。書類選考や面接、小論文の他に学力テストがある学校もあります。またそれぞれ専門の内容にあわせて実技試験があるところもあります。
一般入試は11月から3月まで複数回受け付けているところが多いです。3月の回だとにすぐに入学式ということもあるようです。

受験方法は3つの方法があり、時期も分かれています。また複数回に分かれている学校が多いので、自分にあった方法をしっかりと選ぶことができるといえます。


ランキング

1位 JTBトラベル&ホテルカレッジ
客室予約係、ウエディングプランナー、フロントクラーク、ツアーコンダクター、ランドオペレーターなど専門的な学べます。就職活動のフォローもしっかりとしています。

2位 日本外国語専門学校
国際ブライダル科や国際ホテル科などの、インターナショナルに活躍することができる人を育てます。留学コースもあります。

3位 東京観光専門学校
なんといっても就職実績が誇りの専門学校です。1967年創立であり、ホテルなどのサービス業界からの信頼も厚い専門学校です。即戦力になるためのカリキュラムがしっかりとしてます。

掲載者情報

観光系専門学校人気ランキング1~10位
専門学校・スクール学費ランキング
【最新!2018年】
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年1月25日 18:30
◆更新日:2018年1月25日 18:30

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

Λ B!