HOME職業一覧 > 介護福祉士

介護福祉士になるには

介護福祉士は社会福祉専門職の介護に関する国家資格です。資格を取得しなければ介護福祉士として仕事に就くことが出来ません。介護福祉士の資格を取得するには、介護福祉士の養成施設を卒業すること、そしての国家試験を受けて合格することのいずれか1つが必要です。
まずは福祉系のコースがある専門学校です。福祉系の大学でもいいのですが、2年以上の専門課程履修が無い場合は、さらに専門養成施設に通う必要があります。そのため、ここでは専門学校をオススメします。特に介護福祉士になることを決めている人は、早く社会に出ることができるため良いのではないでしょうか。 他にも、大学であれば一般教養なども含めて、介護福祉士の専門分野以外も学ぶ必要性が出てきます。

専門学校であれば、介護に特化した求人を探す、または紹介してもらいやすいのではないでしょうか。実習や研修、さらには過去の卒業生が就業している職場なども多いはずです。早く、かつ有利に就職するのであれば専門学校を選択する。やっぱり自分には向いていないかもしれないときに舵を切りやすいのは大学。それぞれにメリットがあるかと思います。

上記でも触れましたが、専門学校以外でも以下の学校通学で取得する方法があります。
1つは福祉系の大学にて指定の科目を履修し、1年間の学校を卒業すること。
2つめは社会福祉士を初めとする学校を卒業した者が、さらに1年間の学校を卒業すること。
3つめは保育士の学校を卒業した者が、さらに1年間の学校を卒業すること。

次に受験資格を得る方法として挙げられるのが、3年以上の実務経験があるかどうか、そして福祉系の高校を卒業することの2つです。
3年以上の実務経験がある人は、
①筆記試験と実技試験を受験すること
。 ②実技試験を免除する代わりに介護技術講習と筆記試験を受けること。
③同じく実技試験を免除する代わりに実務者研修と筆記試験を受けること。

以上のいずれかの1つを選んで受験をすれば国家試験の受験資格が得られます。

1つは福祉系高校が新カリキュラムなら実技試験を免除する代わりに筆記試験を受けること。
2つめは福祉系高校が特例高校などの場合だと9ヶ月以上の実務経験を積むことが最初の条件であり、経験を積んだ者は筆記試験と実技試験を受けるか、あるいは実技試験を免除する代わりに介護技術講習を受けた後に筆記試験を受けること。

いずれかの1つを選んで受験することで国家試験の受験資格が得られます。ただし、介護福祉士の法律の改正によって受験資格を得る方法が変わっている場合があるので、毎年確認する必要性があるでしょう。

1年間の学校を卒業することに関しては、保育士の資格を持った者だけが入学出来る学校があるので、そちらに入学する必要性があります。ただし、保育士の資格を持っていない人は1つめの方法を選ぶのがセオリーでしょう。

国家試験を受験し、合格すれば晴れて介護福祉士の資格を取得することが出来ます。現在では介護士が不足している状況が一変していない為、どこに行っても引く手数多と言えるでしょう。

介護福祉士の仕事内容

介護士とは基本的に身体の不自由な人が少しでも快適に過ごせるようにお手伝いするのが仕事です。高齢者を中心に食事や睡眠、排泄などの補助を行い、同時に介護者の親族に対してどのような介護を行えばいいのかをアドバイスしていくことも必要になります。単に介護といっても高齢者だけではありません。年齢に関係なく、心と体のケアを行います。

実は介護福祉士の資格をしていなくても介護の仕事を行うことが出来るのですが、その場合だと介護福祉士と名乗ることが出来ません。介護スタッフと呼ばれます。介護福祉士はこのスタッフへの指導なども行っているのです。

介護者の自宅や老人ホーム、介護センターなど働き手を必要とする職場は非常に多いので、その都度仕事内容も増えるし、変わるでしょう。

介護福祉士の収入

一般的なイメージだと低い収入と思われがちですが、月収にすると平均で22万円、年収で平均330万ほどです。ただ、仕事内容に見合った給料が得られているかどうかは不明です。資格を取得していることに対する手当やその他福利厚生などが充実していることも多い反面、休日に出勤することで給料が上乗せされるなどその他の部分でカバーされている場合も多くあります。

介護福祉士の評判

介護福祉士の資格を取得するのは難しいですが、資格を取得してしまえば介護士としての仕事は非常に多くあるので就職先に困ることはまずありません。しかし、施設や企業によっては給料と仕事内容が見合っていないことから離職率が高い職業として評判が悪い傾向にあります。

手当や収入の上乗せがあったとしての仕事がキツイことに変わりはなく、あまりの仕事のキツさが理由で辞めてしまうケースが後を絶たない状況です。しかし、介護業界はどこも介護士が不足している状況にあるので、他の介護施設への転職がやりやすいメリットがあります。このことから今は嫌な職場で働いていても、無理に同じ職場で長く働き続ける必要はありません。

介護福祉士の将来性

介護福祉士は安定していると言えます。ただ、現状は介護福祉士の専門性や介護者のニーズに合った人材が求められていますが、介護福祉士の数が増えてもなかなか介護士不足は解消されていません。

介護士を求める場所も増えているのでニーズが高まっており、資格を取得すれば介護関係の仕事なら比較的採用されやすいのは他の職業にはなかなかないメリットだと言えるでしょう。自分にある働き方を見付けるのも一つの手です。

掲載者情報

介護福祉士になるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2017年10月30日 18:30
◆更新日:2019年12月06日 12:00

Copyright 2017 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!