人気学校ランキング介護・福祉 1~10位

1位:臨床福祉専門学校

◆言語聴覚療法学科
合計:-円
◆理学療法学科
合計:-円
◆理学療法学科
合計:-円
◆柔道整復学科
合計:-円

言語聴覚療法学科

修業年限:昼間2年
定員数:80名
初年度納入金:1,290,000円

理学療法学科

修業年限:昼間3年
定員数:80名
初年度納入金:1,590,000円

理学療法学科

修業年限:夜間4年
定員数:40名
初年度納入金:1,390,000円

柔道整復学科

修業年限:昼間3年
定員数:60名
初年度納入金:1,310,000円

2位:道灌山学園保育福祉専門学校

●第一部(昼間部)
幼稚園教員・保育士養成科(2年制):1,610,000円
●第二部(夜間部)
幼稚園教員・保育士養成科(3年制):1,810,000円
幼稚園教員養成科(2年制):1,300,000円

●第一部
介護福祉士専攻科(1年制):1,165,000円

※諸費用には、教科書代・教材費・実習費・学生傷害保険料・演習等諸費・教育充実費等が含まれます。
※3年次には、学生傷害保険料(約5千円)が別納となります。
※上記金額は、平成24年4月入学生実績です。

各年度 学費
●第一部
幼稚園教員・保育士養成科
1年次:1,040,000円
2年次:570,000円
●第二部
幼稚園教員・保育士養成科
1年次:910,000円
2年次:450,000円
3年次:450,000円
●第二部
幼稚園教員養成科
1年次:850,000円
2年次:450,000円
●第一部
介護福祉士専攻科
1年次:1,165,000円

3位:大阪保育福祉専門学校

【児童福祉科】
Ⅰ類(3年制):2,720,000円
Ⅱ類(3年制):3,140,000円

【保育科】
保育コース(2年制):2,080,000円
幼児教育コース(2年制):2,500,000円

※教科書代、教材費等が別途必要になります。
1年次の場合、教科書代約50,000円、教材費約11,000円です(2014年度実績)。

各年度 学費
【児童福祉科】
Ⅰ類
1年次:1,040,000円
2年次:840,000円
3年次:840,000円
【児童福祉科】
Ⅱ類
1年次:1,250,000円
2年次:1,050,000円
3年次:840,000円
【保育科】
保育コース
1年次:1,140,000円
2年次:940,000円
【保育科】
幼児教育
1年次:1,350,000円
2年次:1,150,000円

4位:横浜保育福祉専門学校

5位:東京福祉専門学校

【社会福祉士】
●昼間部
社会福祉士・精神保健福祉士科(4年制):3,850,000円
社会福祉士一般養成科(1年制):1,470,000円
●夜間部
社会福祉士一般養成科(1年制):1,400,000円
●通信
社会福祉一般養成通信課程(1年9ヶ月): -
社会福祉短期養成通信課程(9ヶ月): -

【精神保健福祉士】
●昼間部
社会福祉士・精神保健福祉士科 精神保健福祉専攻(4年制):3,850,000円
精神保健福祉士一般養成科(1年制):1,400,000

【介護福祉士】
●昼間部
介護福祉士科(3年制):2,750,000円
介護福祉士実践科(2年制):1,820,000円
●夜間部
介護福祉士科 夜間課程(3年制):2,400,000円

【保育士・幼稚園教諭】
●昼間部
こども保育福祉科(3年制):3,750,000円
●夜間部
こども保育福祉科 夜間課程(3年制):3,100,000円
各年度 学費
社会福祉士・精神保健福祉士科 1年次:1,031,015円
2年次:-
3年次:-
4年次:-
●昼間部
社会福祉士一般養成科
1年次:1,429,615円
●夜間部
社会福祉士一般養成科
1年次:1,359,615円
精神保健福祉士一般養成科 1年次:1,363,670円
●昼間部
介護福祉士科
1年次:1,010,427円
2年次:-
3年次:-
●夜間部
介護福祉士科 夜間課程
1年次:875,907円
2年次:-
3年次:-
介護福祉士実践科 1年次:858,117円
2年次:-
●昼間部
こども保育福祉科
1年次:1,372,449円
2年次:-
3年次:-
●夜間部
こども保育福祉科 夜間課程
1年次:1,156,509円
2年次:-
3年次:-

6位:大阪医療福祉専門学校

●昼間部
理学療法士学科(3年制):4,500,000円
作業療法士学科(3年制):4,500,000円
視能訓練士学科(1年制):1,500,000円
視能訓練士学科(3年制):3,800,000円
言語聴覚士学科(2年制):2,700,000円

●夜間部
理学療法士学科(4年制):4,010,000円
作業療法士学科(4年制):4,010,000円

【診療情報管理士学科】
診療情報管理士コース(3年制):2,950,000円
医療ソーシャルワーカーコース(3年制+専攻科1年制):4,000,000円

各年度 学費
●昼間部
診療情報管理士コース(3年制)
1年次:1,050,000円
2年次:950,000円
3年次:950,000円
●昼間部
医療ソーシャルワーカーコース
(3年制+専攻科1年制)
1年次:1,150,000円
2年次:1,050,000円
3年次:1,050,000円
4年次:550,000円
●昼間部
理学療法士学科
作業療法士学科
(3年制)
1年次:1,700,000円
2年次:1,400,000円
3年次:1,400,000円
●夜間部
理学療法士学科
作業療法士学科
(4年制)
1年次:1,100,000円
2年次:970,000円
3年次:970,000円
4年次:970,000円
●昼間部
視能訓練士学科(1年制)
1年次:1,500,000円
●昼間部
視能訓練士学科(3年制)
1年次:1,500,000円
2年次:1,200,000円
3年次:1,100,000円
●昼間部
言語聴覚士学科(2年制)
1年次:1,500,000円
2年次:1,200,000円

7位:大阪保健福祉専門学校

●昼間
社会福祉科(4年制):4,100,000円
介護福祉科Ⅰ部(2年制):1,800,000円
保健保育科 昼間主コース(2年制):1,800,000円

●夜間
介護福祉科Ⅱ部(3年制):1,9000,000円
保健保育科 夜間主コース(2年制):1,800,000円
精神保健福祉科(1年制):800,000円
社会福祉専攻科(1年制):800,000円

※その他、諸費用が必要です。
各年度 学費
●昼間
社会福祉科
1年次:1,100,000円
2年次:1,000,000円
3年次:1,000,000円
4年次:1,000,000円
●昼間
介護福祉科Ⅰ部
1年次:950,000円
2年次:850,000円
●昼間
保健保育科 昼間主コース
1年次:950,000円
2年次:850,000円
●夜間
介護福祉科Ⅱ部
1年次:700,000円
2年次:600,000円
3年次:600,000円
●夜間
保健保育科 夜間主コース
1年次:950,000円
2年次:850,000円
●夜間
精神保健福祉科
社会福祉専攻科
1年次:800,000円

8位:総合学園ヒューマンアカデミー

9位:日本福祉教育専門学校

●大卒・実務経験者対象
【昼間通学】
社会福祉士養成学科(1年制):1,300,000円
精神保健福祉士養成学科(1年制):1,300,000円
言語聴覚療法学科(2年制):2,520,000円

【夜間通学】
社会福祉士養成学科トワイライトコース(1年制):1,230,000円
社会福祉士養成学科ナイトコース(1年制):1,230,000円
精神保健福祉士養成学科トワイライトコース(1年制):1,230,000円
精神保健福祉士養成学科ナイトコース(1年制):1,230,000円

【通信通学】
社会福祉士養成通信課程(1年7ヶ月):240,000円~
精神保健福祉士養成通信課程(一般1年7ヶ月):260,000円~
精神保健福祉士養成通信課程(短期9ヶ月):150,000円~
介護福祉士実務者研修通信課程(9ヶ月): -
介護職員初任者研修(6週間/4ヶ月): -

【通信併修】
介護福祉学科・社会福祉士コース(2年通学+通信課程)併修:2,193,000円
社会福祉学科<手話通訳コース>・社会福祉士コース(2年通学+通信課程)併修:2,130,000円
社会福祉学科<音楽療法コース>・社会福祉士コース(2年通学+通信課程)併修:2,330,000円

●高卒以上者対象
【昼間通学】
ソーシャル・ケア学科(4年制):4,150,000円
介護福祉学科(2年制):2,193,000円
社会福祉学科<手話通訳コース>(2年制):2,130,000円
社会福祉学科<音楽療法コース>(2年制):2,330,000円

※その他、教科書代・実習費(該当者のみ)等の諸経費が必要です。
各年度 学費
大卒・実務経験者対象
【昼間通学】
社会福祉士養成学科
精神保健福祉士養成学科
1年次:1,300,000円
大卒・実務経験者対象
【昼間通学】
言語聴覚療法学科
1年次:1,360,000円
2年次:1,160,000円
大卒・実務経験者対象
【夜間通学】
社会福祉士養成学科
精神保健福祉士養成学科
トワイライトコース・ナイトコース
1年次:1,230,000円
大卒・実務経験者対象
【通信通学】
社会福祉士養成通信課程
1年次:240,000円~
大卒・実務経験者対象
【通信通学】
精神保健福祉士養成通信課程(一般1年7ヶ月)
1年次:260,000円~
大卒・実務経験者対象
【通信通学】
精神保健福祉士養成通信課程(短期9ヶ月)
1年次:150,000円~
大卒・実務経験者対象
【通信通学】
介護福祉士実務者研修通信課程
介護職員初任者研修
1年次:-
大卒・実務経験者対象
【通信併修】
介護福祉学科・社会福祉士コース
1年次:1,171,500円
2年次:1,021,500円
大卒・実務経験者対象
【通信併修】
社会福祉学科<手話通訳コース>・社会福祉士コース
1年次:1,140,000円
2年次:990,000円
大卒・実務経験者対象
【通信併修】
社会福祉学科<音楽療法コース>・社会福祉士コース
1年次:1,240,000円
2年次:1,090,000円
高卒以上者対象
【昼間通学】
ソーシャル・ケア学科
1年次:1,150,000円
2年次:1,000,000円
3年次:1,000,000円
4年次:1,000,000円
高卒以上者対象
【昼間通学】
介護福祉学科
1年次:1,171,500円
2年次:1,021,500円
高卒以上者対象
【昼間通学】
社会福祉学科<手話通訳コース>
1年次:1,140,000円
2年次:990,000円
高卒以上者対象
【昼間通学】
社会福祉学科<音楽療法コース>
1年次:1,240,000円
2年次:1,090,000円

10位:早稲田速記医療福祉専門学校

◆医療秘書科
合計:2,260,000円
◆医療マネジメント科
合計:2,291,000円
◆診療情報管理専攻科
合計:1,024,000円
◆くすり・調剤事務科
合計:2,285,000円
◆介護福祉科
合計:2,243,000円
◆鍼灸医療科
合計:3,029,000円

医療秘書科

修業年限:2年
定員数:-名
初年度納入金:1,140,000円

医療マネジメント科

修業年限:2年
定員数:-名
初年度納入金:1,140,000円

診療情報管理専攻科

修業年限:1年
定員数:-名
初年度納入金:990,000円

くすり・調剤事務科

修業年限:2年
定員数:-名
初年度納入金:1,140,000円

介護福祉科

修業年限:2年
定員数:-名
初年度納入金:1,170,000円

鍼灸医療科

修業年限:3年
定員数:-名
初年度納入金:1,090,000円

介護・福祉の仕事の特徴

【保育士・幼稚園教諭の違い】

人の助けになるような仕事がしたい。人を笑顔にする仕事がしたい。
介護・福祉分野に興味がある人はそういった考えの方が多いのではないでしょうか。
介護福祉とは、自力で人間的な生活を送るのが困難な人に対してのサービスをすることです。
今回はそんな仕事の中でも、介護福祉士と、社会福祉士について掘り下げます。

☆★介護福祉士について★☆

◆介護福祉士とは
介護福祉士とは、お年寄りや障がいのある人の生活をサポートする仕事です。
活躍の場は主に、病院や老人ホーム、訪問看護ステーションなどですが、様々な場所で活躍できます。
「介護福祉士」資格は数ある介護系の資格の中でも、唯一の国家資格です。
介護従事者への指導や、超高齢社会による介護従事者の不足問題を解消するための活動など、介護の現場以外にも、介護をとりまく環境の環境の改善という役割も求められています。
介護福祉士は、高齢者や、心や身体にケアが必要な方です。歩ける人もいれば、寝たきりの人もいます。そのため、仕事内容は多岐にわたります。
その中でも主な仕事内容は3つにわけられます。その3つは、身体の介護、生活の援助、相談支援です。
・身体の介護
身体の不自由な方などにする介護です。ベッドからの起き上がりや立ち上がり、寝返りや歩行の補助など、利用者が安全に動作を行えるようサポートするのが身体介護です。
利用者の要介護レベルや要支援レベルに応じてサポートを行います。
・生活の援助
家事代行や補助、買い物代行などがあり、利用者の生活をサポートするのも介護福祉士の大切な仕事です。
援助の内容は、利用者のニーズや心身の状態に応じて異なります。
・相談支援
介護福祉士は「介護計画」を作成し、介護フランの説明を利用者や利用者の家族に対して行います。
利用者の相談にのることはもちろん、利用者のご家族の相談を受けるのも、介護福祉士の仕事です。

◆介護福祉士になるには?
介護福祉士になるには、国家資格である「介護福祉士」資格を取らなくてはなりません。
資格取得の方法として、「養成施設に通う」「福祉系高校を出る」「実務経験を積む」という3つのルートがあります。
・養成学校に通う
福祉系の専門学校などを卒業し、筆記試験を受け資格を取る方法です
養成学校の入学資格は高卒以上です。一般の高校や大学を卒業した場合は2年以上の就学。福祉系大学や専門学校等を卒業した場合は1年以上の就学が必要になります。
これまで、養成学校ルートでは、卒業と同時に介護福祉士の資格を取得できましたが、2022年度から、資格をとるには筆記試験に合格することが条件となりました。
高校卒業後の進路を考えている方や、短期間で資格取得をしたい方、一緒に学ぶ仲間が欲しい方、実践的な環境がありつつ知識も身につけたい方は、専門学校がおすすめです。
・福祉系高校を出る
福祉系高校ルートでは、福祉科や介護福祉コースなどのある高校や特例高校を卒業後、受験資格が得られます。
専門学校とは違い一般教養も学べます。高校に通いながら専門的な知識や技術が身につくため、早期に介護福祉士として活躍できます。
高校卒業資格を取得したい方や中学卒業後の進路を考えている方にオススメです。
・実務経験を積む
実務経験ルートでは、介護の現場で3年以上かつ540日以上働くことと、「実務者研修」という講座を修了することで、受験資格が得られます。
働き方に規定はないので、正社員をはじめ、派遣やパートとして働いた実績も実務経験として認められます。
介護の仕事自体は無資格・未経験でもはじめられるので、まずは働いてみて、仕事に慣れつつ資格取得を目指せます。

◆介護士の給料相場

介護福祉士経験無しの場合は、月給22万円前後、年収340~360万円が相場です。年収にすると、340万~360万円となります。さらに介護福祉士としての経験を積めば、さらに基本給もあがり、年収400万円を超える場合もあります。
これから、介護の現場の需要は高くなり、給与のベースアップの可能性もあります。

☆★社会福祉士について★☆

◆社会福祉士とは
社会福祉士とは、いわゆる「ソーシャルワーカー」と呼ばれる社会福祉専門職の国家資格です。
身体的・精神的・経済的なハンディキャップのある人から相談を受け、日常生活の援助をおこないます。
また、他分野の専門職などとも連携し、包括的に支援を進めることも社会福祉士の役割です。
地域を地盤として様々な場所で活躍します。

◆社会福祉士に向いている人
社会保険福祉士は様々な人と関わる仕事です。
高齢者や障がいを持った人はもちろんのこと、その人たちと行政などをつなぐ橋渡し的な役割でもあるため、コミュニケーションをとることが得意な人、好きな人は社会福祉士に向いているといえます。
また、社会保険福祉士は相談業務が中心なので、相手の問題解決のために、人の話を最後までしっかり聞いて状況把握をし、複雑な事情や気持ちを理解するスキルが必要です。そういったことが得意な人が素質のある人といえます。
また、複雑な事情を持った人や、中には深刻な悩みを持った人からも相談を受けることがあるのが社会福祉士なので、深刻な相談を受ける事もあるので、気持ちの切り替えが得意な人も社会福祉士に向いています。

◆社会福祉士になるには?
社会福祉士になるには様々なルートがありますが、年1回実施される「社会福祉士国家試験」での合格が必須です。
福祉系の大学や短大卒で指定科目を履修している方は既に受験資格があります。
一般の方が目指す場合は、短期もしくは一般養成施設(専門学校など)を卒業することで国家試験の受験資格が得られます。

◆社会福祉士になるために専門学校へ進学した場合のメリット
社会福祉士の専門学校は、4年制の学校、あるいは大学や短期大学を卒業した後に入学できる1年制、または1年数ヶ月の通信制などがあります。
福祉系でない一般の大学を卒業した方で社会福祉士を目指している方は、養成施設で最低でも1年は学ばなければいけません。なので、大学入学から国家資格を受けられるまでに5年以上の時間がかかってしまいます。
一方、専門学校をでは高校卒業後入学すれば最短4年で国家資格を受けられるので、最短ルートで国家資格を受験したい方には専門学校がオススメです。
また、専門学校は社会福祉に特化した学校ですので、講師陣も経験豊富なプロが多く、密度の高い学習や、実習も多いので、より就職に強く、いい就職先が見つかりやすいのも特徴です。

◆社会福祉士の給料相場
社会福祉士の年収は476万円です。
20歳代の社会福祉士の年収270万円以上338万円未満です。勤務先や経験年数によっても差がありますので、自分の希望にあった就職先を見つけることが重要になります。

掲載者情報

介護・福祉専門学校ベスト10
専門学校・スクール学費ランキング
【最新!2019年度版】
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2013年4月01日 18:30
◆更新日:2018年9月27日 15:30

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

Λ B!