HOME職業一覧 > 米国公認会計士

米国公認会計士になるには

米国公認会計士になるために必要な資格や条件はあるのでしょうか。
米国公認会計士になるまでの流れも含めて確認していきましょう。

米国公認会計士というのはその名の通り米国での公認会計士資格をもった会計士さんのことを指します。

そのため米国でUSCPA試験合格者という立場になることが求められます。こちらの資格を取得するとアメリカ以外でもカナダやオーストラリア、もしくは香港などで会計士として活躍することが可能となっています。

ちなみに、日本の会計士試験は取得したらすぐに仕事ができるようにということで非常に難しく細かい部分まで問われる試験になっていることに対して、米国公認会計士試験は資格を取ってからがスタートで、試験に合格してから徐々に技術を習得していくというような前提のもとに作られていることから、米国公認会計士試験というのは日本のそれよりも比較的基本的な部分を問われるような問題が多くなっています。

ただし米国公認会計士の試験は当然のことながら全て英語で行われることになりますので、これらの試験問題を理解し、英語で回答ができるくらいまでの、いわゆるネイティブレベルの英語力は必要になります。米国公認会計士になるのであれば最初に英語をマスターする必要があります

米国公認会計士の仕事内容

それではここからは米国公認会計士の仕事内容についてご紹介をしていきます。

米国公認会計士のお仕事というのは大きく2つに分かれます。税務関係の処理や会計に関する処理の作業と、そして監査業務というものに分かれます。

ちなみに米国公認会計士については監査や税務関係のお仕事というのは独占業務として取り扱うことが可能となっています。

ここで注意したいのは米国公認会計士の資格を持っているからといって、日本国内でも公認会計士の資格が必要な業務に従事することはできないという点です。

米国公認会計士の資格が有効なのはアメリカおよびカナダそして香港などの国になりますので、米国公認会計士を取得してさらに日本国内でも公認会計士資格を取得すると、これはまさしく鬼に金棒ということになるわけです。

とにかく仕事内容としては法人を対象として帳簿を確認したりしてその内容に大きな間違いや申告漏れなどが無いかどうかを確認するということになります。

米国公認会計士の収入

米国公認会計士の収入はどのようになっているのでしょうか。こちらも確認していきます。

米国公認会計士の資格を持っていて日本で働く場合には、およそ役職にもよって年収は異なりますがほぼ1500万円から2000万円程度のお給料をいただくことが可能となっています。

もちろん最初のあたりは450万円から600万円程度からキャリアがスタートすることもありますが、伸びしろは非常に大きく突き詰めていくと年収4000万円以上、5000万円以上というケースもざらにあるほどです。

米国公認会計士の将来性

米国公認会計士の将来性についてはどうでしょうか。

この職業に関しては一度試験に合格したらそれで終わりというわけではなく、毎年毎年細かい部分でルールや法律が改正になりますのでそういった部分に関して確実に新しい情報を取り入れ、そして実際に使えるようにブラッシュアップをしていくというのが重要な部分となります。

これらの作業をきちんと行っていれば将来性は抜群ですし、そしてこのお仕事自体の将来性に関しても、今後先細りすることは絶対にないお仕事と言えるのではないでしょうか。

掲載者情報

米国公認会計士になるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年05月30日 21:00
◆更新日:2018年05月30日 21:00

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

Λ B!