HOME職業一覧 > シェフ

シェフになるには

高校生がシェフになるにあたり、必須となる資格は一切ありません。シェフを目指す一歩として調理師免許の取得を目指したり専門学校や養成学校に通う方法もありますが、現場では調理師の免許を取得しているだけではほぼ役に立たないことも少なくありません。つまり、シェフを目指す為には専門的な知識よりも現場での経験の積み重ねが最も重要な職業だと言えます。

まずはシェフを目指す為に一人前のコックを目指すことになります。しかし、まず最初に店に就職したとしても最初から料理出来るわけではなく、下積みから始まります。逆に言えば店で働いている先輩やシェフも下積み時代を乗り越えているということになるので、いかに下積み時代を通過しながら仕事を覚えていくかが重要です。

下積みの役目は調理場の掃除や食材の手配、皿洗いや後片付けなどほとんど雑用に近いと言っても過言ではありません。料理をする為に就職したのに、と思うかもしれませんが下積み時代で重要なのは調理場での作業になれること、そして何がどこにあるのかを覚え、整理整頓や調理に必要な段取り、衛生面の管理などを徹底して覚えることにあります。

基礎が出来ていない料理人こそ粗雑な面が料理に表れてしまうので、下積みを重ねてこそ基礎が身体に身に付いていきます。ちなみに店では早く入った人から先輩になる縦社会なので、自分より1日でも遅く入った人は誰であろうと後輩になります。

なお、レストランなどで働く料理人はほとんど男性というイメージがありますが、女性も問題なく働ける職業です。男女平等に扱われるので体力面でどうしても劣ってしまう部分があるかもしれませんが、逆に女性にしか出来ないこともあるので、女性もシェフを目指すことは十分に可能です。

下積み時代を乗り越え、料理が作れるようになって一人前のコックになった上でシェフになることが出来ます。

シェフの仕事内容

シェフが行う仕事は厨房の現場監督のようなものであり、そこで行われる全ての行動は全てシェフが責任を負うことになります。

調理を大前提にスタッフの教育や料理の原価及びマネージメントを行うなど経営力も必要になります。また、部下が調理した味付けの最終チェックを行うのも重要な仕事であり、OKを出すことでお客の元に料理が運ばれていきます。

シェフや調理やスタッフの育成・指導を行うだけでなく、食材の調達やメニューを考えなければなりません。店の味はシェフの世界観によって作り出される為、自分が料理で何を表現したいのかを日々考える必要があります。その為にはどのような食材をどのように仕入れてくるかが重要になりますが、経営も忘れてはいけません。

料理のメニューばかりを追求して食材の値段を疎かにしてしまうと、最終的に経営が立ち行かなくなって店を畳むことになりかねません。いかに料理の味と利益を追求出来るかがシェフに必要な能力だと言えます。したがってシェフ自ら調理をする一方で、管理責任者としての業務をこなすなど、非常に大変な職業となります。

基本的に多くの料理人はいずれ自分の店を出したいと思って修行を積み重ねています。もしも自分が店を持ってオーナーシェフになることが出来れば、そこから先は店を繁盛させるのも畳むのも自分次第です。店のインテリアから料理のメニューまで自分のやりたいようにやることが出来ますし、あらゆる決定権を持って何をお客に提供するのかを考えなければなりません。

シェフとしてやらなければならないことは山積していますが、お客に最高の一時を味わってもらいながら最高の料理を提供することこそが最大の仕事だと言えるでしょう。

シェフの収入

シェフが得られる収入は、雇われシェフかオーナーシェフであるかどうかで変わります。一般的なコックの収入だとおよそ17万から18万程度といったところですが、シェフの場合だと年収は360万から700万程度となっています。

正直言って長時間かつ過酷な労働に見合った収入ではないと言わざるを得ませんが、雇われシェフの場合だと企業の規模によってボーナスが支払われたり、昇給もあり得ます。しかし、オーナーシェフで経営が上手くいっている場合だと1000万以上の年収を稼ぐことも十分に可能です。

シェフの評判

シェフの収入面は決して良いものではありませんが、それでも評判は非常に高いです。

何といっても自分の店を出して自分のやりたいことを表現することが可能であり、自分が考案した料理を食べてもらえるという喜びを味わうことが出来ます。もちろん経営を維持する為にやることは山ほどありますが、自分の城を持つことの意味合いは非常に大きいでしょう。

人によって表現方法はまるで違うので、いかに自分が店を持った時のイメージを固められるかが重要です。

シェフの将来性

シェフの将来性は、食の安全が重要視されると共に広がりを見せています。

単にお客に自分の料理を提供するのも一つのスタイルですが、店の表現や料理のスタイルによって将来性はいくらでも変わります。一般客だけでなく、どんな客層をターゲットにするかでも店のスタイルは大きく変化するでしょう。高齢者でも食べやすく栄養面を重視した料理を提供するのか、食の安全にこだわった品質重視の料理を提供するのかなど様々です。

自分が店を持つとしたら、どんな料理を提供していきたいのか下積み時代から考えても遅くはないでしょう。

掲載者情報

シェフになるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年1月4日 16:15
◆更新日:2018年1月4日 17:00

Copyright 2017 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

Λ B!