HOME職業一覧 > 管工事施工管理技士

管工事施工管理技士になるには

管工事施工管理技士になるには、まず何をすればいいのか、試験や免許は必要なのか、なるためにかかる期間はどれくらいあるんか?学校や条件はどうなっているの?と様々な疑問にここでは解説していきます。

管工事施工管理技士になるには、専門学校や大学で知識や技術を身に着ける事が一番の近道になるでしょう。
実務経験を積んで管工事施工管理技士の資格をとる人も中にはいますが、やはり、専門学校や大学でしっかり学び資格をとる事をおすすめします。

専門学校に入るとなれば、最短でも2年間は勉強をし、3年以上の実務経験を積んだのち、受験資格がとれることになり、大学で4年間勉強したのち、実務経験1年半で受験資格を得る事が出来るという事になります。

管工事施工管理技士には1級・2級があり、こちらの資格は国家資格になるという事です。

管工事施工管理技士の仕事内容

この管工事施工管理技士という仕事はどんな仕事か全然想像がつかない!という人の方が多いように感じるこの仕事ですが、どんなお仕事だと思いますか?名前だけ聞くとかっこよさそうと感じる人もいますよね。ここでは管工事施工管理技士の仕事内容について紹介していきます。

管工事施工管理技士の仕事内容は、主に管工事の施工計図を設計するお仕事になります。また品質管理や工程管理、安全管理などもおこないます。
冷暖房の管理をしたり、空調設備をしたり、浄化槽設置やガス管、配管の設備、下水道配管設備などもこちらの配管工施工管理技士のお仕事になっています。
特に安全管理は重要なお仕事になっているといってもいいでしょう。

管工事施工管理技士の収入

管工事施工管理技士として生きていくと働きたいと考えたとき、大体の収入はどれくらいになるんだろう?と気になりますよね。してボーナスや昇給もあるのかな?と今のうちから気になる!という人もいるでしょう。ここでは管工事施工管理技士について解説していきます。

配管工施工管理技士の収入は、2級で~500万円以上というものになります。500万円で計算すると月の月収が、42万円ほどになるという事になります。
1級になると、~600万円以上になります。なので月に計算すると、50万円という事になります。
ですが、1級管工事施工管理技士を持っていて、実務経験や、知識、技術がみとめられた人には年収800万円を得ている人もいるそうですよ。

大手の企業に入ると高収入を狙う事も出来るという事になりますね。

管工事施工管理技士の評判

ここでは管工事施工管理技士の評判について紹介していきます。あなたが持つ管工事施工管理技士のイメージと同じか、それとも違うのか、そんな部分にも目を向けてみてくださいね。

管工事施工管理技士の評は特別扱いされるといった人や、可能性が広がるという人、がいます。その反面責任が重いという人もいます。ですがやはり、こちらの配管工施工管理技士というお仕事にやりがいを感じているという人が多いようです。

こちらのお仕事はやりがいがある、という部分では、他のお仕事と比較しても頭一つ出てくるものがあるのではないでしょうか。

管工事施工管理技士の将来性

将来性はどうなのでしょうか?ここでは管工事施工管理技士の将来性について解説していきます。

配管工施工管理技士の将来性についてですが、1級という資格は、誰でも取得できるものではないので、自信を持って仕事をしてもいいでしょう。また1級を持ち大手の企業へと就職や転職をすると将来に不安を感じる事はないのでしょうか。

掲載者情報

管工事施工管理技士になるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年5月28日 15:00
◆更新日:2018年5月28日 15:00

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!