HOME職業一覧 > 振付師

振付師になるには

振付師になるには、まず何をすればいいの?試験や免許は必要?なるためににかかる期間はどれくらい必要?学校や条件には何があるの?等これらの疑問について解説していきます。

振付師になるには、現役のダンサーや現役引退をしたダンサーが振付師として活躍しているようです。バレエ業界ではこの振付をおこなう人を「振付家」と呼ぶんだそうです。この振付師になるには特に学校などに通う必要があるとはいえません。しかし、幼い頃からダンスをしている人、スクールやサークルに通っていたり、専門学校やバレエ教室などで基礎を学びダンサーとしての実務を積む必要があります。

振付師の仕事内容

この振付師という仕事はどんな仕事か知っていることはありますか?TVや動画でみた事があるという人、知っているけど内容までは知らないという人、なんとなくかっこよさそう、何となく仕事内容を知りたい、と思っている人もいるのではないでしょうか。ここでは仕事内容について紹介していきます。

振付師には上記で紹介したバレエやダンスの他にもフィギュアスケートや、体操、器械体操、シンクロ、日本舞踊の振り付けをする「振付師」もいます。
振付師のお仕事は、曲のコンセプトやリズムに合わせてダンスを考え踊り手に振りを教える事をします。曲や共演ごとに振り付けを請け負いダンスを考え振り写しをしていくというのが仕事になっています。

振付師の収入

振付師として活躍したいと考えたとき1ヶ月あたりのお給料はどのくらいもらえるのだろうか。年間にするとどのくらいの年収になるのか。今のうちから気になる!という人も少なくないですよね。そこでここでは振付師の年収や収入、いくらくらいお金を得られるのかについて解説していきます。

振付師の収入は個人の能力や経験にもよりますが、1曲あたり数万円~数百万円と幅広い金額になっています。人気ダンサーや人気元ダンサーだと1曲あたりの金額が数百万円になるでしょう。こう考えるとトップレベルの振付師は国内を数えても数人しかいないと考えられますね。振付師としてだけの生計だけでは難しいのが「振付師」の世界になっているのではないでしょうか。

振付師の評判

あなたのイメージとして、振付師はどんな印象を持っていますか?実際のところ振付師の評判はどのようなものなのでしょうか?ここでは振付師の評判についてみていきましょう。あなたが持つ振付師のイメージとどうなのかそんな部分にも目を向けてみてくださいね。

振付師の評判は悪いものではないといえるのではないでしょうか。私たちがPVやTVなどでみているダンス等は「振付師」が考えているものになります。そこでカッコいいダンスだなとか、これ踊ってみたいなと思う人がどんな曲にもかかわらず沢山いるはずです。という事は振付師の評判は悪いとはいえませんよね。

振付師の将来性

最後にこの振付師という職業の将来性はどうなっていると思いますか?ここでは振付師の将来性について解説していきます。

振付師の将来性は日本全国で「振付師」としてだけで生計をたてている人はほんの一握りしかいないという事を先ほどご紹介しました。この現状からいうと、「振付師」という仕事は厳しいものだといえますね。しかし最近では小中高とダンスの授業が増えてきて人気も高まってきているといえます。ダンスが楽しいと感じる人も少なくないはずです。学校以外でのダンスをしたいと考えスクールに通う人も増えてくるでしょう。
それに伴いダンス講師や、振付師の仕事がも増加してくるのではないかと考えられるので期待は高まりますね。

掲載者情報

振付師になるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年05月30日 13:00
◆更新日:2018年05月30日 13:00

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!