HOME職業一覧 > 一般事務

一般事務になるには

一般事務になるには、まずそもそも何をすればいいのでしょうか?

一般的に事務業務とはオフィスワークのことを言います。オフィスワークをするにあたり必要な資格などはあるのでしょうか?

基本的に必要な資格はありませんが、一般教養は必要と言えるでしょう。
例えば電話応対や書類整理、計算、メールやファックスの送信、データ収集、来客対応、パソコン操作などがあります。

また一般事務になる方法は、一般事務職を募集している企業に就職する。これに尽きます。
基本的に高校卒業後、専門学校や大学を卒業してから一般事務として就職する場合と、高校を卒業してすぐに就職する場合が多いです。

そしてあると一般事務の就職に有利な資格はあります。
日商PC、文書情報管理士、MOSなどのパソコン操作ができることが分かる資格があると就職に有利ですし、一歩踏み込んで経理計算実務能力検定、日商簿記などの資格もあると良いでしょう。

一般事務の仕事内容

一般事務の仕事内容としては、契約書の作成、電話応対、来客応対、郵便物などの仕分け、ファイリング、ファックスやメールの送信、データ管理などの仕事がメインとなります。
また、パソコンを使用してファイルの作成などを行う場合がほとんどなので、ExcelやWordと言ったソフトが使えることが条件となるでしょう。

一般的に高度なスキルを身に着ける必要はありませんが、簿記などの資格を保持していればそれを生かすこともできますし、海外の言葉が話せればそれを生かして外国との取引などもでき、自分の持っているスキルを活かすことが出来る仕事でもあります。

また一般的にはオフィスワークでの仕事となりますので、チームーワークも必要になる仕事と言えるでしょう。自分以外のスタッフが業務を効率よくこなせるようサポートするのも一般事務の仕事の一環です。

一般事務の収入

一般事務においてのお給料とてもきになりますよね。ここでは一般事務の平均月給や年収をご紹介していきますので参考にして下さい。

一般事務の平均月収は20~30万前後と言われています。

会社の規模やポジションボーナスのある会社とない会社とでは給料に差が出ますが、おおよそ年収は200~400万前後であることが多いです。

もちろん外国語が喋れることや、特別な資格を持っているのもスキルとして収入につながりますので、会社を選ぶ際はそのあたりを重視して会社を選ぶといいと思います。

一般事務の評判

一般事務と言えば、会社があればほぼ必ずといっていいほど存在するお仕事であります。

逆に言えば、事務のお仕事は会社にとってとても必要となる仕事とも言えるわけです。

また、仕事がスムーズに進むように事務処理能力の高さはもちろん、ちょっとした気遣いができるなど、なくてはならないお仕事として頼りになるという評判があります。

一般事務の将来性

将来性はとてもある仕事といって間違いありません。
この世の中に会社が存在する以上事務仕事があるわけですから、就職先に困らないことになります。

また、長く働くことが出来ますし、なんといっても安定した休みや給料が支払われるので安心して生活を送ることが出来ると言えます。

そして、スキルや資格を身に着けることにより収入のアップや転職に有利になることが出来る職業の一つでもあります。

掲載者情報

一般事務になるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年5月28日 22:00
◆更新日:2018年5月28日 22:00

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!