HOME職業一覧 > 臨床心理士

臨床心理士になるには

高校生が臨床心理士になる為には、試験を受験する資格を得てから資格認定試験に合格する必要性があります。臨床心理士に限らず心理系の職業に必要な国家資格というものは存在していません。一般的なカウンセラーなどを目指すのであればその都度適した資格を取得することになりますが、臨床心理士の場合だと資格を取得するのが難しくなります。ただ、心理系の職業は臨床心理士の資格を持っていると優遇されることも多く、採用条件の一つに入っていることもあるので出来れば臨床心理士の資格を取得しておいた方が就職面や収入面などで有利になるでしょう。
高校生が臨床心理士の資格を取得する為の一般的なルートとして、高校を卒業後、指定大学院の1種か2種のどちらかに進学する必要性があります。指定大学院の1種なら課程を修了させることで臨床心理士試験を受験する資格が得られますが、2種の場合だと課程を修了した上で1年の実務経験を積まなければ臨床心理士試験を受験する資格が得られません。臨床心理士試験に合格すれば晴れて様々な職場で働くことが出来ます。

その他にも臨床心理士を養成する大学院に進学して課程を修了させること、そして医師免許を取得しているなら心理臨床経験を2年以上積んでいることなどでも臨床心理士の試験を受験することが出来ます。
臨床心理士の資格を取得した人の就職先は様々な種類があり、様々なところで重宝されています。職場で働く際には臨床心理士を初めとする心理士の資格を取得しなくても就職することが出来ますが、臨床心理士の資格を取得した方がより信頼される上に採用されやすくなります。必ずしも採用されるとは限りませんが、臨床心理士の資格を取得するに越したことはないでしょう。

臨床心理士の仕事内容

まず、臨床心理士に求められるのは相手の悩みが解決出来るまで続けられる忍耐力と相手のどんなことでも受け入れられる包容力が必要です。心理的な問題は頭ごなしにアドバイスしても解決しませんし、一人一人の心の悩みとどう向き合っていくのかが臨床心理士の大きな課題だと言えます。
臨床心理士の仕事は、主に相手の心の悩みを聞き、それに対するアドバイスを行うことです。精神科医などと似たような感じかもしれませんが、カウンセリングを行う上で絶対にやってはいけないのが、相手の考えを否定したり、こちらから何らかの方法を指示することです。心の悩みは方法を指示しただけでは解決出来ないことも非常に多く、否定されたり指示を出したりしたことで相手の心理状況を余計に混乱させることになります。

大事なのはどんな理由があっても相手の話を理解してサポートしてあげることです。心の悩みは他人が解決出来るものではないので、心理士はあくまで本人が悩みを解決出来るように架け橋を作ることが役目なのです。
臨床心理士が職場で行うのは臨床心理査定や心理カウンセリングなど様々です。

臨床心理士の収入

臨床心理士が得られる収入は常勤か非常勤、そして働く職場によって大きく違ってきます。常勤の臨床心理士の場合だと一般的な平均年収は300万から500万程度とされており、公務員として働くことで安定して収入を得ることが出来ます。
ただし、臨床心理士になったばかりの新人の場合だとすぐに常勤で働けるようになるまでには時間がかかるでしょう。その場合、非常勤の臨床心理士だと多くは時給制になっています。基本的に時給千円からスタートしますが、経験や実績を積み重ねていくと1万円まで時給が上がることもあります。
時給が高い非常勤の臨床心理士は、スクールカウンセラーです。スクールカウンセラーでの時給は平均5千円程度と高めですが、基本的に思春期で様々な影響を受けやすい年代であることから心の悩みを持つ生徒が多く、その分仕事がハードである可能性が高いでしょう。

臨床心理士の評判

臨床心理士の評判はどちらかというと少なからず悪い傾向にあると言えます。心理士は人の心の悩みを一心に受け止める仕事ですから、他の職業よりもかなりの忍耐力が要求される仕事です。臨床心理士も人間なので心の悩みが全くないわけではありませんし、一人一人の様々な悩みに正面から向き合ってアドバイスをするのは非常に大変なことです。
本人が自分で解決しなければならないとはいえ、その手助けを行うことに苦悩する毎日を送ることもあるでしょう。時には自分自身が精神的に病む恐れもあるなど、自分自身がしっかりしなければならない仕事であることから、基本的にハードな仕事となります。その上安定した収入もままならない不安定な職業なので、自分自身も不安定になりやすいと言えるでしょう。

臨床心理士の将来性

臨床心理士の将来性においては、心理士の職業に就くにあたって臨床心理士の資格を得ているかどうかで変わります。スクールカウンセラーなどを初めとする様々な職場で心理士が求められることが多くなってきたことから心理士のニーズが高まってきています。
しかし、ニーズが高まっているといっても就職するのが難しいことに変わりはありません。国家資格でないという大きな要因がありますが、それ以外にも心理士になり始めたばかりの時期は常勤で働ける確率が低い以上、非常勤で不安定な収入で生活することを余儀なくされます。
自分のこれからの将来性を高める為には、臨床心理士の資格の取得が必要不可欠といっても過言ではありません。臨床心理士の資格を有していればより信頼性が増す為、就職において非常に有利になります。就職の幅や収入面など様々な状況で臨床心理士の資格の有無によって左右されるので、まずは臨床心理士の資格の取得を目指しましょう。

掲載者情報

臨床心理士になるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2017年10月30日 18:30
◆更新日:2017年10月31日 16:30

Copyright 2017 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!