HOME職業一覧 > 落語家

落語家になるには

それでは落語家になるにはどうすれば良いのかという部分について確認していきましょう。

こちらの仕事については特段資格などは存在しませんが、やはりまず第一に、落語には様々な流派があるということを認識しなければなりません。有名どころでは故・5代目三遊亭円楽師匠が率いていた 円楽一門会などがこれにあたります。

そして落語家になるには、真打の落語家さん、つまりこう言った流派に所属し高い地位にいるプロの落語家さんに弟子入りをしなければなりません。

ちなみに落語の世界ではその師匠に弟子入りしたら一生涯師匠を取り替えるということはできませんので、慎重に師匠を選ぶ必要があります。

これについては現代の中でもかなり古い部類の慣習ではないでしょうか。しかし、日本古来の伝統的な風習でもあります。いわゆる弟子入りと呼ばれます。

ちなみにプロの落語家になるには前座見習いから前座になり、そして二つ目に昇進し、さらには真打ということでプロデビューをすることになるわけです。

ちなみに開口一番という言葉は実は落語の寄席の一番最初の一席、つまり前座のことを指します。 前座になると、この開口一番を担当することでお客さんの前に座ることにもなりますね。

落語家の仕事内容

それでは、そんな落語家ですがどのような仕事内容なのでしょうか。こちらも改めて確認していきましょう。

まず落語を見るといえば落語の寄席ですよね。というのは今風で言うライブなのですがこちらについては東京に関して浅草、上野、池袋、新宿、三越、半蔵門などに演芸場がありますのでそこで様々な公演を行うことになります。

また地方公演なども多々ありますが、こちらはと言うと地方営業のような様相を呈してきます。つまり、落語家のメインの仕事場はほぼ東京都内での寄席に出演するという部分になります。もちろん関西の落語家さんであれば関西圏の演芸場や演劇場などで仕事をすることになります。

落語家の収入

落語家の収入はどのようになっているのでしょうか。

落語家の収入はどうでしょうかとはいうものの、やはりプロフェッショナルの落語家でテレビにもバンバン出演しているようなもの落語家と、落語家の卵では収入が天と地ほど異なるというのは簡単にイメージができるところではないでしょうか。

基本的には落語家の見習いだと年収は100万円をやっと超えるかどうかくらいの水準で推移することになり、二つ目でおよそ300万円前後、かなり飛ばし真打まで行くと700万円前後から1千万前後までお給料をいただけるようになるわけです。

ちなみにテレビ出演や地方営業などもバンバンこなすような売れっ子の落語家にもなりますと、様々なギャラが別途発生するようになりますので、そうなるとテレビ番組によく出演しているような大御所落語家さんのように非常にお金持ちになることができるようになります。

落語家の評判

落語家という職業の評判はどうでしょうか。

こちらのお仕事に関しては、やはり日本古来の伝統芸能ということもあり、認知度についてはもちろん抜群です。

そしてご高齢の方々からの受けも非常によろしいのではないでしょうか。

ただし、落語家という世界は非常に厳しい世界であり、一般的にお笑い芸人の世界が厳しいとは言われていますが、それよりもさらに厳しい世界が落語家の世界です。そう言った部分で心配されるご家族の方がいらっしゃるかもしれませんが、特段落語家という職業が非常に評判の悪い仕事ということではありませんので、もし落語家に挑戦したいということであれば胸を張って堂々と落語家を目指していると周りに公言するのもまた一つの選択肢です。

落語家の将来性

落語家の将来性についてはどうでしょうか。こちらのお仕事に関してはやはりAIやペッパーくんのどのロボットにやってもらうのも難しい問題です。やはり人間がやらなければ面白みも出てこないのではないでしょうか。そういった部分から落語家という職業に関しては、今後落語という古典文化がなくならない限りは将来安泰な仕事ということができるのではないでしょうか。

そして落語ファンいうのは日本人をはじめ世界中に数多くいますので、そういったで熱狂的なファンや一般的なファンの後押しもあってこちらのお仕事は将来性抜群と言えるわけです。

掲載者情報

落語家になるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年05月30日 22:00
◆更新日:2018年05月30日 22:00

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!