HOME職業一覧 > 指揮者

指揮者になるには

指揮者になるには、まずそもそも何をすればいいのでしょうか?試験や免許は?なるために絶対にかかる期間は?学校は?条件はあるの?などなど、まずはこれらの疑問について解説していきます。

指揮者になるために、これといって資格などは必要ありません。
しかし、音楽に対する深い知識と指揮の技術が求められるため、多くの人は音楽大学の指揮科に通い専門的に習得してから指揮者になります。
指揮者には、各楽器の音を的確に理解するスキルが求められるため、オーケストラで使われる多様な楽器についての勉学や、各楽器の演奏テクニックに関しても学習します。
他にも、著名なクラシック音楽についての指揮の仕方や曲の軌跡的な背景、作曲者の表現やりたい事など、学ぶべき事は無限にあると言っていいでしょう。
指揮者として最も大切とされる「楽団をまとめる力」についても、大学で学ぶ事ができます。

指揮者の仕事内容

この指揮者という仕事はどんな仕事か、想像したことはありますか?何か知っていることはありますか?

指揮者は、オーケストラや合唱団、バンドなどで指揮をとる人の事をいいます。
指揮者の役割は、多様な自分らしさや楽器を持つ音楽家たちの演奏をまとめ、ひとつの作品として完了させる事です。
曲には、作曲者が表現やりたい事や成り立ち的な背景など色々な要素があります。
指揮者は楽譜を読みこんだり、他のオーケストラが演奏する曲を何度も聞いたりして、自身が指揮をとる曲の印象をつくっていきます。

指揮者の収入

ここでは指揮者の年収や収入、いくらくらいお金を得られるのかについて解説していきます。

指揮者の年収は、その人の認知度や実力などによって大きく異なってきます。
指揮者の多くはオーケストラに所属して月給を得ており、そこでは、各々の指揮者がもつ「称号」によって年間の演奏回数等がほぼ決められています。
並行して出演料も決められており、外国のコンクールで入賞経験がある若手の指揮者であれば、公演1回当たり20〜30万円程度、著名度が上がってくると50万円以上になるようです。
年収に関しては、著名な指揮者になれば1000万円を超える事も可能な世界となっております。

指揮者の評判

あなたのイメージとして、指揮者はどんな印象を持っていますか?


指揮者は「なりたい」と思っても、手軽にはなれない難関中の難関の職業です。
おおかたのケース、初めに音楽大学の指揮科などで学びますが、合わせてピアノとそれ以外の楽器2〜3種をプロレベルで弾ける演奏家屋としての腕も磨きます。
実際、自身が演奏できないようでは相手に注文をつけても認めてもらえませんし関係がぎくしゃくしてしまいます。
何パートもの楽譜を読みこなし、瞬時に頭の中でそのハーモニーを再現可能な技術も不可欠です
そのため指揮者になるという事はとても難しいだけあって周りからの評判はいいでしょう。

指揮者の将来性

ところで、指揮者という仕事はいったいいつ頃からある職業なのでしょうか?そしてあなたの中ではこの職業はいつごろからある職業というイメージですか?そして、この指揮者という職業が今後たどる傾向、つまり将来性はどうなのでしょうか?ここでは指揮者の将来性について解説していきます。
いつの時代もクラシック音楽は愛され続けていますが、決まった的にクラシックコンサートに訪れるような人はそれほど多くなく、指揮者の現況も決していいものとはいえません。
著名な楽団に所属する指揮者になれば安定した収入が得られるようですが、そういう楽団に入るには長い下積み期間を積む事は無論、並々ならぬ努力が必須となります。
実のところ、指揮者として働く人の中にはアマチュアの楽団をいくつも掛け持ちしたり、音楽教室を開いて生計を立てているような人もいます。
よくテレビなどでも見かける一流の指揮者になれるのは、相当な努力をした人の中でも限定しれた人だけと考慮しておいたほうがよいでしょう。

掲載者情報

指揮者になるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年5月27日 13:25
◆更新日:2018年5月27日 13:25

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!