HOME職業一覧 > 潜水士

潜水士になるには

潜水士になるにはどうすればよいかについて説明していきます。

詳しくは後述しますが、ひとえに潜水士の仕事といっても非常に多くの仕事が存在します。
そのため必要な資格などは、会社や現場、作業内容によって変わってきますが、最低限共通して必要な資格と、受けなければならない技能講習があります。

まず、必要な資格潜水士免許についてです。
潜水士免許は国家資格で、誰でも受験することが可能です。
この潜水士免許はダイビングのライセンスなどとはまったく別物で、水中に潜り、何かをして、お金を貰う、という行為をするにあたって必要と定められている免許です。

水中で仕事をする人には必須ということですね。
潜水士免許の試験は学科試験のみで実施試験はありません。
なので、しっかりと勉強をすれば誰でも取得することができます。

次に玉掛けの技能講習ですが、こちらも必要といえます。
水中工事などを行う場合には、必ずといっていいほどクレーンを使用するため玉掛けの資格を持っている方がいいでしょう。

クレーンに掛け、荷物を釣り上げるのに必要になるので、潜水士の仕事をしている方で持っていないかたは少ないでしょう。
こちらの技能講習についても誰でも受講することができ、真面目に取り組んでいれば数日で終了証を貰うことができます。
潜水士になるために、まずはこれらを取得する必要があります。

潜水士の仕事内容

最初に記載したように、潜水士の仕事というものは非常に多岐にわたっており、水中での仕事全般を指します。
言ってしまえば水中の何でも屋さんです。
レジャーでダイビングをするときに引率してくれるインストラクターも潜水士ですし、海上保安庁のダイバーも潜水士です。
ただ、これらの仕事は少し特殊ですので、一般的に潜水士と呼ばれる仕事について触れていきます。

潜水作業を請け負っている会社では水中工事や水中調査、など依頼主の依頼に添った色々な作業を行います。

例えば、港に行くと必ずと言っていいほど目にする防波堤や積み上げられたテトラポットですが、これを作ったり積み上げたりするのも潜水士の仕事のひとつです。
こういった作業をする場合にはフーカー潜水という方法で水中にもぐります。

陸や船の上においてあるコンプレッサーから送気ホースを通して空気を送り、ダイバーが潜水する方法です。
この方法では送気が止まるとダイバーの命にかかわる重大な事故に繋がりかねないため、送気に問題がないかや、ホースが絡まったりしないかなどを監視、管理するテンダーと呼ばれるダイバーの補助作業を行う人員を配置します。テンダーがいないとダイバーは潜水することができないため非常に重要な役割です。

ちなみに、このテンダー業務は潜水士としての仕事を覚えていくにあたって、最初に見習いとして行うことが多い仕事です。

また、普段何気なく使っているインターネットもそうです。
世界中のいろんなところと瞬時にやり取りができるのは海底に光ファイバーケーブルが設置されているためですが、これを設置するのも潜水士です。
基本的に光ファイバーケーブルは海底深くに沈められており、設置する際には大深度潜水を行います。

潜水作業では深くなれば深くなるほど重大な事故が起こる可能性も高まります。
そのため大深度潜水ではベテランのダイバーが潜る事がほとんどですが、危険なことに変わりはありません。
大深度潜水に限らず、そういった事態を避けるために潜水士は潜水士の資格を持っていて、法やルールを守り、常に安全第一で作業を行っています。
あまり知られていないですが、このように潜水士の仕事は普段の生活に大きくかかわっており、縁の下の力持ち的な役割を果たしているのです。

潜水士の収入

さて、気になる収入についてですが、潜水士はその特殊な仕事柄、給与面ではかなり優遇されているといってよいでしょう。

潜水士はテンダー業務を行っている見習い期間でも約18万円~30万円、潜水士として潜るようになると~50万円ほどにもなります。
さらに大深度潜水等を行うと、法令により特殊手当がつきます。
場合によっては月に3桁を超える給与をもらえる場合もあるのです。

潜水士の評判

あまり潜水士という仕事自体知られていないため、評判という評判はあまりないといえますが、仕事内容を話すとカッコイイというイメージを持たれることが多いです。

潜水士の将来性

この潜水士の仕事は、人々の暮らしに大きくかかわっているため無くなる事はまずありません。
そして収入面についても話したとおり、夢のある仕事です。

掲載者情報

潜水士になるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年05月30日 14:00
◆更新日:2018年05月30日 14:00

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!