HOME職業一覧 > 医者

医者になるには

まず、高校生が医者を目指すにあたって心得ておきたいのは、何年もの時間を要することと多額の費用が必要であること、そして医者になるに至るまで本当に大変な労力を必要とすることです。特に何年もの期間を費やすことになる以上、本当に医者になりたいのであれば何としてでも医者になるという覚悟が必要になります。

医者になる道のりとして、大学医学部に進学して医師国家試験を受け、大学病院などで臨床研修を行ってから病院に就職するというのが一般的な方法です。口で言うのは大変ですが、順調に進んだとして合計8年以上も期間を費やすことになります。

医者になる為には医師免許の取得が絶対ですが、ここで難関となるのが医科大学や医学部のある大学に進学することです。こうした大学は非常に人気が高いことから試験の合格率が非常に低く、場合によってはここで何年も時間を費やすことになる可能性があります。

無事に合格したとしても、そこで6年間も医者になる為に必要な知識を詰め込まなければなりません。これは医師の国家試験を受ける為に必要な絶対条件なので、医学に関係する非常に幅広い知識をカリキュラムの中で身に付けることになります。その上で6年間の課程を修了させて卒業するか、卒業する見込みがある人だけが医師国家試験の受験資格を得ることが出来ます。

なお、問題になるのは入学する難易度の高さの他に6年間必要となる学費です。基本的に1000万以上必要になる場合がほとんどですが、私立大学だと2000万から5000万もかかるなるなど金銭的な問題が発生しやすくなります。無理して私立大学の進学を目指す必要はないので、他の国立大学か公立大学に進学するか、奨学金を利用するなどの方法が必要になるでしょう。

6年間の中でしっかりと勉強して知識を身に付けている場合であれば医師国家試験は難なく突破出来るでしょう。国家試験の合格率は9割とされていますが、試験は年に1回しか行われていないので、もし不合格になればもう1年費やすことになります。

無事に国家試験に合格したら、次は研修医として2年間の臨床研修を積まなければなりません。2年間の研修を経て希望する病院に就職することで、ようやく医者として働くことが出来ます。

医者の仕事内容

医者の主な仕事は大きく分けて臨床医と研究医があります。病院を受診した時に私たちの診察を行ってくれるのが臨床医です。

臨床医の仕事は患者からどのような不調があるのか話し合い、それから様々な診察を行って不調の原因を探っていきます。もしも診察で病名を特定することが出来た場合は、その病名に応じた注射や点滴、薬の処方などを行いますが、医者の役目はあくまで診察を行うことにあるので他の仕事は医療スタッフとの連携によって行われます。

もしも病名が特定出来ない場合は精密検査を行ったり、場合によっては手術を行うこともあります。手術の為の設備が揃っていない小さな病院の場合は、手術設備が整った病院への紹介状を書くのも仕事です。

研究医として働く医者の仕事は、未だ治療法が確率されていない病気や原因がハッキリしていない病気をどのようにして原因を突き止め、治療していくのかを研究することにあります。

原因や治療法を確立させる為に日々研究室で実験やデータの収集を行ったり、論文の作成を行います。もしも大きな発見があれば学会に発表したりして世間に成果を知らせるなど、医者の仕事は重要なものばかりです。

医者の収入

医者になるまでの道のりは非常に大変ですが、やっとの思いでなることが出来た場合は患者の命を助ける重要な仕事ばかりであることからトップクラスの収入が得られます。

収入は研修医期間から支払われていきますが、それでも年収は400万程度と大変な思いをしたわりにはそこまで高くありません。しかし、研修医から医者になった時の収入は非常に高く、平均年収が約1500万以上にもなるなど1000万を超えることが珍しくない職業なのです。

ちなみにアルバイトとして働くことも出来ますが、この場合でも夜勤をするだけで時給1万以上になることもあるなど、とてもアルバイトとは思えない収入が得られる魅力があります。ただし、医者は時間外労働が非常に多くあるなど本当に労働に見合った収入が得られているかどうかは疑問が残っているのも事実です。

医者の評判

医者の評判は正直良くも悪くもありません。

まず、懸念されているのは全国の慢性的な医者不足です。何より医者になる為には最低でも8年以上かかってしまいますし、その間に高額な費用を必要とし、幅広い専門知識を詰め込まなければならないなど、なろうと思ってすぐになれる職業ではないことが挙げられます。

誰もが必ず医者になれるわけではありませんし、途中で挫折してしまう人も当然いるので、医者になるには絶対に医者になってやるという強い意志が必要です。

ただ、やっとの思いで医者になれた人は高額な収入を得ることが出来ますし、非常に責任の重い仕事ではありますが、直接患者の命を救えることにやりがいを感じる人もいます。医者によって評判が左右されるところではありますが、自分も誰かの命を救いたい思いがあるなら諦めずに医者を目指す気持ちが大切です。

医者の将来性

医者の将来性は留まることを知りません。

確かに医師不足が全国で叫ばれていますが、それとは関係なく患者が医者を頼って病院を受診してくる為、どこでも医者の活躍が期待されていることに変わりはありません。科によって受診してくる人数や年齢層の違いもありますが、高齢化社会に伴って高齢者が多く病院を受診することも考えられます。

未だに原因や治療法が確率されていない病気に対処する為に研究医の働きも期待されています。

また、医者不足で病院が閉院する恐れもあるのでいかに人材を確保出来るかも重要ですが、これから患者の年齢層が変わりつつあることから、それに対応出来る医療分野での活躍が将来性を左右するでしょう。

掲載者情報

医者になるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年1月15日 10:15
◆更新日:2018年1月15日 10:15

Copyright 2017 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!