医療・看護専門学校・スクール 人気ランキング ベスト10

2022年度の学校ランキング決定版!
全国の専門学校・スクールの各種情報を1,000校以上掲載中!

◆ 目指す職業例 ◆

保健師、助産師、理学療法士、作業療法士、メディカルスタッフ、看護師、准看護師など

保健師になるには

●看護系の4年制大学や4年制専門学校を修業した場合
→保健師資格試験・看護師資格試験両方の受験資格を得られます。これらの試験に合格し就職すれば、保健師として働けます。

●看護系の3年制短大や3年制専門学校などを修業した場合
→まずは看護師の資格試験を受け、看護師資格を得る必要があります。そしてその後、文部科学大臣の指定する学校の保健師養成課程に1年以上通い定められている学科を修了する、もしくは厚生労働大臣の指定した保健師養成所を卒業すると、保健師資格試験の受験資格を得られます。これに合格し就職すれば、保健師として働けます。

  • 1位 早稲田速記医療福祉専門学校

    SOKKIは医療秘書教育のパイオニア。
    進化し続ける次世代の医療・福祉業界を牽引する人材を育成します。

    本校では、高度な専門知識と技能を持った人材を養成するため、充実した「専門教育」プログラムと、実務に必要な資格や免許取得のための万全のサポート体制を、各学科が用意しています。

    場所:東京
    東京都豊島区高田3-11-17
  • 2位 大阪医療技術学園専門学校

    大阪にある「医療」「福祉」「心理」の総合学園
    現場で活躍するための力。スペシャリストになるための強力なサポートがあります。

    正社員就職率 100%
    卒業後も安心!生涯転職をサポート 求人数10,376名
    実習提供数 256件
    ※2020年実績

    場所:大阪
    大阪府大阪市北区東天満2-1-30
  • 3位 鹿児島医療技術専門学校

    鹿児島で唯一の「高度専門士」取得可能校

    本校では、4年課程の学科を卒業した全員に『高度専門士』の称号が付与されます。
    これは、高度な専門学校修了者の学習の成果を適切に評価する仕組みとして創設された称号で、大学卒業の証である『学士号』と同等と見なされ、大学院の受験も可能です。

    場所:鹿児島
    鹿児島県鹿児島市平川町字宇都口5417-1
  • 4位 東京バイオテクノロジー専門学校

  • 5位 札幌医療秘書福祉専門学校

    1人最大18種類の資格を取得!医療事務・看護助手・看護クラーク・小児クラーク・診療情報管理士・登録販売者・保育士・介護福祉士の就職に強く、卒業後も全国で就職サポートを受けられるので生涯安心!

  • 6位 仙台医療秘書福祉専門学校

    1人最大17種類の資格を取得!医療事務・看護助手・看護クラーク・小児クラーク・診療情報管理士・登録販売者・歯科助手・保育士・介護福祉士の就職に強く、卒業後も全国で就職サポートが受けられるから生涯安心!

  • 7位 東京医療秘書福祉専門学校

    就職率100%!一人最大19種類の資格を取得!医療事務・看護助手・診療情報管理士・登録販売者・治験コーディネーター・歯科助手・病児保育・介護福祉士の就職に強い。

  • 8位 上尾中央看護専門学校

    未来の看護師を目指して自己表現のスタートです。

  • 9位 東洋医療専門学校

    【救急救命士】・【歯科技工士】・【鍼灸師】・【柔道整復師】を目指す!

  • 10位 函館臨床福祉専門学校

    「なりたい私」になっていく場所。

\ 送料含め無料 /
10校まとめてパンフをもらう

職業別人気専門学校ランキング

この分野でなれる職業ごとに、
人気な専門学校のランキングを作りました。

地域別検索

地域を選択すると、
地域別人気ランキングを見ることができます。

オリジナルランキング

フリー検索ランキングを新規実装!
①エリア ⇒ ②カテゴリ ⇒ ③お好み条件

フリーワード検索

見つからない場合は学校名を
入力して検索!

ランクイン学校詳細

1位:早稲田速記医療福祉専門学校

早稲田式速記の普及からスタートした早稲田速記医療福祉専門学校(SOKKI)は、1972年に日本で最初の医療秘書科を開設した専門学校。以後、介護、鍼灸、看護の分野に太いパイプを持っています。
派遣採用やアルバイト採用が増える中、正職員採用にこだわり、高い就職率を維持。資格も就職も手に入れるだけでなく、言葉遣いや接遇、マナーやコミュニケーションといった教養も重視し、バランスのよい人間力をもった人材を育成しています

◆医療秘書科
合計:2,260,000円
◆医療マネジメント科
合計:2,291,000円
◆診療情報管理専攻科
合計:1,024,000円
◆くすり・調剤事務科
合計:2,285,000円
◆介護福祉科
合計:2,243,000円
◆鍼灸医療科
合計:3,029,000円

医療秘書科

修業年限:2年
定員数:-名
初年度納入金:1,140,000円

医療マネジメント科

修業年限:2年
定員数:-名
初年度納入金:1,140,000円

診療情報管理専攻科

修業年限:1年
定員数:-名
初年度納入金:990,000円

くすり・調剤事務科

修業年限:2年
定員数:-名
初年度納入金:1,140,000円

介護福祉科

修業年限:2年
定員数:-名
初年度納入金:1,170,000円

鍼灸医療科

修業年限:3年
定員数:-名
初年度納入金:1,090,000円

2位:大阪医療技術学園専門学校

大阪医療技術学園専門学校(OCMT)は、医療、福祉、保健、ハイテク分野で高等職業人材を養成する学校法人大阪滋慶学園グループが1978年に設立した、病院事務、医療秘書、精神保健福祉士、心理カウンセラー、言語聴覚士、医薬品の登録販売者、鍼灸師、エステティシャン、臨床検査技師等を目指す人のための専門学校です。
大阪薬学専門学院として発足したことから漢方薬・生薬に強く、日本で唯一、大卒資格取得も目指せる心理系専門学科や、美容と医療両方のプロになれる鍼灸美容学科があるなど、どの学科もそれぞれ専門的かつ特徴的です。
国家試験の高い合格率や全学科100%の就職率、大学編入サポートなど、卒業後の進路もしっかりサポートしています。
アメリカや中国への海外研修や、学科や学校を越えて自由に授業を選べる滋慶選択科目システムなど、滋慶学園グループのメリットも活かせる学校です。

医療秘書・情報学科(昼間部2年制):1,900,000円
医療心理科(昼間部3年制):2,800,000円
薬業科(昼間部2年制):1,900,000円
臨床検査技師科(昼間部3年制):3,900,000円
言語聴覚士学科(昼間部3年制):3,800,000円
言語聴覚士学科(昼夜間部2年制):2,600,000円
鍼灸師学科(昼間部3年制):3,500,000円
鍼灸健康美容学科(昼間部3年制):4,100,000円
薬業科(夜間部1年制):450,000円
【専攻科】
短期専門研修(昼間部1年):550,000円
海外専門留学(1年半):(薬業専攻のみ:1,200,000円)

各年度 学費
医療秘書・情報学科(昼間部2年制)初年度:1,000,000円
2年度:900,000円
医療心理科(昼間部3年制)初年度:1,000,000円
2年度:900,000円
3年度:900,000円
薬業科(昼間部2年制)初年度:1,000,000円
2年度:900,000円
臨床検査技師科(昼間部3年制)初年度:1,500,000円
2年度:1,200,000円
3年度:1,200,000円
言語聴覚士学科(昼間部3年制)初年度:1,400,000円
2年度:1,200,000円
3年度:1,200,000円
言語聴覚士学科(昼夜間部2年制)初年度:1,400,000円
2年度:1,200,000円
鍼灸師学科(昼間部3年制)
初年度:1,300,000円
2年度:1,100,000円
3年度:1,100,000円
鍼灸健康美容学科(昼間部3年制)
初年度:1,500,000円
2年度:1,300,000円
3年度:1,300,000円
薬業科(夜間部1年制)
初年度:450,000円
短期専門研修(昼間部1年)
初年度:550,000円
海外専門留学(1年半)
初年度:1,400,000円

◆専攻科海外専門留学は、薬業専攻のみ授業料(1年半)1,100,000円となり合計金額(1年半)は1,200,000円となります。
■初年度は、各学科によって異なりますが、総合演習費(実習材料費、プリント印刷費などの他、教科書代、資格検定代、白衣・実習衣・シューズ代、トレーニングウェア代、校友会費、同窓会費、健康管理費、海外研修プログラム積立金(夜間部と専攻科は除く))などとして300,000円~500,000円程度必要です。
(なお、鍼灸師学科、薬業科(夜間部1年制)、専攻科は150,000~250,000円程度必要です。)
[注意]
●教科書代、資格検定代は卒業時に精算いたします。
●白衣、実習衣、シューズ、トレーニングウェアは個人の所有です。
● 海外研修プログラム積立金は、初年度、2年次の2回に分けての積立となります(各回150,000円程度)。
●上記以外に寄付金等の徴収は一切ありません。

■ 2年次以降は全学科実習費が必要になります。(概算の金額は説明会でご説明いたします)
■ 2年次以降、教科書代、実習材料費、校友会費、健康管理費、海外研修プログラム積立金等として200,000円~400,000円程度必要です。
■ 専攻科海外専門留学は、上記金額・その他諸費用に加えて渡航費、滞在費等が必要となります。


3位:鹿児島医療技術専門学校

最先端の医療機器・設備が充実した2つのキャンパス(谷山キャンパス・平川キャンパス)と、県内外(離島や僻地を含む)約400カ所の優れた臨床実習施設を持つ鹿児島医療技術専門学校。
4年制の学科を卒業すれば「高度専門士」が付与される、鹿児島で唯一の医療系専門学校です。
看護学科、介護福祉学科、診療放射線技術学科、理学療法学科、作業療法学科、言語聴覚療法学科があり、学科の枠をこえてチームで課題に向き合う多職種連携教育を進めているので、在学中からチーム医療が身につきます。

◆診療放射線技術学科:合計 5,300,000円
◆理学療法学科:合計 5,300,000円
◆作業療法学科:合計 5,100,000円
◆言語聴覚療法学科:合計 5,100,000円
◆介護福祉科:合計 1,480,000円
◆看護学科:合計 4,360,000円

診療放射線技術学科

修業年限:4年
定員数:男女80名
初年度納入金:1,550,000 円

理学療法学科

修業年限:4年
定員数:男女80名
初年度納入金:1,550,000 円

作業療法学科

修業年限:4年
定員数:男女40名
初年度納入金:1,500,000 円

言語聴覚療法学科

修業年限:4年
定員数:男女40名
初年度納入金:1,500,000 円

介護福祉科

修業年限:2年
定員数:男女40名
初年度納入金:930,000 円

看護学科

修業年限:4年
定員数:男女80名
初年度納入金:1,180,000 円

4位:東京バイオテクノロジー専門学校

◆バイオテクノロジー科(4年制)
合計:5,175,780円
◆バイオテクノロジー科(3年制)
合計:3,964,350円

バイオテクノロジー科(4年制)

修業年限:昼間4年
定員数:-名
初年度納入金:1,379,600円

バイオテクノロジー科(3年制)

修業年限:昼間3年
定員数:-名
初年度納入金:1,378,850円

5位:札幌医療秘書福祉専門学校

医療秘書科(2年制・女子):1,660,000円
くすりアドバイザー科(2年制・男女):1,660,000円
診療情報管理士科(3年制・男女):2,440,000円
医療事務科(1年制・女子):880,000円
医療保育科(3年制・男女):2,440,000円
歯科アシスタント科(1年制・女子):880,000円
介護福祉科(2年制・男女):1,800,000円
各年度 学費
医療秘書科(2年制・女子)
くすりアドバイザー科(2年制・男女)
診療情報管理士科(3年制・男女)
医療事務科(1年制・女子)
医療保育科(3年制・男女)
歯科アシスタント科(1年制・女子)
初年度:880,000円
2年次:780,000円
3年次:780,000円
介護福祉科(2年制・男女)初年度:950,000円
2年次:850,000円

◆学費は年間一括納入が原則ですが、分納も可能です。分納の場合、後納分は7月末日までに納入ください。
また、2・3年次の学費は、一括納入が原則ですが分納も可能です。

◆教科書代、材料費、実習費、検定受験料などの諸費用は実費負担となり、指定期日までの納入となります。
実費負担額は学科・学年によって異なります。
・医療秘書科、医療事務科、診療情報管理士科、くすりアドバイザー科→14~19万円程度
・歯科アシスタント科→19~21万円程度
・介護福祉科→21~24万円程度
・医療保育科→10~14万円程度

◆医療保育科は、小田原短期大学を併修するための費用が別途必要になります。
(1年次34万円程度、2年次33万円程度、3年次5万円程度となります。)

◆ご都合により3月31日までに入学を辞退される場合は、入学手続き時に納入いただいた学費のうち、授業料および施設設備費をご返金致します。
なお、出願時の選考料および入学手続き時の入学金はお返しできません。

◆上記以外に寄付金などの徴収は一切ありません。

6位:仙台医療秘書福祉専門学校

仙台医療秘書福祉専門学校は、医療事務・看護助手・看護クラーク・小児クラーク・診療情報管理士・登録販売者・歯科助手・保育士・介護福祉士などを育成する宮城県の専門学校です。
資格取得の実績の高さと就職率の高さが自慢で、検定試験の1週間前から集中的に勉強できるよう時間割が変わる「検定ウィーク」などの取組みにより、最大17種類もの資格取得をサポート。就職率も100%を誇ります。
また、多くの教育機関を全国で運営する学校法人三幸学園の姉妹校であることから、卒業後どこにいても資格取得や転職のサポートサービスを受けることが可能です。 1

医療秘書科(2年制・女子):1,660,000円
くすりアドバイザー科(2年制・男女):1,660,000円
診療情報管理士科(3年制・男女):2,440,000円
医療事務科(1年制・女子):880,000円
医療保育科(3年制・男女):2,440,000円
歯科アシスタント科(1年制・女子):880,000円
介護福祉科(2年制・男女):1,800,000円
各年度 学費
医療秘書科(2年制・女子)
くすりアドバイザー科(2年制・男女)
診療情報管理士科(3年制・男女)
医療事務科(1年制・女子)
医療保育科(3年制・男女)
歯科アシスタント科(1年制・女子)
初年度:880,000円
2年次:780,000円
3年次:780,000円
介護福祉科(2年制・男女)初年度:950,000円
2年次:850,000円

◆学費は年間一括全納が原則ですが、分納も可能です。
分納の場合、後納分は7月末日までに納入下さい。
また2年次の学費は、一括全納が原則ですが分納も可能です。

◆教科書代、材料費、実習費、検定受験料などは実費負担となり、指定期日までの納入となります。
(実費負担額は学科により異なりますが、医療秘書科、医療事務科、診療情報管理科合計18万円程度、歯科アシスタント科合計21万円程度、介護福祉科16万円程度、医療保育科12万円程度、くすりアドバイザー科15万円程度となります。)

◆ご都合により、3月31日までに入学を辞退される場合は、入学手続き時に納入いただいた学費のうち、授業料及び施設設備費をご返金致します。
なお、出願時の選考料及び入学手続き時の入学金はお返しできません。

◆医療保育科は、小田原短期大学を併修するための学費(1年次34万円程度、2年次33万円程度、3年次5万円程度)が必要となります。

◆上記以外に寄付金などの徴収は一切ありません。

7位:東京医療秘書福祉専門学校

2023年4月 東京医療秘書福祉専門学校より「東京医療秘書福祉&IT専門学校」に校名変更予定

医療事務・診療情報管理士・歯科助手・登録販売者・介護福祉士・保育士・幼稚園教諭を育成する専門学校です。2023年4月入学生からWEBデザイン・IT科が新たに誕生します。
三幸学園グループ独自の「検定ウィーク」で、検定試験の1週間前から集中的に勉強ができる! 在学中に取得できなかった資格でも、卒業後に取得できるようバックアップしてくれる「合格保証制度」があります。
全国に学校をもつ三幸学園グループだから、卒業してからどこにいても資格取得や転職のサポートサービスを受けることが可能です。

医療秘書科(2年制・女子):1,860,000円
くすりアドバイザー科(2年制・男女):1,860,000円
診療情報管理士科(3年制・男女):2,740,000円
医療事務科(1年制・女子):980,000円
医療保育科(3年制・男女):2,740,000円
歯科アシスタント科(1年制・女子):980,000円
介護福祉科(2年制・男女):2,000,000円
各年度 学費
医療秘書科(2年制・女子)
くすりアドバイザー科(2年制・男女)
診療情報管理士科(3年制・男女)
医療事務科(1年制・女子)
医療保育科(3年制・男女)
歯科アシスタント科(1年制・女子)
初年度:980,000円
2年次:880,000円
3年次:880,000円
介護福祉科(2年制・男女)初年度:1,050,000円
2年次:950,000円

◆教科書代、材料費、実習費、検定受験料などは実費負担となり、指定期日までの納入となります。
(実費負担額は学科により異なりますが、医療秘書科15万円程度、くすりアドバイザー科11万円程度、診療情報管理士科15万円程度、医療事務科19万円程度、医療保育科12万円程度、歯科アシスタント科合計23万円程度、介護福祉科25~26万円程度となります。)

◆学費は年間一括全納が原則ですが、分納も可能です。
分納の場合、後納分は7月末日までに納入下さい。
また2年次の学費は、一括全納が原則ですが分納も可能です。

◆療保育科は小田原短期大学を併修するための学費がかかります。(併修学費1年次約34万円、2年次約33万円、3年次約5万円)

◆ご都合により、3月31日までに入学を辞退される場合は、入学手続き時に納入いただいた学費のうち、授業料及び施設設備費をご返金致します。
なお、出願時の選考料及び入学手続き時の入学金はお返しできません。

◆上記以外に寄付金などの徴収は一切ありません。

8位:上尾中央看護専門学校

第一学科(3年制):2,280,000円~
第二学科(2年制):1,620,000円~
通信学科(2年制):910,000円
各年度 学費
第一学科(3年制)初年度:960,000円
2年次:660,000円
3年次:660,000円
※その他経費
教科書代:約160,000円
指定用品購入代:約30,000円
(実習着・シューズ等)
海外研修旅行:約220,000円
国家試験対策費用・実習交通費等
第二学科(2年制)初年度:960,000円
2年度:660,000円
※その他経費
教科書代:約150,000円
指定用品購入代:約30,000円
(実習着・シューズ等)
海外研修旅行:約220,000円
国家試験対策費用・実習交通費等
通信学科(2年制)初年度:640,000円
2年度:270,000円
※テキスト代金として別途約70,000円必要です
※上記以外で、放送大学の授業料として22単位分、約121,000円必要です(1単位5,500円)
※単位認定申請書を提出し、単位を認定された場合は減額になります
※学期毎での請求になります。
※一旦納入した授業料は返還できません
※受験資格
准看護師免許取得後、准看護師として10年以上の就業経験を有する者
(常勤・パートは不問とする)

9位:東洋医療専門学校

救急救命士学科(昼間部3年制):3,800,000円
救急救命士学科(夜間部3年制):2,900,000円
歯科技工士学科(昼間部3年制):4,250,000円
鍼灸師学科(昼間部3年制):4,400,000円
鍼灸師学科(夜間部3年制):3,800,000円
柔道整復師学科(昼間部3年制):4,400,000円
柔道整復師学科(夜間部3年制):3,800,000円

各年度 学費
救急救命士学科(昼間部3年制)初年度:1,400,000円
2年次:1,200,000円
3年次:1,200,000円
救急救命士学科(夜間部3年制)初年度:1,100,000円
2年次:900,000円
3年次:900,000円
歯科技工士学科(昼間部3年制)初年度:1,550,000円
2年次:1,350,000円
3年次:1,350,000円
鍼灸師学科(昼間部3年制)初年度:1,600,000円
2年次:1,400,000円
3年次:1,400,000円
鍼灸師学科(夜間部3年制)初年度:1,400,000円
2年次:1,200,000円
3年次:1,200,000円
柔道整復師学科(昼間部3年制)初年度:1,600,000円
2年次:1,400,000円
3年次:1,400,000円
柔道整復師学科(夜間部3年制)初年度:1,400,000円
2年次:1,200,000円
3年次:1,200,000円

■教科書、実習用器具・器材、白衣等は実費負担です。
(徴収については、入学前(2月下旬頃)にご案内いたします。)
(次年度以降は、3月上旬頃にご案内いたします。)
■諸経費(校友会費、健康管理費、セミナー費、卒業関連費等)として、3年間で約17万円になります。

10位:函館臨床福祉専門学校

初年度納付金 1,075,000円(入学金200,000円含む) ※別途、諸費用(教科書代および個人用具等にかかる費用)が必要です


ランキング順位(☆マーク)を選択して
パンフレットをまとめてGETしよう!!

各種ランキング