HOME職業一覧 > エディター

エディターになるには

高校生がエディターになるにあたって必ずしも必要となる資格や学齢などはありません。しかし、エディターのほとんどは有名大学を卒業していたり、担当する雑誌の企画や制作を行うのに必要な専門分野の知識などを持っている為、最低でも大学を卒業している必要があるでしょう。

エディターになるには、
・出版社に就職する
・編集プロダクションに就職する
・アルバイトとして働く
・フリーランスとして活動する
以上の4つの方法があります。出版社に就職してエディターを目指す場合、大手の出版社に就職しようとするとあまりの倍率の高さにびっくりするかもしれません。大手の出版社への就職を目指す場合は難関の大学を卒業しているか、あるいは得意な専門分野を持っていることがほぼ必須です。

大手に限らずどこの出版社でも専門分野の知識を持っているに越したことはないので、就職した出版社があるならその出版社が企画・制作している書籍や雑誌に関連する専門知識を学ぶことが前提となります。

編集プロダクションに就職する場合、基本的には出版社に就職する時の同じ考えでいいでしょう。編集プロダクションは出版社の下請けのようなものなので、専門分野に秀でていればそれだけ重宝されることになります。もちろん編集プロダクションは出版社と繋がっている為、経験を積んでから出版社にアプローチする方法もあるでしょう。

アルバイトとして働く場合、主に編集プロダクションが募集するアルバイトに応募することになります。元々出版社や編集プロダクションは人材の入れ替わりと共に引き抜きも多く、編集プロダクションは常に人手不足のような状態に陥りやすいです。

ただし、あくまでアルバイトという雇用形態なので重要な仕事を任せてもらえるわけではありません。任せてもらえるとすればコピーを初めとする簡単な雑用を中心としていますが、文章を任されることも少なくありません。たかがアルバイトと思うかもしれませんが、アルバイトも立派な実務経験として数えることが可能です。

したがって高校生や大学生のうちからアルバイトとして一生懸命実務経験を積むことも重要であり、アルバイトから社員に勧められることもあるので十分働きがいがあるでしょう。

フリーランスとして活動する場合、これは出版社や編集プロダクションにてある程度実務経験を積んでいることが前提となっています。フリーランスとして活動するにあたって覚悟しておかなければならないのが、自分で仕事の案件を確保しなければならないということです。

フリーランスは全ての仕事を自分で行わなければならず、案件がなければ収入もありません。したがってスムーズに仕事を確保する為にも、出版社や編集プロダクションで働く中でどれだけコネやパイプなど、人脈を作ることが出来るかにかかっているでしょう。

エディターの仕事内容

エディターの主な仕事は、基本的に書籍や雑誌の企画や編集を行うことです。

最初に企画を立ち上げ、予算取りを行い、様々な方法で取材をして情報を集め、記事を編集して出版する書籍や雑誌を出版出来るようにデザインした原稿を印刷所に渡して再び企画の立ち上げと、一連の流れをひたすら行います。

この流れは一般的なエディターの仕事ですが、自分が出版社に所属しているのか、それとも編集プロダクションやフリーランスとして活動しているのかによって作業範囲が異なります。

基本的に出版社に勤めるエディターの場合は企画の立ち上げから印刷まで全ての工程を一人で行うので激務だと言えますが、場合によっては編集プロダクションに依頼したり、企画の発案に集中するなどエディターの役目は多岐に亘ります。

エディターの収入

エディターの収入は基本的に成果を上げるほど高まる傾向にあります。

出版社や編集プロダクション、フリーランスとして活動する場合のいずれかでも実力がなければ成り立たない職業であり、重い責任を負う代わりに得られる収入が高く、逆に責任が軽い代わりに収入が少ないなど、早々に実力を高めなければやっていけません。

エディターの年収は低くて250万程度、高くて700万程度と大きな差があります。大手の出版社であれば激務でもある程度の収入や待遇の中で働けますが、編集プロダクションの場合は基本的に収入面も待遇面も厳しいです。

エディターの評判

エディターの評判は平均的です。

何よりエディターは仕事があってこそやっていける職業なので、フリーランスであればなおさら仕事を確保する毎日に追われることでしょう。書籍や雑誌を制作することにやりがいを感じることも出来ますが、売れる本と売れない本の差が激しいので、その見極めが出来なければ働き続けるのは難しいです。

エディターの将来性

エディターの将来性はこれまで以上に厳しいものになると言えます。

何よりエディターは他の職業と比べても実力主義の考えが非常に強く、現場では出来るエディターが求められる一方で、出来ないエディターは必要とされていません。さらに収入が少ない割に仕事量が多く、激務であることから慢性的な人手不足がなかなか解消されていません。

人手が足りなければ自分に回ってくる仕事も多くなる為、責任もこれまで以上に重くなることから、まずは与えられた仕事以上のことをこなすことがエディターに求められる一番の目標だと言えるでしょう。

掲載者情報

エディターになるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年05月26日 12:00
◆更新日:2018年05月26日 12:00

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!