HOME職業一覧 > 花火師

花火師になるには

花火師になるには、まず何をすればいいのでしょうか?試験や免許は必要なのでしょうか?なるためににかかる期間はどれくらい必要なの?学校あ条件はあるのでしょうか?等の疑問について解説していきます。

花火師になるには学んでおくと役に立つ分野へと行く事をおすすめします。工芸部やデザイン、美術といった学部で学ぶことによって花火師に必要なセンスを磨きあげる事ができるでしょう。

また絶対に必要な資格というものはありませんが、火薬種類製造保安責任者や火薬類取扱保安責任者という資格を取得しておくと仕事に就く時にやくに立つのではないかと考えます。

花火師の仕事内容

この花火師という仕事はどんな仕事か、想像したことはありますか?花火を見る事はあるけど、実際にどんな仕事をしているか知っている人は少ないのではないでしょうか。またTVでみた事があるけどどんな仕事内容だったか知りたい。何となくかっこよさそうと思っている人や、何となく仕事内容を知りたい、と思っている人もいるのではないでしょうか。ここでは仕事内容について紹介していきます。

花火師とは打ち上げの企画をおこなう人や、企画をおこなう人も「花火師」というようです。ですので花火そのものを作る人だけを「花火師」というわけではないんですね。この花火師と呼ばれる人たちは、煙火業者と呼ばれる公益社団体法人、日本煙火協会に登録されている人を「花火師」というようです。

綺麗な花火をあげるには何年もの歳月が必要だといえますね。最初は雑用などから始める事もあるのではないでしょうか。

花火師の収入

花火師として働いていこうと決めたとき気になるのが1ヶ月あたりのお給料はどのくらいかについてですよね。花火師という仕事はかっこいいかもしれないけど給料がどのくらいなのか知りたいと考えている人もいるのでないでしょうか。ここでは花火師の収入がいくらくらい得られるのかについて紹介していきます。

花火師としてのお給料は平均的に18万円ほどになります。ですが全国展開されているケースだと30万を超えることもあるようですが、やはり夏場の需要が大きいため冬場になると収入が減る事になります。なのでこの花火師というお仕事はあまり安定しているとはいえない職業になっていますね。冬場は違う仕事をしているという人もいるようですよ。

そういった点から考えると、このお仕事は比較的他の仕事とくらべても自由度の高いお仕事だと言えるのではないでしょうか。

花火師の評判

あなたのイメージとして、花火師はどんな印象を持っていますか?そして、周りの人は花火師という仕事に対してどんなイメージを持っていると思いますか?ここでは花火師の評判について紹介していきましょう。あなたが持つ花火師のイメージと同じか、それとも違うのか、そんな部分にも目を向けてみてください。

花火師の評判は花火を製造する人や企画をおこなっている人それぞれに魅力のあるお仕事になっているのではないでしょうか。花火を製造する人も企画をする人も花火師としてのやりがいを感じている職業になっているのではないでしょうか。

花火師の将来性

最後にこの花火師という職業が今後たどる傾向、つまり将来性はどうなのでしょうか?ここでは花火師の将来性について解説していきます。

花火師としての将来性は花火製造に関しては機械的におこなえない部分があるので、人間の手で造り上げるという形はくずれないでしょう。また花火というのは日本の伝統芸術ですのでなくなる事はないといえます。地道に花火職人としての経験を積み実力をつけて認めてもらうと一流の職人として認められるでしょう。なので自分の技術を磨く事が大事という事になりますね。

掲載者情報

花火師になるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年5月28日 18:00
◆更新日:2018年5月28日 18:00

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!