デザイン専門学校・スクール 人気ランキング ベスト10

2022年度の学校ランキング決定版!
全国の専門学校・スクールの各種情報を1,000校以上掲載中!

◆ 目指す職業例 ◆

グラフィックデザイナー、イラストレーター、プロダクトデザイナー、Webデザイナー、CGデザイナー・CGクリエイターなど

プロダクトデザイナーになるには

プロダクトデザイナーとは、日用品や家電、インテリア、自動車、工業機器など製品をデザインする職業です。
必須となる資格はありませんが、専門学校や美術大学に入学し、プロダクトデザインの知識を学んでおけば、その後プロダクトデザイナーとして就職するにあたって、有利になります。
学校によってはプロダクトデザインに特化したコースが設置されている場合もあるため、学校選びは慎重に行いましょう。

  • 1位 桑沢デザイン研究所

    小手先ではなく原動力を培う。デザイン教育の祖、桑沢

    1954年創立の日本初にして最先端の『デザイン』学校。
    プロダクト、インテリア、ファッション、グラフィック…あらゆる角度のデザインを学ぶ、デザイン教育のパイオニア的存在の学校です。

    場所:東京
    東京都渋谷区神南1-4-17
  • 2位 東京デザインプレックス研究所

    東京発!コンテンポラリーデザインの複合型教育機関

    18歳以上(開講日時点)であれば、一部のコースを除き無試験・先着順で入学可能。
    ボリュームあるカリキュラムで、次代のプロフェッショナルデザイナー、コンテンツクリエイターを育成します。

    場所:東京
    東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル2号館9F
  • 3位 大阪デザイナー専門学校

    デザインを教えるのではなく
    デザイナーを育てる学校


    プロダクトデザイン科、グラフィックデザイン科、ファッションデザイン科、インテリアデザイン科、フィギュアデザイン科…
    デザインの専門学校として長い歴史を誇る名門校で、業界デビューを目指す!!

    場所:大阪
    大阪府大阪市北区堂島2-3-20
  • 4位 総合学園ヒューマンアカデミーデザインカレッジ

    「好き」を「仕事」につなげる


    デザインカレッジでは、これからのデザイナーに必要な、コミュニケーション能力・感性の力・技術力の3つの力を育てます。

    場所:東京/京都/大阪/神戸
    新宿区高田馬場4-4-2(東京校)
  • 5位 名古屋デザイナー学院

    好きはきっと、未来の自分につながる。


    創立以来、デザイン業界とリンクした伝統校。「個」を育む教育で、目指す方向への着実な歩みをバックアップします

    場所:愛知
    愛知県名古屋市中区栄5-1-3
  • 6位 大阪総合デザイン専門学校

    あなたの可能性を広げる
    ジブンデザイン

    複数のスキルを習得し多岐に活躍できるデザイナー・クリエイター育成のため「選択授業」を大幅導入。自分だけのカリキュラムが組める!

    場所:大阪
    大阪市北区芝田2-8-35
  • 7位 日本デザイナー学院

    渋谷を舞台にクリエイティブを学ぶ!

    初心者でも“成長を実感できる”丁寧な基礎学習から始め、デザイナー・イラストレーター・マンガ家のプロを育成します!

    場所:東京
    渋谷区桜丘町4-16
  • 8位 OCA大阪デザイン&テクノロジー専門学校(2023年4月校名変更予定:現校名 OCA大阪デザイン&ITテクノロジー専門学校)

    ゼロから価値を生みだすクリエーターへ

    IT・ゲーム・マンガ・アニメ・デザイン業界でゼロから業界のプロになる!

    場所:大阪
    大阪市西区北堀江2-4-6
  • 9位 ECCコンピュータ専門学校

    学生に対する想いは、宇宙一です

    ゲームCGデザイン・キャラクターデザイン分野を目指すならECC。デッサンの基本から本物のCG制作力まで身につきます。

    場所:大阪
    大阪市北区中崎西2-3-35
  • 10位 バンタンゲームアカデミー

    業界に最も近い総合エンターテインメントスクール

    講師は全員、現役ゲームクリエイター。最先端のスキルが学べます。

    場所:東京/大阪/名古屋
    目黒区中目黒2-10-17
\ 送料含め無料 /
10校まとめてパンフをもらう

職業別人気専門学校ランキング

この分野でなれる職業ごとに、
人気な専門学校のランキングを作りました。

地域別検索

地域を選択すると、
地域別人気ランキングを見ることができます。

オリジナルランキング

フリー検索ランキングを新規実装!
①エリア ⇒ ②カテゴリ ⇒ ③お好み条件

フリーワード検索

見つからない場合は学校名を
入力して検索!

ランクイン学校詳細

1位:桑沢デザイン研究所

1954年にデザイン・ジャーナリスト桑澤洋子により、デザインを学ぶための学校として日本で最初にできた学校がこの桑沢デザイン研究所です。
小手先だけではやっていけない業界に対し、基礎を固め、実践を経ながら専門性・応用力を確実に身につけていく、3年間(昼間部)の独自のカリキュラムとなっています。
1年次では「デザインとは何か」を徹底的に考え、2・3年次の専門課程で「ビジュアルデザイン」「プロダクトデザイン」「スペースデザイン」「ファッションデザイン」の4専攻からひとつを選択。知識や技術を本格的に学びます。
卒業生の数も2万人を超え、日本のみならず世界で活躍するデザイナーとして、桑沢の業績ともなっています。

総合デザイン科(昼間部):合計4,140,000円
デザイン専攻科(夜間部):合計1,455,000円

総合デザイン科(昼間部) 1年次:1,580,000円
2年次:1,280,000円
3年次:1,280,000円
デザイン専攻科(夜間部) 1年次:810,000円
2年次:645,000円

2位:東京デザインプレックス研究所

変化の速いデザイン・コンテンツ業界に対応するため、6カ月ごとに更新されるカリキュラム。
全受講生をプロフェッショナルデザイナーへと導くことを掲げる育成カリキュラムは、ボリューム感があり難易度も高いもの。入学は先着順でも、就学には高い学習意識が必要です。
随時入学となるため、受講期間は受講生によって異なります。
平日夜間クラス、土日集中クラス、昼間部集中クラス、昼間部1年制があり、受講生のライフスタイルに合わせて開講日や受講期間、曜日、時間帯を選択することができるため、会社員や大学生の通学も多い学校です。
「少人数クラス制」「対面・実践形式」が特徴で、受講生間の交流も盛ん。共通プログラムでは、多様な個性を持つ他コースの講師や受講生とも知り合うことができるでしょう。

グラフィック/DTPデザイン
【必修コース】
MacDTPデザインコース
(昼間部1.5ヵ月・夜間部5ヵ月)
380,000円
グラフィック&DTPデザインコース
(昼間部2ヵ月・夜間部6ヵ月)
450,000円
エディトリアル&DTPデザインコース
(昼間部2ヵ月・夜間部6ヵ月)
450,000円
MacDTPデザイン総合コース
(昼間部1.5ヵ月・夜間部5ヵ月)
540,000円
グラフィック&DTPデザイン総合コース
ス(昼間部2ヵ月・夜間部6ヵ月)
600,000円
エディトリアル&DTPデザイン総合コース
(昼間部2ヵ月・夜間部6ヵ月)
600,000円
アートディレクター総合コース
(昼間部3ヵ月・夜間部6ヵ月) 660,000円
デジタルコミュニケーションデザイン総合コース
(1年制)
1,200,000円
【選択コース】
クリエイティブデザイン実践コース
(昼間部2~3ヵ月・夜間部5ヵ月)
180,000円
グラフィックデザイン実践コース
(昼間部3週間~1ヵ月・夜間部1ヵ月)
85,000円
エディトリアルデザイン実践コース
(夜間部1ヵ月)
85,000円
クリエイティブデザイン応用コース
(夜間部3ヵ月)
92,000円
デザインファンデーション養成コース
(夜間部1~1.5ヵ月)
60,000円
各年度 学費
MacDTPデザインコース(昼間部1.5ヵ月・夜間部5ヵ月) 初年度:380,000円
グラフィック&DTPデザインコース(昼間部2ヵ月・夜間部6ヵ月)
エディトリアル&DTPデザインコース(昼間部2ヵ月・夜間部6ヵ月)
初年度:450,000円
MacDTPデザイン総合コース(昼間部1.5ヵ月・夜間部5ヵ月)
初年度:540,000円
グラフィック&DTPデザイン総合コース(昼間部2ヵ月・夜間部6ヵ月)
エディトリアル&DTPデザイン総合コース(昼間部2ヵ月・夜間部6ヵ月)
初年度:600,000円
アートディレクター総合コース(昼間部3ヵ月・夜間部6ヵ月) 初年度:660,000円
デジタルコミュニケーションデザイン総合コース(1年制) 初年度:1,200,000円
クリエイティブデザイン実践コース(昼間部2~3ヵ月・夜間部5ヵ月) 初年度:180,000円
グラフィックデザイン実践コース(昼間部3週間~1ヵ月・夜間部1ヵ月)
エディトリアルデザイン実践コース(夜間部1ヵ月)
初年度:85,000円
クリエイティブデザイン応用コース(夜間部3ヵ月) 初年度:92,000円
デザインファンデーション養成コース(夜間部1~1.5ヵ月) 初年度:60,000円

3位:大阪デザイナー専門学校

・アニメーション学科
・グラフィックデザイン学科
・ファッションデザイン学科
・特殊メイク学科
・イラストレーション学科
・ゲーム・CG学科
・コミックイラスト学科
・フィギュアデザイン学科
・プロダクトデザイン学科
・インテリアコーディネート学科
・インテリアデザイン学科
・マンガ学科
の12学科+研究科を設置するデザイン分野の総合専門学校。
全国に18の姉妹校を有するAdachi学園グループ。日本全国の各校とはお互いにレベルアップとフレンドシップをはかり、学習や就職に大きな成果をあげています。

昼間部: -
夜間部: -

昼間部 初年度納入金:1,340,000円
夜間部 初年度納入金:616,910円

4位:総合学園ヒューマンアカデミー

総合学園ヒューマンアカデミーデザインカレッジは、ヒューマンアカデミーが東京・京都・大阪・神戸に展開する、デザインを学ぶ学校です。
デザインに関する昼間部の4専攻は
・グラフィックデザイン専攻
・インテリア&空間デザイン専攻
・アクセサリー&雑貨アート専攻
・総合デザイン専攻
その他、夜間・週末講座や通信制などもあり、それぞれの目的に合わせた方法で学ぶことが出来ます。
またデザインの技術だけではなく、将来社会に出たときに必須となるコミュニケーション力も磨き、専門校ならではの就職を見据えたカリキュラムが魅力です。
いろいろな専攻を学習できる「クロスオーバーカリキュラム」制度で違った分野を学習したり、他のカレッジも受講したりすることも可能!学習の幅が広がります。

校舎:東京/大阪/宮城/神奈川/兵庫/広島/福岡/愛知/千葉/京都/北海道
【全日制】
●デザインカレッジ
入学金:300,000円
初年度学費:1,100,000円
●ファッションカレッジ
入学金:300,000円
初年度学費:1,120,000円
●ヘアメイクカレッジ
入学金:300,000円
初年度学費:1,120,000円
●ネイルカレッジ
入学金:150,000円
初年度学費:1,120,000円
●ミュージックカレッジ
入学金:300,000円
初年度学費:1,150,000円
●パフォーミングアーツカレッジ
入学金:300,000円
初年度学費:1,130,000円
●マンガカレッジ
入学金:300,000円
初年度学費:1,100,000円
●ゲームカレッジ
入学金:300,000円
初年度学費:1,150,000円
●フィッシングカレッジ
入学金:300,000円
初年度学費:1,100,000円
●スポーツカレッジ
入学金:300,000円
初年度学費:1,100,000円
●スノーボードカレッジ
2年制
入学金:300,000円
初年度学費:1,100,000円
1年制
入学金:150,000円
初年度学費:650,000円
●フットサルカレッジ
入学金:300,000円
初年度学費:1,100,000円
●チャイルドケアカレッジ
入学金:150,000円
初年度学費:530,000円
●ビジネスカレッジ
入学金:150,000円
初年度学費:600,000円

学費の詳しい情報は、学校のパンフレットでご確認ください。

各年度 学費
デザインカレッジ 初年度納入金:1,100,000円

5位:名古屋デザイナー学院

・マンガ学科 ・アニメーション学科 ・ゲーム・CG学科 ・イラストレーション学科 ・グラフィックデザイン学科 ・造形デザイン学科 ・ファッションデザイン学科 ・インテリアデザイン学科 の8学科+研究学科を設置するデザイン分野の総合専門学校。 全国に18の姉妹校を有するAdachi学園グループ。日本全国の各校とはお互いにレベルアップとフレンドシップをはかり、学習や就職に大きな成果をあげています。

◆ビジュアルデザイン学科
合計:2,432,000円
◆マンガ・アニメーション学科
合計:2,432,000円
◆ゲーム・CG学科
合計:2,432,000円
◆ファッションデザイン学科
合計:2,432,000円
◆メイク学科
合計:2,432,000円
◆インテリアデザイン学科
合計:2,432,000円
◆プロダクトデザイン学科
合計:2,432,000円
◆研究学科
合計:2,432,000円

ビジュアルデザイン学科

修業年限:2年
定員数:80名
初年度納入金:1,234,000円

マンガ・アニメーション学科

修業年限:2年
定員数:40名
初年度納入金:1,234,000円

ゲーム・CG学科

修業年限:2年
定員数:40名
初年度納入金:1,234,000円

ファッションデザイン学科

修業年限:2年
定員数:40名
初年度納入金:1,234,000円

メイク学科

修業年限:2年
定員数:40名
初年度納入金:1,234,000円

インテリアデザイン学科

修業年限:2年
定員数:40名
初年度納入金:1,234,000円

プロダクトデザイン学科

修業年限:2年
定員数:40名
初年度納入金:1,234,000円

研究学科

修業年限:1年
定員数:40名
初年度納入金:1,234,000円

6位:大阪総合デザイン専門学校

ブランド創造学科[4年制]:合計4,400,000円
ビジュアルコミュニケーション[2年制]:合計2,300,000円
デザイン学科[2年制]:合計2,300,000円
インテリアデザイン学科[2年制]:合計2,300,000円
イラストレーション専攻[2年制]:合計2,300,000円
フィギュア専攻[2年制]:合計2,300,000円
声優専攻[2年制]:合計2,300,000円
コミックアート学科[2年制]:合計2,300,000円
漫画学科[2年制]:合計2,300,000円

4年制 1年次合計:1,250,000円
2年次合計:1,050,000円
3年次合計:1,050,000円
4年次合計:1,050,000円
2年制 1年次合計:1,250,000円
2年次合計:1,050,000円

7位:日本デザイナー学院

クリエイティブなデザイナーやイラストレーター、マンガ家を育成する日本デザイナー学院は、学校名にはありませんが、国から認可を受けた専門学校です。
日本の情報発信地ともいえる渋谷に校舎があり、アクセス面も良好な上に環境としてもデザインの最先端に触れやすいのが嬉しい学校です。
デザインに関する7つの学科に2種の夜間部、マンガについては専科も備え、段階を踏んで学ぶことが出来ます。

【専門課程I部】(昼3年制):3,045,000円
【専門課程I部】(昼2年制):2,090,000円
※シブヤプロダクツ科のみ2,290,000円
【専門課程II部】(夜2年制):1,030,000円
【専門課程I部】(昼1年制):835,000円

【専門課程I部】(昼3年制)
ビジュアルデザイン科
初年度納入合計額:1,135,000円
2年次納入額:955,000円
3年次納入額:955,000円
【専門課程I部】(昼2年制)
グラフィックデザイン科
イラストレーション科
コミックイラスト科
マンガ科
インテリアデザイン科
初年度納入合計額:1,135,000円
2年次納入額:955,000円
【専門課程I部】(昼2年制)
シブヤプロダクツ科
初年度納入合計額:1,235,000円
2年次納入額:1,055,000円
【専門課程II部】(夜2年制)
グラフィックデザイン科
マンガ科
初年度納入合計額:575,000円
2年次納入額:455,000円
【専門課程I部】(昼1年制)
デザイン研究科
初年度納入合計額:835,000円

8位:OCA 大阪デザイン&IT専門学校

4つのワールドという4業種の中に、様々な専攻を設置している専門学校です。
最近話題のプロゲーマー専攻や他にないホワイトハッカー専攻など、時代の最先端をフットワーク軽く学びに反映させています。
デザイン分野ではグラフィックデザインとイラストレーターの他に、ネット動画クリエイター専攻もあり、ここでしか学べない内容がたくさんあります。

【専門課程】
クリエーター科3年制:4,205,000円
ゲーム・CGクリエーター科3年制:4,265,000円
マンガ・アニメ・小説科3年制:4,205,000円
コミックイラスト科3年制:4,205,000円

クリエーター科
マンガ・アニメ・小説科
コミックイラスト科
1年次:1,475,000円
2年次:1,375,000円
3年次:1,355,000円
ゲーム・CGクリエーター科 1年次:1,495,000円
2年次:1,395,000円
3年次:1,375,000円

9位:ECCコンピュータ専門学校

大きく2分野に分かれ、ゲーム、クリエイティブ系の4種と、IT系の4種を備えています。
デザインはゲームCGデザイナーかゲームキャラクターデザイナー、IT側のWEBデザイナーのいずれかを学ぶことが出来ます。
入学者全員にノートPCを貸与し、いつでもどこでも学べる環境を作りながら優秀なクリエイターを育てています。

Webデザイン研究コース:3,740,000円
3DCG研究コース:3,740,000円
Webデザインコース:2,560,000円
グラフィックデザインコース:2,560,000円
アニメーションコース:2,560,000

全学科・全コース 初年度:1,380,000円 2年次以降:1,180,000円

10位:バンタンゲームアカデミー

CG・アニメーション総合:4,200,000円
3DCGクリエイター専攻:4,350,000円
CGアニメーター専攻:4,200,000円
イラスト・マンガ総合:4,200,000円
コミックイラスト専攻:4,350,000円
マンガデザイン専攻:4,350,000円
イラストレーター専攻(2年制週3日コース):2,150,000円

※教材費(30,000円~150,000円)が別途必要となります。教材費は専攻により異なります。
※2年次以降の学費は、入学金を除いた金額になります。
※2年次以降の教材費は新たな教材が必要な専攻のみ納入いただきます。

各年度 学費
CG・アニメーション総合 1年次:1,350,000円
2年次:1,350,000円
3年次:1,350,000円
入学金:150,000円
3DCGクリエイター専攻 1年次:1,400,000円
2年次:1,400,000円
3年次:1,400,000円
入学金:150,000円
CGアニメーター専攻 1年次:1,350,000円
2年次:1,350,000円
3年次:1,350,000円
入学金:150,000円
イラスト・マンガ総合 1年次:1,350,000円
2年次:1,350,000円
3年次:1,350,000円
入学金:150,000円
コミックイラスト専攻 1年次:1,400,000円
2年次:1,400,000円
3年次:1,400,000円
入学金:150,000円
マンガデザイン専攻 1年次:1,400,000円
2年次:1,400,000円
3年次:1,400,000円
入学金:150,000円
イラストレーター専攻(2年制週3日コース) 1年次:1,000,000円
2年次:1,000,000円
入学金:150,000円


ランキング順位(☆マーク)を選択して
パンフレットをまとめてGETしよう!!

各種ランキング

デザイン分野コラム