HOME職業一覧 > フラワーデザイナー

フラワーデザイナーになるには

フラワーデザイナーになるためには特別な資格は必要ありません。そのため、誰でも名乗ってしまえばフラワーデザイナーということができます。しかしながら、お客さんの要望に沿ったデザインをしていくためにはそれなりの知識と技術が必要となります。花の種類や育て方、どのような花とどのような花を組み合わせるとバランスの良いデザインをすることができるか、こういった分野に対する知識が必要となってくるのです。

これらの知識は専門学校で学ぶこともできますし、実際に花屋で働きながら学ぶこともできます。フラワーデザイナーには国家資格などがないため、自分自身が習得した技術があなたをフラワーデザイナーにしてくれるのです。

フラワーデザイナーの仕事内容

フラワーデザイナーの仕事内容は多岐に渡ります。前述したとおり、花屋の店先で客の要望にあった花束を作る仕事もフラワーデザインの仕事です。また、フラワーデザイナーの仕事は結婚式関連の仕事と重複する部分が多々あります。結婚式において花は絶対に欠かすことができません。新婦が手に持つブーケから、会場全体を飾り飾り付ける花、これらをデザインしていくこともフラワーデザイナーの仕事となります。

フラワーデザイナーの仕事とフラワーコーディネーターの仕事は非常に似通っていますが、フラワーコーディネーターの方が顧客とのやりとりを頻繁に行う傾向が強いです。そもそもフラワーデザイナーというのは非常に幅広い概念を含む仕事です。その中にひとつの分野としてフラワーコーディネーターが存在するという認識が正しいでしょう。

フラワーデザイナーの収入

花屋やウェディング会社のフラワーデザイン部門に雇われて働く場合、フラワーデザイナーの収入は月額にして20万円前後となることが多いです。花を使う仕事は非常に体力が必要な仕事です。そのため、フラワーデザイナーの収入は、決して割高なものということはできません。花が好きである、花を使って人を喜ばせたいという気持ちが強くなければフラワーデザイナーはなかなか務まらないのかもしれませんね。

しかし、フラワーデザイナーの仕事にも大きな夢があります。自分自身のデザインの力を磨いて独立することができれば、収入は天井知らずとなります。また、花を使ったデザインをする能力を生かして、フラワーデザインの教室を開くこともできます。そうして会員を集めることができれば安定して収入を得ることができますね。

フラワーデザイナーの評判

フラワーデザイナーの仕事は一般的には非常に華やかなものとして映るでしょう。あなたも町の花屋さんの店先に立つフラワーデザイナーについて、憧れを持ったことはありませんか?客の要望に従って素早く美しい花束を作ってくれるフラワーデザイナーは多くの女性の憧れの職業です。

しかし華やかである反面、その裏にはきつい力仕事や水仕事が待っていることを理解しておいてください。生の花を扱うということは、それだけ手間がかかるということなのです。そういった面も含めてフラワーデザイナーに対する世間の評判は非常に良いものとなるでしょう。やはり美しいものは使う仕事ですから、多くの人から好意的な目で見られます。

フラワーデザイナーの将来性

これからの時代、様々な技術が進化しても、花を扱う仕事自体が減ることはそうそうないでしょう。花束を作るという仕事は、客の要望をしっかり聞くことが必要となってくるため、簡単に自動化できるものではありません。また、結婚式会場を飾り付けるといった芸術的なセンスが必要となる側面もあるため、フラワーデザイナーの仕事は今後も一定の需要があるはずです。

しかし、フラワーデザイナーの業界自体は決して競争が生易しいところではありません。様々な花に精通し、客の要望に沿ったデザインを素早く提案することができる能力は常に磨いておく必要があります。そうして知識と技術を深めていけば、フラワーデザイナーの仕事で食べるのに困るということはないでしょう。あなたがもしフラワーデザイナーを目指すというのであれば、あなたにしか出すことができない個性を持って多くの人から直接指名がかかるデザイナーを目指してみてください。花が好きな人にとっては天職となる仕事です。

掲載者情報

フラワーデザイナーになるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年5月30日 13:00
◆更新日:2018年5月30日 13:00

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!