HOME職業一覧 > 花屋

花屋になるには

花屋と聞くと店舗を構えて花を販売しているという形態が身近にあるかもしれませんが、販売手段はそれだけに限りません。そもそも高校生が花屋になるには簡単そうに感じることもあるでしょう。実際、高校生が花屋になるのに必要な資格や免許などはありません。

アルバイトとして働くのか、正社員として花の販売に勤しむのか、海外に留学してフラワーアレンジメントなどの仕事を行いたいのかなど、一口に花屋といっても様々な業務形態があります。

まず、高校生が最初から花屋で働きたいと決めているのであれば、花屋のアルバイトから始めるといいでしょう。最初は花に関する知識がなくても働きながら少しずつ知識を学ぶことが出来ますし、花屋で働く上で何が大変なのか、何をやってて楽しいと感じるのかを肌で感じられるでしょう。

他には大学の園芸科に進学するという手段が一般的です。短期大学や農業大学の園芸科を選ぶことで花を初めとする様々な植物の知識が学べる為、花屋として働く上で必要な知識を学びたい人にお勧め出来ます。

気を付けておきたいのが、大学によって学べる知識が違うことです。実習や研究に強い大学や技術的なノウハウが学べる専門学校や養成学校もあるなど、大学によって特色が違う為、自分は花屋になる上で何を学びたいのかを決める必要性があります。

特に大学や専門学校の卒業が必須となる職業ではない為、極端に言ってしまえば独学でも花屋になれることから少なからず進学する必要性はありません。しかし、独学で勉強するのは大変なので、大学や専門学校に進学した方が効率良く知識が学べるでしょう。

花の知識を学ぶ為に海外留学するという選択肢もあります。ドイツやイギリス、オーストラリア、オランダなど職業としての花屋を大切にしている国は花屋になる為の教育制度が整っている特徴があります。国立の職業訓練校があったり、花屋になるのに資格が必要であったりと日本よりもカリキュラムが充実しています。

ただし、海外留学を成功させるには意地でも花屋になるという強い気持ちと共に言葉の壁を超える必要性があるので、その分ハードルが高いです。

花屋の仕事内容

花屋の仕事は主に花の管理です。魚と同じように、花を雑に扱ってしまうと瞬く間に鮮度が落ちて枯れてしまいます。花を枯らさないようにする為には鮮度管理が最も重要になるでしょう。

鮮度管理において重要なのが、買いつけた花の水揚げと見切りです。花の種類によって茎の切り直しなどを初めとする工程が違う為、どの花にどんな水揚げ作業を行えばいいのかといった知識が必要です。水の交換や温度管理も必須ですが、場合によっては花を捨てる必要性もあります。

枯れかけた花をいつまでも復活させようと努力してもどうにもならない時があるので、思い切った見切りが必要です。また、花の仕入れやお客との接客も重要な仕事です。

花の仕入れは特に重要であり、どんな花がどんな客層に人気なのかなどを考えて購入しなければならず、花の量が多すぎると売れ残って管理費がかかるので購入する量も考慮しなければなりません。

仕入れと水揚げなどを終えた花は店頭で販売することになりますが、売上を出す為にはお客にお勧めの花を提供する接客技術が求められます。お客が求めている花は何なのか、花を購入してもらえるように丁寧かつお客のニーズに合う説明を行う必要性があるでしょう。

花屋の収入

一見華やかな職業に感じる花屋ですが、高い収入を得るのは難しいと言えるでしょう。花屋は基本的に花が売れなければ利益に繋がらない為、場合によっては数年間も赤字が続くことも珍しくありません。季節や地域性、生鮮品ならではの見切りの多さなどによって左右されるのが大きな要因です。

一般的な月給としては18万、年収は350万から400万といったところですが、それを下回る場合が多いことを覚悟した方が良いかもしれません。アルバイトとして働いた場合でも時給800円程度、地域によっては750円以下の時給で働かざるを得ないケースもあります。

花屋の評判

収入面を見ると働き続けるのは大変かもしれませんが、何よりも花が好きという人にとって花屋は天職以外の何者でもありません。さらに子どもから大人まで花屋は華やかな職業として見られやすく、花を通じてお互いが笑顔になれる職業でもあることから評判も良いです。

夜間でも花の知識が学べる学校があるので、花屋に転職する道もあります。どうしても収入面が気になるところですが、花が好きという気持ちがあれば頑張って働き続けられるでしょう。

花屋の将来性

花屋の将来性に関していえば、あまり良いとは言えないかもしれません。というのも、花が必要とされる場面が減りつつあるのが一つの要因です。先ほど説明したように季節や地域によって売り上げが増減することも一つの要因ですが、結婚式や葬式などのイベントで花が必要とされる場面が減っていることが大きいです。

いくらネットショップによって花が売れやすくなっているとはいえ、大量の花が必要とされる案件がなくなってしまうと、何か別の方法でお客を確保しなければなりません。どうしても景気に左右されてしまう為、日々花が売れる為の思考錯誤が必要になる職業だと言えるでしょう。

掲載者情報

花屋になるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2017年12月8日 17:20
◆更新日:2017年12月8日 17:20

Copyright 2017 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

Λ B!