HOME職業一覧 > フードコーディネーター

フードコーディネーターになるには

高校生がフードコーディネーターになるにあたって絶対に必要となる資格はありません。やろうと思えば独学で食に関する様々な知識を身に付け、独立したフードコーディネーターとして働くことも可能です。しかし、フードコーディネーターとして活躍する為には豊富な食に関する専門知識が求められます。

その他にも栄養面の知識や調理の技術など、誰でも知っているような知識だけでは到底フードコーディネーターとして活躍するのは難しいでしょう。したがってフードコーディネーターを目指すのであれば、調理の専門学校に進学するのがおすすめです。

そこでは調理に関する技術が学べると共に食の衛生面や栄養の知識、食品に関する様々な知識を学ぶことが出来る為、フードコーディネーターに必要な知識を全体的に覚えることが可能です。資格は絶対に必要ではないとはいえ、フードコーディネーターとして働くにあたって役立つ調理師や栄養士の資格の取得を目指す際にも役立つでしょう。

また、栄養学が学べる大学や短大では、フードコーディネーターに必要な知識が学べるのはもちろん、フードコーディネーターを必要とする企業への就職をサポートしてくれるなど一考の余地があるでしょう。

ただし、現場で活躍出来るフードコーディネーターになる為には、やはりフードコーディネーターの認定資格試験の合格を目指すのが得策です。この資格の取得によって一定の知識や技術を持っていることを証明することが出来る上に就職にも役立ちます。

この認定資格は学校に通いながらの取得を目指すことも出来ますし、難関である1級の資格を取得することが出来れば、プロの知識や技術を持っていると証明出来ます。現在第一線で活躍しているフードコーディネーターのアシスタントとして活動するなど、様々な方法があります。

特に決まったルートはない為、自分にとって目指しやすい方法でフードコーディネーターを目指した方が良いでしょう。

フードコーディネーターの仕事内容

フードコーディネーターの主な仕事は、食のスペシャリストとして食事の楽しみ方や一人一人に合った食事の環境を提案することです。

とはいってもフードコーディネーターが行う仕事は非常に幅広く、料理のレシピや栄養面を重視した食事の考案、料理番組への出演などプロであるほど活躍の場が広くなるでしょう。代表的な仕事として、料理番組への出演や食品メーカー、飲食店などでのメニュー開発などです。

フードコーディネーターは主に料理番組に出演し、手順を踏みながら料理を作っていきます。他にも雑誌に掲載する料理を考案する仕事を請け負うこともあります。これはディレクターや出版社から依頼されるもので、クライアントが提示したコンセプトを基に料理を考案しなければなりません。

また、食品メーカーや飲食店などでメニューの開発を行う場合、そのクライアント側の状況によって何が求められているのかを臨機応変に考える必要があります。メニュー開発にあたっての市場調査や営業・販売促進の規格の立案など食のビジネスに関するマーケティング力も必要になるでしょう。

それ以外にも様々な仕事があるなど、食に関する勤務先などフードコーディネーターが就職先に困ることはほぼありません。いかに料理が好きであるかが求められるので、クライアントが依頼する内容をどれだけ満たせるかが重要です。

フードコーディネーターの収入

フードコーディネーターの収入は、就職して働くかフリーランスとして活動するかによって大きく変わります。

食に関連する企業の正社員として就職した場合、平均年収は300万から600万ほどとなります。資格を取得しているからといって収入が大幅に上がることはありませんが、経験や実力によって収入が上がる傾向にあり、手当や待遇面も勤務先によって変わります。

フリーランスとして働く場合、注意したいのは仕事がなければ収入もゼロということです。多くの人が独立してフリーランスとして働いていますが、企業などから仕事を依頼されない限り収入が得られないので、自ら営業を行う必要があります。

したがって安定した収入を得たいのであれば企業に就職した方が良いのですが、フリーランスとして安定して収入を得られる人なら300万から800万ほどの年収を得ることが可能です。活動の幅が広くなるほど収入が得やすくなることを考えると、経験や実力が身に付いて来たらフリーランスとして活動するのが得策かもしれません。

フードコーディネーターの評判

フードコーディネーターの評判はこれまでよりも高まるでしょう。

とにかく食べることが好きであったり料理を作るのが好きであったりと、食に関わる仕事がしたい人にとっては天職だと言えるでしょう。就職先に困ることもほとんどないので、食に関わることにやりがいを持って働くことが可能なところが評判の高さを物語っています。

フードコーディネーターの将来性

フードコーディネーターの将来性は、不況の波が来ているにも関わらず非常に安定しています。

様々な職業において不況の波の影響を受ける企業が多くある中、フードコーディネーターは食に関わる存在としてなくてはならない為、需要が衰えることはまずありません。幅広い食の知識や食に関するビジネス力が高い人ほど重宝される存在であり、様々な状況に応じてレシピなどを考案出来る能力が求められます。

また、独立後の生活も安定しやすい珍しい職業でもあり、全ての人にとってなくてはならない職業としていかにようにでも将来性を切り開くことが出来るでしょう。

掲載者情報

フードコーディネーターになるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年5月30日 23:15
◆更新日:2018年5月30日 23:15

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!