HOME職業一覧 > ゲームクリエイター

ゲームクリエイターになるには

高校生がゲームクリエイターになる為には、ゲームメーカーやゲームソフト開発会社に就職する必要があります。ゲームクリエイターは開発職や企画職などゲーム制作の根幹に当たる職業として扱われることが多く、その分多くの専門知識や技術が求められます。

もちろん会社によって違いますが、基本的には専門学校を卒業していることが条件となっています。学歴は志望する職種によって変わるもので、開発職の場合だと大卒よりもゲームの制作に関連する専門学校を卒業してから就職するのが一般的です。

企画職の場合だと専門知識や技術の他に企画力やセンスなども求められることから、基本的に大学を卒業していた方が有利になります。大手のゲーム会社に就職しようとする場合だと、ほとんどは大学を卒業している必要があります。

ただし、専門学校や大学を卒業していた方が有利になるとはいえ、ゲームの企画力や発想力、ゲーム制作に対する熱意などが重要視されることから独学でゲームクリエイターになることも出来ます。ゲームクリエイターとしてデビューする方法は多くあるので、自作のゲームを制作して持ち込むなど様々なアプローチをかけるのも有効的な手段です。

キャリアを積む中で様々な職種に挑戦出来るのもクリエイターの魅力で、開発職から企画職に移ったりとゲームの制作に関する見聞を広めたり活躍したりすることも可能です。

ゲームクリエイターの仕事内容

ゲームクリエイターの主な仕事は企画職として働くのが一般的ですが、基本的にはゲーム制作の関わる職種ごとに重要な仕事を任されることになります。

企画職にはプロデューサー、ディレクター、プランナーといった種類があります。プロデューサーの仕事はゲーム制作に関する業務を取りまとめる最も重要な職種であり、ゲーム制作に必要な予算の管理やゲーム制作に必要なメンバーの編成、スケジュール管理などゲーム制作の根幹に当たる業務を行います。

直接ゲームの制作を行う職種ではありますが、プロデューサーなくしてゲームを制作することは出来ません。ディレクターの場合、ゲーム制作の現場監督として予定通り制作が進行しているかを把握しなければなりません。

ゲーム制作の中心に立つ人として奔走しなければならず、スタッフへの指示出しや軌道修正、クオリティの向上など重要かつ責任重大な職種です。スタッフが指示通り適切に動いているか細かく把握していなければならず、ゲーム制作に関わるスタッフが多くなるほどまとめるのが難しいと言えます。

プランナーはこれから新しいゲームを制作するのか、様々なアイデアを出す職種です。やみくもにゲームを制作してもプレイヤーや新規のユーザーのニーズに合わない可能性がある為、プランナーは市場の動向を把握しながらどんなゲームを制作すれば売上が出せるのかを考えなければなりません。

時間をかけて出したアイデアをまとめ、具体的な内容を企画した上で仕様書を作成します。場合によってはシナリオライターやテストプレイなども行うなど、様々な業務をこなしていきます。

その他にもグラフィックデザイナーやプログラマー、シナリオライター、サウンドクリエイターなども同じゲームクリエイターとしてまとめられることもあります。

ゲームクリエイターの収入

ゲームクリエイターの収入は、勤務する会社の規模が大きくなるにつれて多くなり、待遇面も充実している傾向にあります。

一般的なゲームクリエイターの場合だと平均年収は300万から600万程度となり、トップクラスのクリエイターになれれば1000万以上の年収を稼ぎ出すことも不可能ではありません。特に新人のうちは多くの収入は得られないものの、実力やスキルの向上などによって一気に収入がアップするので実力主義の一面もあるでしょう。

待遇面についても大手ほど充実していますが、小規模の会社の場合だと忙しさに見合った待遇や収入面が確保されていないことがほとんどなので過酷な労働環境になりがちです。元々ゲームクリエイターは納期に間に合わせなければならないハードな仕事である為、待遇の良さはモチベーションの良さに繋がるでしょう。

ゲームクリエイターの評判

ゲームクリエイターの評判は厳しい環境ながらも良い傾向にあります。

元々ゲームが好きな人にとっては天職とも言える職業であり、自分もゲームを制作して世に出したいという熱意があればいくらでも働けるでしょう。その為に覚えなければならないことも山積みですが、それでもゲーム制作の一端を担う人材としてやりがいを持って働けます。

ゲームクリエイターの将来性

ゲームクリエイターの将来性は、企画力や発想力、センスなどによっていくらでも変わります。

以前はゲームが娯楽の代名詞とされてきましたが、現在では娯楽が多様化していることからどのゲーム会社でも人気のゲームを制作するのが難しくなっています。発売本数は増えてもゲーム会社自体の赤字が一向に改善されないなど、倒産に追い込まれる事態になることも珍しくないでしょう。

しかし、企画力や発想力、センスなどによっては人気が出るゲームを制作することはいくらでも可能です。様々な技術が進歩しているとはいえ、結局は人がゲームを制作しているのでプログラムやシステム、発想力などを巧みに発揮出来れば斬新なゲームを制作することも出来ます。

特に若者が活躍しやすい職種であることから、いかに実力やスキルを向上させられるかが求められるでしょう。

掲載者情報

ゲームクリエイターになるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年05月27日 12:00
◆更新日:2018年05月27日 12:00

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!